(1)農業環境中における有害化学物質のリスク評価手法及びリスク管理技術の開発

(1)農業環境中における有害化学物質のリスク評価手法及びリスク管理技術の開発

課題番号2006008625
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題A 農業環境のリスクの評価及び管理技術の開発
大課題1)農業生態系における有害化学物質のリスク管理技術の開発
中課題(1)農業環境中における有害化学物質のリスク評価手法及びリスク管理技術の開発
小課題(1)農業環境中における有害化学物質のリスク評価手法及びリスク管理技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要農薬等の有機化学物質については、水田用農薬について親化合物のみならず代謝分解物も対象とした水田中濃度予測モデルを開発した。土壌中での有機塩素系農薬の消失速度は、物質の疎水性を示す特性値Kow と土壌中炭素含量に依存することを明らかにするとともに、これら農薬のわが国の農耕地における時系列での分布の解析・予測を行った。コガタシマトビケラを指標生物として各種殺虫剤に対する感受性の傾向を把握し、薬剤によってはOECD 指標生物であるミジンコ類と大きく感受性が異なることを明らかにした。ヘキサクロロベンゼン(HCB)を好気的に無機化できる細菌( Nocardioides sp.PD653)の単離・同定に世界で初めて成功した。高吸収植物(ズッキーニ)による、ディルドリン汚染土壌の修復効果をポットレベルで調べた結果、ズッキーニ栽培跡地土壌ではキュウリ幼植物のディルドリン吸収量が大きく低下することを示した。またカドミウム汚染土壌については、化学洗浄法を田面水の水深を深くして行うことでカドミウム除去率が向上することを現地で確認した。カドミウム低吸収性品種の検索を進め、ナスについて、トルバム種台木が他の台木に比べ3 割程度にナス果実カドミウム濃度を抑制することを明らかにした。
研究分担農業環境技術研究所 有機化学物質研究領域
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・環境研究[有害化学物質] 技会・その他 農水省・その他 環境省・その他 その他
業績(1)肥料由来カドミウムの農地土壌への負荷量及び作物吸収量−水田(1)−
(2)Effect of water management practice on pesticide behavior in paddy water
(3)イムノクロマトグラフィーによる米中カドミウム濃度の簡易測定
(4)イネのカドミウム吸収特性の解析−玄米カドミウム濃度の異なる品種間での比較−
(5)ダイズ主茎上と各器官のカドミウム移行・蓄積特性
(6)SIMPLE ESTIMATION METHOD FOR FUMIGANTS GAS PERMIATION RATES BY CUP METHOD
(7)マコモ栽植人工湿地における暖候期の窒素、リン及び亜鉛の浄化機能
(8)炭酸カルシウム施用およびトウモロコシ栽培に伴う土壌中交換態カドミウムの非交換態化
(9)ディルドリンを吸収しにくいカボチャ台木を用いてキュウリ果実中の残留濃度を低減
(10)Effect of application of composted cattle manure on Cd leaching from unpolluted paddy fields
(11)ストロンチウム同位体比と無機元素濃度によるタマネギの国内主要産地の判別
(12)カドミウム(Cd)非汚染水田におけるCdの負荷と収支
(13)乾シイタケの原産地判別へのストロンチウム同位体比の有用性
(14)マイナー作物のグループ化に向けた研究の取り組み
(15)多変数線形自由エネルギー相関法を用いたマルチメディアモデルによる農薬の環境動態評価
(16)Adsorption and desorption characteristics of several herbicides in sediment
(17)非汚染水田における牛糞堆肥施用とカドミウムの溶脱 −小型ライシメーター試験−
(18)Remediation of cadmium−contaminated paddy field using the chemical washing method : verification of soil washing on rice and soybean
(19)Reduction of Cadmium Concentrations in Eggplant (Solanum melongena) by Grafting onto Root Stock Solanum torvum
(20)塩化第二鉄を用いた化学洗浄法によるカドミウム汚染水田の修復
(21)水田土壌を対象とした化学洗浄法によるカドミウム汚染の浄化(第13報)−富山県および福井県下のカドミウム汚染水田における土壌洗浄効果の検定−
(22)Seasonal change of 10Be concentration in groundwater on Kikai Island, Southern Japan
(23)Transformation of iodine species in submerged paddy soil
(24)土壌有機物によるヨウ素の形態変化
(25)Uptake of uranium by spinach grown in Andosols accumulating trace amounts of fertilizer−derived uranium.
(26)畑作土からの交換態90Srの損失速度と土壌理化学性の関係
(27)畑作土中Sr−90の長期減少傾向と土壌理化学性の関係
(28)Evaluating the environmental fate of pesticides using a fugacity model based on poly-parameter linear free energy relationships
(29)有機酸による土壌中カドミウムの脱離に関する研究
(30)トウモロコシと大気ガス態ダイオキシン類の関連モデルの作成
(31)機能性被覆資材による土壌くん蒸剤の大気環境負荷軽減技術
(32)べーパードリフトに関する農薬研究の現状と取り組みについて
(33)微量液体連続霧化装置とこれを使用した標準ガス発生装置
(34)土壌中有機塩素系農薬の逐次抽出
(35)底質中の無機物における水田用除草剤の吸脱着特性
(36)HRGC/HRMSによる一般土壌と農用地土壌のPOPs動態
(37)農薬資材由来抗菌剤の動態
(38)有明海堆積物におけるダイオキシン類の鉛直分布
(39)韓国全国土壌中におけるPOPs実態報告II
(40)水田土壌中ダイオキシン類の起源と消失特性
(41)水田土壌における有機塩素系農薬の消長
(42)日本の畑土壌における多環芳香族炭化水素の残留と経年変化
(43)Temporal trend of POPs residue in Japanese agricultural soils
(44)Wastewater treatment by using kenaf in paddy soil and effect of dissolved oxygen concentration on efficiency
(45)The Fate of Polychlorinated Dibenzo-p-dioxins, Dibenzofurans, and Dioxin-Like Polychlorinated Biphenyls (Dioxins) in Rice Plants: The Possible Contaminated Pathways
(46)Comparative effects of rootstock and scion on dieldrin and endrin uptake by grafted cucumber (Cucumis sativus)
(47)カドミウム検出用イムノクロマトキットによる玄米中カドミウム濃度簡易測定の試み
(48)Exposure risk assessment and evaluation of best management practices of pesticide runoff from paddy fields into rivers. Part I. Multi-scale paddy watershed monitoring
(49)Transformation of methylthio-s-triazines via sulfur oxidation by strain JUN7, a Bacillus cereus species
(50)Biodegradation of methylthio-s-triazines by Rhodococcus sp. strain FJ1117YT,and production of the corresponding methylsulphinyl, methylsulphonyl, and hydroxy analogues
(51)河川付着珪藻を用いた生長阻害試験法の開発
(52)フローサイトメトリー解析による除草剤の微細藻類細胞に対する影響評価
(53)Isolation and characterization of a novel simazine-degrading ?-proteobacterium and detection of genes encoding s-triazine-degrading enzymes.
(54)Exposure risk assessment and evaluation of best management practices of pesticide runoff from paddy fields into rivers. Part II. Model development and application
(55)殺菌剤クロロタロニルによる土壌中のアンモニア酸化阻害
(56)桜川および霞ヶ浦における水稲用除草剤の挙動
(57)化学的洗浄法とファイトレメディエーションによるカドミウム汚染土壌の修復
(58)ナスの台木品種の違いによる可食部カドミウム濃度(3)− トルバムビガーと台太郎のカドミウム吸収量の比較 −
(59)THE APPLICABILITY OF THE ENVIRONMENTAL FATE ESTIMATES OF CURRENT-USE-PESTICDES USING A MULTIMEDIA MODEL BASED ON POLY-PARAMETER LINEAR ENERGY RELATIONSHIPS
(60)肥料由来カドミウムの農地土壌への負荷量及び作物吸収量−ダイズ畑(2)−
(61)Effect of temperature on soil adsorption of amide herbicides, growth inhibition and duration of activity to Echinochloa oryzicola under submerged condition
(62)イネを用いたカドミウム汚染土壌の修復技術
(63)カドミウム汚染土壌のファイトレメディエーション
(64)簡便な前処理方法を用いた無機元素分析によるタマネギの産地判別法の検討
(65)ストロンチウム同位体比分析の迅速化と野菜の産地判別への適用
(66)Field studies on split application of alachlor in relation to the concentration in soil solution and the weed control activity
(67)土壌肥料と育種の連携からコメのカドミウムを減らす
(68)日本の歴史・文化と土壌肥料(第1報)千町無田(大分県九重町)の黒ボク水田開拓史に関する土壌肥料学的考察
(69)水稲用アミド系除草剤のタイヌビエに対する残効期間に及ぼす温度の影響
(70)石灰窒素の秋処理が数種の夏畑雑草の出芽に及ぼす影響
(71)農薬の利用に関する最近の動向
(72)フードチェーンの安全性確保のための研究機関合同会議
(73)なぜ農薬を使うの?除草剤の人体や環境への影響は?
(74)土壌肥料から考える歴史・生活・文化
(75)植物の力で農耕地のPOPsリスクを低減する
(76)植物の力で農耕地のPOPsリスクを低減する
(77)植物の土壌中POPs吸収メカニズムの解明(第2報)−土耕および水耕栽培におけるドリン類吸収の植物間比較−
(78)環境汚染対策研究方向
(79)除草剤試験のための基礎知識
(80)大気中に拡がる農薬−その拡散と制御を考える−
(81)Rootstock control of dieldrin uptake by grafted cucumber (Cucumis sativus L.)
(82)日本の水田土壌中ダイオキシン類の収支(1958年から2000年)
(83)農薬の大気中への挙動
(84)水田土壌を対象とした化学洗浄法によるカドミウム汚染の浄化(第10報)−土壌特性およびカドミウム含量の異なる水田圃場における洗浄効果の検定−
(85)固体電極ボルタンメトリーによる玄米中カドミウム濃度の計測
(86)フェニル基含有有機ヒ素化合物の農耕地土壌における動態と作物による吸収(2)−稲栽培土壌と稲わら中のヒ素化合物の化学形態−
(87)地域特産農作物の残留農薬基準設定および登録農薬確報のための農作物の類似化ーうり科野菜類(II)
(88)Adsorption and desorption characteristics of several herbicides on sediment
(89)蛍光X線分析法による米試料中カドミウムの簡易迅速スクリーニング分析
(90)Metabolism of pyrene by aquatic crustacean, Daphnia magna
(91)作物におけるカドミウムの吸収・移行と生理作用
(92)Vertical distributions of persistent organic pollutants (POPs) caused from organochlorine pesticides in a sediment core taken from Ariake bay, Japan
(93)ダイオキシン類濃度が大きく異なる土壌で栽培したコムギ茎葉中のダイオキシン類濃度の比較
(94)Levels of Dioxins in Rice, Wheat, Soybean, and Adzuki Bean Cultivated in 1999 to 2002 in Japan and Estimated of Their Intake
(95)ダイズ作における一年生広葉夏畑雑草のベンタゾン感受性の種間差
(96)Cadmium transport in volcanic ash soil during organic acid solution flow
(97)Suppression of dioxins outflow from paddy fields by flocculation aids
(98)土壌における重金属の粒径別賦存量と各画分の化学的特性
(99)Strategies for including the paddy field compartment in multimedia models
(100)Field validation of a model of the gaseous dioxins uptake in various crops
(101)Development of growth inhibition test method using fresh water epiphytic diatoms
(102)河川で採集した珪藻群集を用いた除草剤感受性簡易検定法の開発およびトリアジン系除草剤に対する感受性について
(103)Simulation of the effects of salting-out in the meridional transportation of pesticides and POPs by a new fugacity-based multimedia environmental fate model
(104)Comparative study of PCDDs/DFs concentraion in crop and its cultural environment
(105)水田土壌を対象とした化学洗浄法によるカドミウム汚染の浄化(第12報)−福井県および富山県下のカドミウム汚染水田における洗浄システムの適応−
(106)Bioremediation of multiple contaminated soils with chlorinated pesticides by bacterial consortium-enriched charcoal
(107)分解菌集積炭化素材を用いた難分解性有機汚染物質の原位置バイオレメディエ-ション
(108)関東地域における主要ダイズ品種を中心としたベンタゾン感受性の品種間差
(109)In situ bioremediation of triazine-contaminated soil by charcoal enriched with consortium of degrading bacteria
(110)分解菌集積炭化素材を用いた難分解性有機汚染物質の原位置バイオレメディエ-ション
(111)水田土壌からのジフェニルアルシン酸分解菌単離の試み
(112)Aerobic Mineralization of Hexachlorobenzene by Nocardioides sp. PD653
(113)もみ殻成形炭粉末を用いた水稲用農薬の系外流出防止システム-ゼロエミッション・循環型水田農業を目指して−
(114)Sulfate adsorption and surface precipitation on a volcanic ash soil (allophanic andisol)
(115)An in vitro screening assay to discover novel inhibitors of 4-coumarate:CoA ligase
(116)Herbicide effect on aquatic algae
(117)Long−term mobility of fallout 90Sr in ploughed soil, and 90Sr uptake by wheat grain
(118)Remediation of cadmium contaminated paddy field using the chemical washing method: Washing conditions and on-site trial
(119)農薬の河川生態系への影響を調べるための試験法開発
(120)Phytoextraction of cadmium by rice (Oryza sativa L.), soybean (Glycine max (L.) Merr.), and maize (Zea mays L.).
(121)Remediation of cadmium contamination in paddy soils by washing with chemicals: Selection of washing chemicals
(122)水田土壌を対象とした化学洗浄法によるカドミウム汚染の浄化(第11報)−高水深洗浄処理による浄化効率の向上−
(123)バクテリオシンプロデューサー乳酸菌の性質とサイレージ調製への応用
(124)Remediation of cadmium−contaminated paddy soils by washing with chemicals : Effect of soil washing on cadmium uptake by soybean
(125)POPsの土壌残留と作物吸収
(126)ストロンチウム同位体比を利用した農作物の産地判別
(127)Chemical remediation of soils contaminated with cadmium
(128)モンゴル国ステップにおける土壌の炭酸塩集積過程の解明−加速器質量分析計を用いた時間要因解析法の検討
(129)風乾処理が水田土壌の交換態および酸可溶態カドミウムに及ぼす影響
(130)残留農薬の簡易・迅速検出法
(131)Susceptibilities of 1st-instar larvae of caddisfly, Cheumatopsyche brevilineata (Trichoptera: Hydropsychidae), to several insecticides.
(132)Evaluation of the salting-out effect on the environmental fate of organic chemicals
(133)Development of a new fugacity-based multi-compartmental model for the environmental fate of pesticides and POPs including the paddy field and the Ocean
(134)アジア域で使用される農薬・POPs等の環境動態を予測するマルチメディアモデルの開発(IV)
(135)アジア域で使用される農薬・POPs等の環境動態を予測するマルチメディアモデルの開発(3)
(136)ナスの台木品種の違いによる可食部カドミウム濃度(5)
(137)Differential uptake of dieldrin and endrin from soil by several plant families and Cucurbita genera
(138)ナスの台木品種の違いによる可食部カドミウム濃度(4)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092952
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat