(2)農業生態系機能の発現に関与する情報化学物質の解明

(2)農業生態系機能の発現に関与する情報化学物質の解明

課題番号2006008628
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題B 自然循環機能の発揮に向けた農業生態系の構造・機能の解明と管理技術の開発
大課題1)農業生態系の構造・機能の解明と評価
中課題(2)農業生態系機能の発現に関与する情報化学物質の解明
小課題(2)農業生態系機能の発現に関与する情報化学物質の解明
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要生物間相互作用に関与する情報化学物質の解明を進め、53 種類のバラ科薬用植物(乾燥葉)、65 種類のバラ科植物(生葉)等の葉や根から出る植物生育阻害物質の全活性を定量的に評価し、バクチノキ等が強い活性を示すことを明らかにした。フキノメイガの性フェロモン成分比を解析・評価し、成分比に大きな個体群内変異があり、遺伝的に強く支配されていることを解明した。難分解性芳香族化合物分解土壌細菌Burkholderia sp. NK8 株の分解に関連する遺伝子群の2 種類のプロモーターの発現は、プロモーターごとに異なる芳香族化合物によって誘導されることを明らかにした。さらに、生分解性プラスチック分解菌に関して、リグニン等を食べる昆虫から、主要な生分解性プラスチックであるPBS とPBSA を同時に分解する真菌を初めて分離した。
研究分担農業環境技術研究所 生物生態機能研究領域
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・作物対応研究[生物機能] 委託・環境研究[有害化学物質] 委託・バイテク先端技術[植物ゲノム] 委託・バイテク先端技術[組換え体安全性確保] 文科省[科研費]
業績(1)Identification of dominant 3-chlorobenzoate-degrading bacteria in a forest soil
(2)イチゴうどんこ病菌と灰色かび病菌におけるストロビルリン系薬剤耐性菌出現の可能性
(3)ユキヤナギに含まれる植物生育阻害物質の単離および構造決定
(4)セイヨウナシ黒斑病菌におけるストロビルリン系薬剤耐性菌出現の可能性
(5)徳島県で最近問題になっているイチゴ炭疽病、キュウリ褐斑病における薬剤耐性菌の出現状況
(6)病害生態研究における仮説検証
(7)宇宙環境を利用した植物と微生物の共生関係解明の可能性
(8)アレロパシーのような植物間の相互作用に関与する「かおり」物質の役割について
(9)他感作用によりアオコを抑制する可能性のある樹木落ち葉の探索
(10)cis-ケイ皮酸グルコシドおよびcis-ケイ皮酸による植物生育阻害
(11)Specific detection of strains of cotton aphid resistant to organophosphorus insecticides using nucleotide sequence differences in carboxylesterase gene.
(12)フジコナカイガラムシ雄成虫の性フェロモントラップに関する2,3の知見
(13)コナガコマユバチはどのようにHIPVを認識し、利用しているのか?
(14)フジコナカイガラムシ雄成虫の性フェロモントラップによる誘引時刻
(15)天敵行動制御物質を用いた害虫管理
(16)Molecular cloning and expression analysis of genes related to phosphatidic acid synthesis in scab-inoculated pear leaves
(17)Combined application of Pseudomonas fluorescens strain LRB3W1 with a low dosage of benomyl for control of cabbage yellows caused by Fusarium oxysporum f. sp. conglutinans.
(18)ナシ黒星病菌特異的PCRプライマーの作出による感染行動の半定量的解析
(19)Effect of Bacillus subtilis on granite weathering: A laboratory experiment
(20)イネいもち病菌のストロビルリン系薬剤感受性検定とチトクロームb遺伝子の部位特異的突然変異  
(21)Development of QoI resistant alleles in populations of strawbery powdery mildew
(22)Acibenzolar-S-methyl induced systemic resistance to cucumber anthracnose disease involves activation of transcription factors and protein secretory pathway genes
(23)Protein extraction/solubilization protocol for monocot and dicot plant gel-based proteomics
(24)千葉県におけるキュウリ褐斑病菌の数種薬剤に対する感受性
(25)Fungicide sensitivity and phylogenetic relationship of anthracnose fungi isolated from various fruit crops in Japan
(26)FCD1 encoding protein homologous to cellobiose: quinone oxidoreductase in Fusarium oxysporum.
(27)Community Structure of Ammonia-Oxidizing Bacteria under Long-Term Application of Mineral Fertilizer and Organic Manure in a Sandy Loam Soil
(28)Changing green leaf volatiles biosynthesis in plants; a novel approach for pest management
(29)Role of the lipoxygenase/lyase pathway of host-food plants in the host searching behavior of two parasitoid species, Cotesia glomerata and Cotesia plutellae
(30)Sex pheromone production and perception in the mating disruption-resistant strain of the smaller tea leafroller moth, Adozophyes honmai
(31)Heritable pheromone blend variation in a local polulation of the butterbur borer moth Ostrinia zaguliavi(Lepidoptera: Crambidae)
(32)福岡県で発生したナシ黒星病に対するDMI剤の効力低下
(33)中国大陸及び台湾から分離したナシ黒星病菌の生物学的特性
(34)Development of strobilurin resistance in phytopathogenic fungi
(35)オオトゲシラホシカメムシ雌雄成虫の性成熟程度と日長条件
(36)Development of QoI resistant alleles in populations of strawberry powdery mildew
(37)新規殺菌剤ピリベンカルブ(ISO申請中)の各種QoI剤耐性菌に対する防除効果
(38)イチゴ炭疽病菌(Glomerella cingulata)のアゾキシストロビン剤耐性検定
(39)Cloning and gene expression analysis of involved in phenyl-propanoid and related pathways during acibenzolar-S-methyl induced systemic resistance on cucumber
(40)ナシに接種した黒星病菌の匍匐菌糸におけるペクチナーゼ活性及び菌糸細胞壁分解に関する電顕計測解析
(41)薬剤淘汰試験によるストロビルリン系薬剤耐性イチゴうどんこ病菌の選抜
(42)キュウリうどんこ病菌や灰色かび病菌にみられるチトクロームb遺伝子のヘテロプラスミーとストロビルリン系薬剤耐性診断法の問題点
(43)Impact of fungicide resistance in plant pathogens on crop disease control
(44)フキノメイガ近縁種群の性フェロモンによる交尾前隔離
(45)酵母Kluyveromyces lactisキラー蛋白質は感受性細胞内に侵入する
(46)Cylindrocladium canadense によるイチゴ苗立枯病(新称)
(47)葉上生息性バクテリアル・エピファイトによるトマト地上部病害の制御
(48)Erwinia chrysanthemi and Erwinia carotovora subsp. carotovora: complex causal agents of bacterial corm and root rot of taro (Collocasia esculenta L.) in Okinawa island, Japan
(49)イネもみ枯細菌病菌Burkholderia glumaeの芳香族酸に対する走化性
(50)クロロ安息香酸分解菌のクロロカテコール分解遺伝子群の解析
(51)塩感受性酵母の耐塩性を相補するイネカチオン輸送体遺伝子のスクリーニング
(52)Analysis of degrading genes and plasmids of 3CB degrading bacteria isolated from soil
(53)Kluyveromyces lactisキラー蛋白質(zymocin)は、出芽酵母PKC経路を活性化する
(54)Kluyveromyces lactis killer protein (zymocin) induces cell wall deffect of sensitive Saccharomyces cerevisiae strain
(55)Antifungal activity and population behavior in soybean rhizosphere of Burkholderia cepacia complex isolated from clinical and environmental sources
(56)Burkholderia sp.NK8株のクロロ安息香酸分解遺伝子群の発現を誘導する芳香族化合物 
(57)Pseudomonas syringae 群細菌にファゼオロトキシン産生の系譜
(58)由来の異なるBurkholderia cepacia complex の各種植物病原菌に対する抗菌活性とダイズ根圏土壌および植物体での増殖
(59)サトイモ(タイモ)立ち枯れ細菌病の病原としてのErwinia CrysanthemiおよびErwinia carotovora subsp. carotovora
(60)拮抗細菌株の併用接種による生物防除効果の増強
(61)チャノコカクモンハマキの交信撹乱剤抵抗性系統におけるメスの性フェロモン成分
(62)被害ヤナギの揮発性物質が隣接ヤナギ上のヤナギルリハムシに及ぼす影響
(63)ジャヤナギ揮発性物質が媒介する植物-植食者-天敵間相互作用の特異性
(64)蛾類の性フェロモン受容体遺伝子の単離と機能解析
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092955
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat