(1)農業生態系を構成する生物群集の動態と生物多様性の解明

(1)農業生態系を構成する生物群集の動態と生物多様性の解明

課題番号2006008627
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題B 自然循環機能の発揮に向けた農業生態系の構造・機能の解明と管理技術の開発
大課題1)農業生態系の構造・機能の解明と評価
中課題(1)農業生態系を構成する生物群集の動態と生物多様性の解明
小課題(1)農業生態系を構成する生物群集の動態と生物多様性の解明
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要ため池の管理が生物多様性に及ぼす影響を解明するために、ため池に生息するトンボ類の種構成に基づいてため池を類型化し、各ため池グループのトンボ指標種群を選定した。また、すべてのため池を序列化した結果と環境要因との相関からトンボの種構成に影響する主な環境要因を明らかにした。景観構造や水田周辺植生の管理方法の変化が生物多様性に及ぼす影響を明らかにするために、当所で開発した農村景観データベース「調査・情報システム(RuLIS)」のモニタリング地区において鳥類調査を行い、特定の鳥類タイプの生息と関連性が強い土地被覆特性を明らかにし、景観構造から鳥類の個体数を推定するモデルを構築するとともに、RuLIS が様々な生物種群の生息ポテンシャルの評価に有効であることを確認した。また谷津田林縁部における植生調査の結果、谷津田周辺の草刈りが植物群落の多様性を保全する上で重要であることを明らかにした。農地の管理方法が土壌生物の動態に及ぼす影響を培養法によらず調査するために、土壌から直接DNA を抽出し、PCR-DGGE 法(PCR で増幅後、変性剤濃度勾配ゲル電気泳動法(DGGE)で解析)によって土壌生物相を効率的に検出する最適な解析条件(PCR、プライマー、電気泳動等)を細菌及び糸状菌について検討し、その結果を標準手法としてマニュアル化した。
研究分担農業環境技術研究所 生物多様性研究領域
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・環境研究[自然共生] 委託・環境研究[有害化学物質] 委託・環境研究[e-DNA] 文科省[科研費]
業績(1)PCR-DGGE reveals founder effect after soil fumigation in bacterial community development
(2)他感作用植物は土壌線虫の多様性に影響を及ぼすか
(3)農村景観構造に基づく生物生息空間の評価−谷津環境のチョウ類生息空間を例に−
(4)Detecting spatial interactions in the ragweed (Ambrosia artemissifolia L.) and the ragweed beetle (Ophraella communa LeSage) populations
(5)除草剤濃度の二段階処理が浮遊植物の急性毒性に及ぼす影響
(6)全国の農業水利施設およびその周辺環境に生育する植物の分布傾向の把握
(7)スルホニルウレア系水稲除草剤3剤に対するサンショウモの感受性
(8)渡り鳥の分布予測とフライウェイ単位での生息地管理
(9)カラマツ人工林マトリックスへの鳥類の親和性を生態学的特性で予測する
(10)Methods to evaluate environmental effects vs. spatial constrains in insect metapopulations
(11)農村地域における半自然草地の保全・復元にむけた草地植生の評価
(12)紫紋羽病菌Helicobasidium mompaの病原力を低下させる菌類から初めて見出されたendornavirus
(13)非病原性紫紋羽病菌の2菌種間におけるリンゴ紫紋羽病の発病抑止効果の比較
(14)Trichoderma spp. and Gliocladium canenulatumassociated with Helicobasidium mompa and Rosellinia necatrix
(15)果樹類紋羽病菌の病原力を低下させるマイコウイルス
(16)白紋羽病菌レオウイルス4株の白紋羽病菌に対する影響の比較
(17)キャベツ萎黄病菌 Cong:1-1 とその病原性欠損株 Cong:1-2 におけるタンパク質発現パターンの解析
(18)Mating disruption or mass trapping? Numerical simulation analysis of a control strategy for lepidopteran pests.
(19)The wide distribution of endornaviruses, large double-stranded RNA replicons with plasmid-like particles
(20)景観構造に関する調査・情報システムとそれを利用したチョウ類の生息ポテンシャル評価
(21)Community structure of ammonia-oxidizing bacteria under long-term application of mineral fertilizer and organic manure in a sandy loam soil
(22)Foraging patch selection and departure by non-omniscient foragers: A field example in white-fronted geese
(23)Costs and benefits of flocking in foraging white-fronted geese (Anser albifrons): effects of resource depletion
(24)微生物資材施用がキャベツ育苗期生育と根こぶ病に及ぼす影響
(25)Decision-making in group foragers with incomplete information: Test of individual-based model in Geese
(26)The relationship between abdominal profile index and body condition of Greater White-fronted Geese Anser albifrons
(27)Effects of tillage and fertilizer on nematode communities in a Japanese soybean field
(28)糸状菌食性線虫の生態及び植物病害抑制への利用 
(29)An eodornavirus from a hypovirulent strain of the violet root rot fungus, Helicobasidium mompa.
(30)DNA- versus RNA-based denaturing gradient gel electrophoresis profiles of a bacterial community during replenishment after soil fumigation
(31)Changes in fungal community structure in bulk soil and spinach rhizosphere soil after chemical fumigation as revealed by 18S rDNA PCR-DGGE
(32)500頭打切り全線虫識別計数法の精度とカウンターソフト「マルチカウンター」
(33)豊かな生物相をはぐくむ農業を探る
(34)分子生物学的手法(PCR-DGGE)による土壌自由生活線虫の群集解析の試み
(35)シカ生息密度と土壌の窒素無機化速度の関係−大規模シカ柵におけるシカ導入から3年目の状況−
(36)Application to nematode comunity analyses of a molecular method, t-RFLP (terminal restriction fragment length polymorphism)
(37)ミヤコザサへの摘葉強度に対する土壌食物網および窒素無機化速度の反応
(38)有機農家圃場の線虫群集の特徴 
(39)有機物投入畑土壌における土壌構造の発達が原生生物等の動態に及ぼす影響
(40)ミヤコザサへの摘葉強度に対する土壌自活性センチュウ群集およびN無機化速度の反応 
(41)有機農家圃場と慣行農家圃場での土壌線虫の群集構造の違い 
(42)前作ダイズへの堆肥施用と冬作カバークロップのすき込みによる土壌線虫の群集構造の変化
(43)Nematode community structures as affected by tillage and fertilizer types in a Japanese soybean field
(44)キャベツ萎黄病菌 Fusarium oxysporum f. sp. conglutinans (FOC) の病原性欠損株で発現が多いオキシドリダクターゼ
(45)筑波における農村景観の保全−拠点の保全から地域全体の管理へ−
(46)生き物空間として見た農林生態系の評価
(47)境界領域を指標とした農村景観構造に基づく生物生息空間の評価
(48)An oxidoreductase is highly expressed in a virulence-loss-mutant of the cabbage yellows fungus having biocontrol activity.
(49)Effect of bensulfuron methyl on megaspore germination and sporeling development in an aquatic fern Salvinia natans.
(50)農業景観調査情報システムRuLISの構築と生物多様性研究への適用
(51)景観構造に関する調査・情報システムとそれを利用したチョウ類の生息ポテンシャル評価
(52)Spatial constraints or environmental preferences?: Odonate species in ponds of a Japanese rural area
(53)分子生物学的手法による土壌自由生活性線虫の検出と群集解析
(54)奄美群島で発生が確認されたマンゴーの害虫
(55)景観構造に関する調査・情報システムとそれを利用したチョウ類の生息ポテンシャル評価
(56)Detection of the expression of chloroaromatic degrading genes of Pseudomonas inoculated in soil
(57)環境DNAで土壌くん蒸処理の微生物への影響を見る
(58)調査・情報システムを用いた生物ポテンシャル評価
(59)ため池におけるトンボの種構成と環境要因との関係:NMDSおよびクラスター分析を用いた解析
(60)土壌くん蒸処理後に検出される微生物群集構造の場所による不均一性
(61)Predicting grazing damage and fat deposition by white-fronted geese under different regimes of agricultural management
(62)分布域を狭めた鳥類の生態学的特性
(63)採食環境に対する個体の不完全な情報が個体群存続に及ぼす影響
(64)モノサシトンボ成虫の個体群サイズおよび生存率の推定
(65)現在、日本にはどのような外来植物が蔓延しているか
(66)関東地方平野部における半自然草地群落の種多様性と機能組成上の特徴
(67)気象観測が守った植物たち
(68)現在、日本にはどのような外来植物が蔓延しているか
(69)土壌リンおよびアルミニウムの生物有効性に及ぼす人間活動の影響と在来植物・外来植物の生育反応−北関東における草地植生の例−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092954
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat