(1)外来生物及び遺伝子組換え生物の生態系影響評価とリスク管理技術の開発

(1)外来生物及び遺伝子組換え生物の生態系影響評価とリスク管理技術の開発

課題番号2006008626
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題A 農業環境のリスクの評価及び管理技術の開発
大課題2)農業生態系における外来生物及び遺伝子組換え生物のリスク管理技術の開発
中課題(1)外来生物及び遺伝子組換え生物の生態系影響評価とリスク管理技術の開発
小課題(1)外来生物及び遺伝子組換え生物の生態系影響評価とリスク管理技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要外来生物の生育・繁殖特性の解明、及び被害の実態把握を進め、外来植物の出現頻度と植物群落タイプの関係を解析した結果、人為的撹乱の高い植物群落に外来種が侵入しやすいことを明らかにした。またアレチウリは在来種を、オオフサモとコカナダモは絶滅危惧種を抑圧し、生物多様性への影響が大きいことを明らかにした。一部の外来植物は他感作用を示す物質の産生性が高く、ギンネムからミモシン、アオキから酒石酸、コンフリーからロスマリン酸等を同定した。外来生物が在来種に及ぼす影響の解明のため、外来天敵昆虫(チュウゴクオナガコバチ、ヒメクサカゲロウ)と在来種、及び、侵略的外来植物寄生菌Phytophthora cinnamomiと在来類縁種を識別するDNA マーカーの開発を進めた。利水施設の運用や在来生態系に悪影響を及ぼすため特定外来生物に指定されたカワヒバリガイの霞ヶ浦における分布を調査したところ、湖岸の約1/2 に分布を広げていること、その侵入が2004 年まで遡れることを明らかにした。遺伝子組換え作物の生態系影響評価として、組換えダイズに開花期をそろえたツルマメを巻きつかせて栽培し、遺伝子組換え作物と非組換え植物の交雑を検出した。その結果、ツルマメ種子32,502 個から1 個の自然交雑個体が見いだされた。自動花粉計測機によって測定した花粉飛散量は、標準的な花粉計測法による計測値と高い相関を示した。交雑抑制技術として、トウモロコシに隣接してカーテン状の散水あるいはソルガム防風植生を設置することにより、花粉親から10mにおける交雑率を低下させることができた。
研究分担農業環境技術研究所 生物多様性研究領域
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[組換え体安全性確保] 農水省・その他 文科省[科振調費] 環境省・その他 その他
業績(1)霞ヶ浦に新たに侵入したカワヒバリガイの分布と生息状況
(2)ヘアリーベッチを利用した不耕起稲作法における雑草抑制効果
(3)Iron dissolution reaction of mugineic acids for iron acquisition of graminaceous plants
(4)外来植物の防除に利用する除草剤が野生植物に及ぼす影響を調べる
(5)Role of catechol structure on the adsorption and transformation reactions of L-DOPA in soils. J. Chem. Ecol.
(6)外来植物の防除に利用する除草剤が野生植物に及ぼす影響を調べる
(7)Potential allelochemicals from comfrey (Symphytum officinale L)
(8)自動計数機能付き昆虫誘殺装置を用いたホソヘリカメムシの誘殺消長
(9)Larval cannibalism and intraguild predation between the introduced green lacewing, Chrysoperla carnea, and the indigenous trash-carrying green lacewing, Mallada desjardinsi (Neuroptera: Chrysopidae), as a case study of potential nontarget effect assessmen
(10)Adsorption of 2,4-dichlorophenoxyacetic acid by an Andosol
(11)システインプロテアーゼインヒビターの導入による子実害虫抵抗性ダイズ作出の試み
(12)Transgenic oilseed rape along transportation routes and port of Vancouver in western Canada
(13)チュウゴクオナガコバチとクリマモリオナガコバチの交雑に関する新知見:アロザイムとDNAの解析から
(14)外来植物のリスク評価と蔓延防止策 ー外来植物の影響を解明し、日本固有の植生をまもる
(15)鹿島港周辺におけるこぼれ落ち種子由来のセイヨウナタネ個体群の発生消長
(16)Soil environmental factors affecting growth of invasive alien plants
(17)外来の草花類に含まれる揮発性アレロパシー活性のディッシュパック法による分析と、クレオメに含まれるメチルイソチオシアネート
(18)薬用植物ベラドンナの形質転換体および非形質転換体におけるアレロパシー活性
(19)カバークロップを利用した耕種的雑草防除の可能性ーヒトラーク (Phytolark) の提案−
(20)Research on invasive alien plants and future cooperative network in Asia.
(21)潜在的国内移入種としての造園緑化植物材料に関するケーススタディ
(22)新たに導入する外来草花類の圃場における生育特性
(23)タンポポ属植物と土壌化学特性の関係
(24)亜熱帯地域から日本に侵入する可能性のある外来植物の他感作用のサンドイッチ法による検索
(25)土壌環境中におけるl-DOPAの吸着・変換反応に関するカテコール構造の役割
(26)長野県下伊那地方のリン酸蓄積圃場における土壌リン酸の形態比較
(27)農地周辺土壌の理化学特性と植生との関係:茨城県および栃木県における事例
(28)アロフェン・イモゴライトの固体NMRスペクトルの再点検 〜スペクトルの帰属問題および土壌サンプルへの応用〜
(29)タンポポ属植物が生育する土壌の化学特性:シナノタンポポと雑種タンポポの分化
(30)北関東における草地植生の植物群落タイプと土壌化学特性の関係
(31)外来植物に含有される化学物質データベースの作成
(32)Fractionation of hydrophilic fulvic acids and their chemical characterization with solid-state CPMAS 13C NMR
(33)Aluminum Status of Synthetic Al-Humic Substance Complexes and their Influence on Plant Root Growth
(34)イモゴライトの合成過程におけるケイ素とアルミニウムの化学状態変化:液体および固体NMRスペクトルによる解析
(35)土壌腐植物質の化学構造とその機能
(36)Fingerprints of organic matter in some soils and sediments of Japan: implications for risk assessment of xenobiotics
(37)Plant Growth Inhibitory Activity of L-DOPA as Affected by Adsorption and Transformation Reactions of Soils
(38)高等植物におけるシアナミドの分布
(39)遺伝子組換えダイズの長期栽培が雑草の発生に及ぼす影響
(40)外来植物による農業生態系のリスク評価手法と外来植物の蔓延防止技術
(41)防風ネットによるトウモロコシの花粉飛散と交雑の抑制作用(第2報)
(42)外来植物のリスク評価と蔓延防止
(43)外来植物のリスク評価と蔓延防止策
(44)パルスモニターを用いたスギ、ヒノキ空中花粉の自動計測
(45)An algorithm for monitoring airborne pollen by using laser optics technology
(46)トウモロコシ花粉の長距離飛散と交雑に関する研究(第4報)
(47)空中カモガヤ花粉抗原(Dac g)の出現時期と飛散動態
(48)アブラナ科F1採種における両親系統の開花同調性がF1純度に及ぼす影響
(49)圃場条件下における遺伝子組換えダイズ(AG3701RR)とツルマメの開花特性
(50)輸入される雑草-外来雑草種子が穀物に混入するプロセスの解明
(51)新たに導入する外来草花類のアレロパシー活性のプラントボックス法による検定
(52)An algorithm for monitoring airborne pollen by using laser optics technology
(53)Factors affeccting population dynamics and distribution of feral Brassica napus populations originating from spilled seeds around Kashima Port, Japan.
(54)Distribution and gene flow of transgenic canola and its relatives at the port of Vancouver, Canada.
(55)遺伝子組換え農作物の環境影響長期モニタリング
(56)防風ネットによるトウモロコシの花粉飛散と交雑の抑制作用(第2報)
(57)Modelling and Simulation of Pollen Dispersal and Hybridization processes
(58)Background and objectives of the workshop: Ecological risk assessment for the gene flow from the genetically modified crops.
(59)遺伝子組換え植物の開放系研究と合意形成−イネの花粉飛散と交雑を事例として−
(60)パルスモニターを用いたスギ、ヒノキ空中花粉の自動計測
(61)Detection of bioluminescence responses of plant species during early seed germination under L-DOPA allelochemical condition
(62)好まれる花、好まれない花−ミツバチの花選好性の評価−
(63)Allelopathic activity of Gymnocoronis spilanthoides
(64)Transgenic canola along transportation routes and port of Vancouver in Western Canada.
(65)訪花頻度と開花タイミング: どちらが他殖の促進には有効か
(66)Gene flow from GM soybean to non-GM soybean and wild soybean under fields conditions.
(67)新たに導入が予想される被覆植物73種のアレロパシー活性のサンドイッチ法による検索
(68)Allelopathic activity of Stevia rebaudiana, an Asteraceae plant originated in Paraguai
(69)静岡県および茨城県周辺で採取した雑草のアレロパシー活性のサンドイッチ法による検索
(70)ホソヘリカメムシ生活史の解明−活動期における生息場所
(71)昆虫の長期個体群動態の解析
(72)茨城県小貝川におけるオオブタクサ・アレチウリの侵入が種組成に及ぼす影響
(73)導入天敵の永続的利用が最も成功しやすい害虫の分類群を特定する試み
(74)外来植物の防除に利用する除草剤グリホサートの生態影響評価
(75)ブタクサハムシによるブタクサの食い尽し:摂食量に基づく予測
(76)北海道におけるエゾシカの個体数推定と動向把握
(77)相対個体数を推定するための統計的手法
(78)霞ヶ浦-北浦水系におけるスクミリンゴガイの分布拡大
(79)生物は何次元の空間を拡散してゆくか
(80)オオブタクサに対するブタクサハムシの摂食量
(81)栃木県那須塩原市に帰化したヨーロッパ産雑草Viola arvensis Murray(マキバスミレ:新称)
(82)Isolation strategies for finding bioactive compounds: specific activity vs. total activity
(83)Kudzu has higher competitive abilities than invasive plants in an old-field in its native land.
(84)茨城県小貝川におけるオオブタクサ発芽サイトの群落組成
(85)Does biodiversity in Japan protect against new invasion?
(86)Laboratory evaluation of effects of transgenic Bt corn pollen on two non-target herbivorous beetles, Epilachna vigintioctopunctata(Coccinellida) and Galerucella vittaticollis (Chrysomelidae)
(87)An oligonucleotide probe for the detection of Erwinia herbicola and Erwinia ananas
(88)Flight activity, reproduction, and adult nutrition of the beet webworm, Spoladea recurvalis (Lepidoptera: Pyralidae)
(89)Total activity of selected allelochemicals identified in buckwheat
(90)海外からの導入天敵の生態影響評価と導入基準
(91)アスパラガスの地下部におけるアレロパシー活性の雌雄性間差異
(92)野外で栽培した秋まきヘアリーベッチ中シアナミド含量の経時的変化
(93)カメムシ低密度地域のダイズ生産における適切な農薬散布回数
(94)A new component of attractive aggregation pheromone in the bean bug, Riptortus clavatus (Thunberg) (Heteroptera: Alydidae)
(95)Interspecific hybridization between introduced and indigenous green lacewings (Neurop., Chrysopidae: Chrysoperla) at different adult densities.
(96)A labor-saving sampling method for estimating a normally distributed population by using a local median
(97)薬用植物1500種のアレロパシー活性のサンドイッチ法による検索
(98)Estimation of the potential speed of range expansion of an introduced species: characteristics and applicability of the gamma mode.
(99)Estimation of the potential speed of range expansion of an introduced species: characteristics and applicability of the gamma mode.
(100)Transcriptome analysis of allelochemicals from buckwheat
(101)アレロパシーや毒性が強く新たに侵入して問題となる外来植物について
(102)アレロパシーや毒性が強く新たに侵入して問題となる外来植物について
(103)アレロパシーの強い外来植物、および有毒成分を含む外来植物
(104)外来生物法とプロジェクトの目的について
(105)Plant-Box Method: A Specific Bioassay to Evaluate Allelopathy through Root Exudates.
(106)アジア太平洋外来生物データベース(APASD)マニュアル
(107)新たに導入する外来植物のアレロパシー活性のサンドイッチ法、プラントボックス法による検定
(108)Monitoring allelopathic expression and functional performance of Tamarind (Tamarindus indica L.)
(109)Plant growth inhibitory activity of Lycoris radiata Herb. and the possible involvement of lycorine as an allelochemical
(110)ヘアリーベッチの多面的利用に関する調査
(111)Isolation and Purification of Hydrophilic Fulvic Acids by Precipitation
(112)Characterization of allophanic Andisols by solid-state 13C, 27Al, and 29Si NMR and by C stable isotopic ratio, δ13C
(113)Evidence of cyanamide production in hairy vetch Vicia villosa
(114)Quantification of cyanamide contents in herbaceous plants
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092953
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat