a.農業水利施設の機能診断・維持管理及び更新技術の開発

a.農業水利施設の機能診断・維持管理及び更新技術の開発

課題番号2006008582
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(ア)農村における地域資源の活用のための研究開発
大課題B 農村における施設等の資源の維持管理・更新技術の開発
中課題a.農業水利施設の機能診断・維持管理及び更新技術の開発
小課題a.農業水利施設の機能診断・維持管理及び更新技術の開発
大項目該当なし
中項目エ 美しい国土・豊かな環境と潤いのある国民生活の実現に資する研究
摘要(1)水利施設の構造機能の現状を診断し将来の変化を予測する手法の開発については、農業水利コンクリート水路の流水接触面におけるCa溶脱が劣化予測の一因子となることを明らかにし、Ca溶脱模擬実験に着手した。(2)施設の変状や構造・材料学的劣化の進行を計測するモニタリング技術の開発については、構造・材料学的劣化実態を現地調査し、劣化の主たる原因は、凍結融解作用、摩耗、想定外荷重によるひび割れであることを摘出するとともに、水路等の壁面劣化を診断する連続画像スキャニング技術を開発し、その実用性を検証した。(3)フィルダム等構造物とその基礎地盤の時系列的な性能を予測する解析手法の開発については、フィルダム基礎地盤の物性評価には、フルウェブ電磁波解析や小型地震計を用いた弾性波速度解析が効果的であることを明らかにした。(4)農業水利施設に対するLCCの適用手法の開発及び補修・更新の優先度等を判定するマクロ的な指標の開発については、農業水利施設の適時的確な更新を行うためには、水利資産の現在価値を評価することが重要であることを明らかにするとともに、パイプライン水路のLCC適用手法を開発し、さらに、施設更新時期の検討に必要な補修・改修の履歴情報をGISを活用して管理するシステムを開発した。(5)摩耗やひび割れ等によって性能が低下した施設の新たな補修・補強工法等の機能回復技術の開発については、水利施設に発生している変状と進行履歴を現場で計測する装置を試作するとともに、コンクリート表面における摩耗やひび割れの補修工法としてセメント系断面修復工法と表面被覆工法を開発した。(6)水理機能と水利用機能を診断・評価・設計・照査する技術の開発については、国営事業で建設された管水路逆サイホンを対象に、水理模型実験で性能を照査し、この結果から水理機能を診断する水路カルテを開発して現地適用性を確認した。(7)地域用水機能を向上させるための水利システム設計技術の開発については、地域用水機能を向上させるため、粒子法による数値シミュレーションで急流水路構造が発生させる流れを可視化して、流水景観を予測する手法を開発した。(8)農業水利施設の省力的な維持管理技術の開発については、頭首工取水口におけるゴミ処理の省力化を図るために開発した浮遊性塵芥装置を改良し現地に設置して効果を測定するとともに、水路の落差で発生する騒音を最大10dB低減する装置を開発し特許出願した。さらに、軟弱地盤上に位置するため池の底樋管が基礎地盤の変形や沈下に追従し、底樋沿いの漏水や底樋管の破断を抑止できる柔構造底樋工法を開発した。(9)建設副産物を活用した低コスト改修技術の開発については、コンクリート廃材の物性試験をもとに用途開発を行い、ポーラスコンクリートの植物生育抑制効果を測定した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 農村工学研究所
予算区分技会交付金プロ 技会交付金研究 委託・環境研究[バイオリサイクル] 文科省[科振調費] 文科省・その他
業績(1)農業用コンクリート水路における断面修復材の耐摩耗性評価
(2)ジオメンブレンを活用した補修工法の用水路伸縮挙動への追従性評価
(3)ゴム弾性を活用した水路目地補修工法の止水性と耐久性
(4)堰下流面角度の違いによる落下水音の音響特性
(5)農業用コンクリート水路における断面修復工法の開発および評価
(6)農業用水路の補修における高靱性セメント複合材料の適用性検討
(7)CCDおよび赤外線による同時ライン計測システムの開発
(8)排水機場基礎コンクリートにおける劣化機構の解明と進展予測
(9)地下ダム水源の農業用水理施設における炭酸カルシウムスケール問題に関する調査
(10)パイプラインの継手が流れに及ぼす影響
(11)自由水面が大変形する局所急変流解析のための粒子法流体解析の総合環境の開発
(12)流域貯留量から見た利水ダム流域の特性に関するデータ分析
(13)洪水流入防止のための無動力止水ゲート
(14)Field test of a pipeline buried at shallow depth with a geogrid
(15)模型実験による軽量曲管スラスト防護工法の機能検証とその発現機構
(16)Behavior of Buried Flexible Pipe under High Fills and Design Implications
(17)Seismic behavior of geogrid-rinforced structure based on shear characteristics of reinforced soil
(18)日本の農業用ダムにおける堆砂と濁水の実態
(19)水平および傾斜積層した土嚢のせん断特性
(20)Evaluating the strength and deformation characteristics of a soil bag pile from full-scale laboratory tests
(21)湿原保全を目的とした植生による水流の制御に関する研究
(22)ジオグリッドを用いた圧力管スラスト防護工法の実規模実験
(23)地中レーダによる非侵襲的土壌水分モニタリング技術
(24)コンクリート構造物の漏水防止用シール材
(25)固化処理底泥土による老朽ため池堤体改修の新設計法の提案
(26)アースダムの変化・変還と今後の展開
(27)土構造物の地震時における性能設計法の現状と今後の課題
(28)農業水利施設の劣化状況の分析とライフサイクルコストを考慮した補修計画 ―国営造成農業水路の一事例―
(29)老朽化フィルダムの堤体改修に使用する固化処理底泥土の含水比と粒度を考慮した強度管理法
(30)老朽化したフィルダム・ため池堤体の新しい耐震補強法
(31)農業水利施設のライフサイクルコスト計算の経済分析手法としての妥当性
(32)ポーラスコンクリートの圧縮強度推定式について
(33)老朽化フィルダムの堤体改修の事例調査
(34)Applicability of Cement-Stabilized Mud Soil as Embankment Material
(35)大規模農業用パイプラインのGISを用いた履歴管理システムの構築 ―機能保全計画策定支援システムに向けて―
(36)インフラ資産のアセットマネジメントに関する研究レビューと農業水利施設を対象とした研究の方向性
(37)リサイクルポーラスコンクリートの強度、微量成分溶出及び植生制御機能の解明
(38)大規模農業用パイプラインのGIS を用いた保守履歴管理システム
(39)鉄筋コンクリート(RC) 農業用水路のひび割れ形成機構
(40)ため池の柔構造底樋工法
(41)パイプラインの継ぎ手形状が流れに及ぼす影響
(42)農業用水路の非破壊連続画像撮影システム
(43)ゴム弾性を活用した農業用水路の目地補修工法
(44)ため池底泥土を用いたため池改修法
(45)水位に追随して自動開閉する機構を備えた取水口の浮遊性ゴミ流入防止装置
(46)ポリマーセメントモルタルによる農業用水路の断面修復工法
(47)水流摩耗試験機を用いたモルタルおよびペーストの摩耗試験
(48)Model Test and Deformation Analysis for Failure of a Loose Sandy Embankment Dam by Seepage
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092934
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat