c.地域防災力強化のための農業用施設等の災害予防と減災技術の開発

c.地域防災力強化のための農業用施設等の災害予防と減災技術の開発

課題番号2006008584
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(ア)農村における地域資源の活用のための研究開発
大課題B 農村における施設等の資源の維持管理・更新技術の開発
中課題c.地域防災力強化のための農業用施設等の災害予防と減災技術の開発
小課題c.地域防災力強化のための農業用施設等の災害予防と減災技術の開発
大項目該当なし
中項目エ 美しい国土・豊かな環境と潤いのある国民生活の実現に資する研究
摘要(1)フィルダム等の施設の安全性や性能低下をリアルタイムで監視・予測するためのモニタリング及び数値解析技術の開発については、ダム堤体内に埋設したワイヤレス間隙水圧計が3年経過後も良好に作動中であることを確認するとともに、間隙水圧と土圧を計測するマルチセンサーを開発し、実ダムへの適用により計測データを検証した。(2)地下構造を3次元的に把握する省力型の地下探査法の開発については、3次元電気探査法において、解析精度向上のためのデータ分析方法と測線配置手法を示すとともに、空中電磁法探査システムの精度向上を図り、装置の最適な地上高を定量化した。(3)ため池が決壊した場合の氾濫域を予測し、迅速かつ確実に施設管理者や地域住民へ防災情報や誘導情報を伝達するシステム技術の開発については、アメダス情報の追加による農地地すべり災害警戒・点検システムの高度化や、降雨応答解析等による地すべり危険度の判別式の検討を行うとともに、PCと携帯電話による防災情報システムを構築した。(4)衛星データ等の活用により災害の状況・復旧状況を把握する技術の開発については、「ふよう」衛星データを用いた大規模洪水時の浸水域推定の可能性を示した。(5)高潮等の災害予測と対策技術の開発については、高波・津波で被災した海岸堤防等の調査を行い、設計条件との関係等を明らかにするとともに、有明海における潮流の簡易推定に必要となる調和定数を作成した。(6)洪水被害を軽減させる農地・農業用施設等の有する防災機能の強化技術の開発については、MODISの温度情報を利用した水田域や水利用形態の判定方式等を開発した。(7)ため池やパイプライン等の地震時・豪雨時における耐震性や耐侵食性を向上させる設計手法の開発については、特殊な大型土嚢を用いたため池の越流実験を実施し、越流水深30cmの溢水でもため池堤体には大きなすべり・浸食が発生せず、高い耐越流性能と減災効果を発揮するため池工法を開発した。(8)対策工の機能評価に基づいた農地地すべり防止計画手法の開発については、地すべり地における地下水排除工の集水機能と水圧低下の実態を解明するとともに、無人ヘリを使用した観測技術の高精度化と中越地震による斜面崩壊機構等を解明した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 農村工学研究所
協力分担関係寒地土木研
群馬大学
予算区分技会交付金プロ 技会交付金研究 高度化事業 文科省[科研費] 文科省[科振調費] 文科省・その他 環境省[地球環境]
業績(1)数理形態学的手法によるLバンド合成開口レーダデータを使用した洪水浸水域推定手法 ―通常湛水水田と洪水被害水田の分離―
(2)深度別地下水調査のための区間遮断構造ボアホール
(3)ワイヤレス間隙水圧計の開発とフィルダムにおける観測
(4)カオリン粘土の一面せん断試験における周面摩擦特性と限界強度
(5)Slope failures at Yokowatashi and Nagaoka College of Technology due to the 2004 Niigata-ken Chuetsu Earthquake and their analytical considerations
(6)周波数領域型空中電磁探査における二次元および三次元インバージョン
(7)更新統下総層群清川層に見られる海水準上昇初期の洪水堆積物
(8)Age model, physical properties and paleoceanographic implications of the middle Pleistcene core sediments in the Choshi area, central Japan
(9)MIS11-19 pollen stratigraphy from the 250m Choshi core, northeast Boso Peninsula, central Japan
(10)Lateral shearing tests on geosynthetic soil bags
(11)低平水田域の持つ洪水防水機能の定量的評価法
(12)地すべり調査のための深度別間隙水圧測定と検層用観測孔の作成方法
(13)土嚢を用いた高耐久性ため池工法
(14)高潮災害時における沿岸農地への土砂流入部の予測モデル
(15)無線LANを利用したGPSによる地すべりの準リアルタイムモニタリング
(16)リングせん断試験機による強度測定と大規模地すべり土塊の安定解析
(17)2004年インド洋津波によるタイ南部農村地帯の長期的被害調査
(18)畜産排泄物規制前後の栄養塩の流出特性
(19)Prospects for Multifunctionality of Paddy Rice Cultivation in Japan and Other Countries in Monsoon Asia
(20)河畔林葉面積指数の季節変動を考慮した日射遮断機能のモデル化
(21)An index for evaluating flood-prevention function of paddies
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092936
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat