(1)多様性研究によるイネ遺伝資源の高度化と利用

(1)多様性研究によるイネ遺伝資源の高度化と利用

課題番号2006008600
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題A アグリバイオリソースの高度化と活用研究
大課題該当なし
中課題(1)多様性研究によるイネ遺伝資源の高度化と利用
小課題(1)多様性研究によるイネ遺伝資源の高度化と利用
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要(1)コアコレクション47品種について1,502箇所の塩基配列の塩基配列解読を行った。イネの有効な連鎖不平衡範囲は約200kbと考えられた。(2)日本晴とコシヒカリのBILならびにコシヒカリを背景とするNonaBokraのCSSLを作出した。その他の組み合わせでは、戻し交雑ならびに個体選抜を行った。(3)Ehd2及びEhd3遺伝子を単離同定し、出穂期の調節ネットワーク上に位置づけた。またコシヒカリと日本晴の間で見出されたQTLの候補ゲノム領域を絞り込んだ。(4)第2及び第9染色体の根組織形態に関与するQTLsの位置と遺伝効果を再確認した。(5)第9染色体にBridzeの対立遺伝子がいもち病罹病性にする作用力の大きなQTLを検出した。(6)Pi21のRNAiによる発現抑制によって抵抗性が向上することを確認した。(7)ササニシキとハバタキの間で見出された穂発芽耐性QTLsのうち、第1染色体の短腕と長腕及び第3染色体上の3個のQTLsの存在を確認した。(8)2次枝梗数、一次枝梗数及び穂長に関与するQTLをササニシキの背景において集積その効果を確認した。(9)日本晴/コシヒカリにおける稈長に関するQTLを検出した。初期生育に関与するQTLを第5染色体上に位置づけた。(10)いもち病及び穂ばらみ期耐冷性の同質遺伝子系統作成を継続した。(11)SPAD値及び穂重を対象にしたゲノムシャッフリングにむけて、総当たり交配と形質評価を行った。(12)有用遺伝子探索ならびに品種育成のために、外部10研究機関ならびに1コンソーシアムとの連携を強化した。
研究分担農業生物資源研究所 QTL ゲノム育種研究センター
予算区分技会交付金研究 技会交付金プロ 委託・バイテク先端技術[グリーンテクノ]
業績(1)植物の開花を誘導する遺伝子Hd3aおよびその利用
(2)イネ遺伝資源を用いた連鎖不平衡マッピングシステムの開発
(3)マルコフ連鎖モンテカルロ法を応用した高精度アソシエーションマッピング法の開発
(4)イネいもち病圃場抵抗性遺伝子pi21の単離
(5)イネ第5染色体に座乗する玄米外観品質に関与する遺伝子座の連鎖解析
(6)イネの穂形質に関する連関解析
(7)Uncovering genetic control of flowering time in rice
(8)イネ有用遺伝子発掘とゲノム育種戦略
(9)イネSNP/indel情報の蓄積とDNA多型・形質間連関解析システムの開発
(10)Development of LD Mapping System for Oryza sativa L. Germplasm
(11)2値, 順序カテゴリ, 打ち切り形質のための高精度アソシエーションマッピング法の開発
(12)良食味の直播向き水稲新品種「ふくいずみ」の育成
(13)スポット接種による葉いもち高度圃場抵抗性イネ系統の評価
(14)イネの自然変異−遺伝子機能解析のための新たなリソース−
(15)イネの栽培化過程で脱粒性の喪失の原因となったSNPの同定
(16)イネAゲノム近縁野生種の Diversity Research Set 作成に向けた多様性解析II. 候補系統の選定
(17)5- メチルトリプトファン(5MT)抵抗性イネ突然変異体(MTR1)の遺伝解析と原因遺伝子単離
(18)Natural variationation and the study for enhancing genetic diversity in rice
(19)イネのアレロパシー関連物質の検索
(20)イネの開花促進遺伝子Ehd2およびEhd3の連鎖解析
(21)イネ日本型品種日本晴とコシヒカリのBILs育成と出穂期の遺伝解析
(22)Development of cleaved amplified polymorphic sequence (CAPS) markers linked to a green rice leafhopper resistance gene, Grh3(t)
(23)Genetic dissection, marker-assisted introgression, and pyramiding of ag-ronomic traits in rice
(24)イネの量的形質に関する分子遺伝学的研究
(25)A silicon transporter in rice
(26)Genetic organization of aromatic rice as revealed by RAPD markers: A case study in conserving crop genetic resources on farm
(27)イネいもち病圃場抵抗性遺伝子 pi21 および Pb1 の集積によるいもち病抵抗性の向上
(28)Diversity in phenotypic profiles in landrace populations of Vietnamese rice: a case study of agronomic characters for onserving crop genetic diversity on farm
(29)植物の感光性遺伝子およびその利用
(30)A microarray analysis of rice near-isogenic lines that cover QTLs associated with callus proliferation
(31)An SNP caused loss of seed shattering during rice domestication
(32)Bayesian association mapping of multiple quantitative trait loci and its application to the analysis of genetic variation among Oryza sativa L. germplasms
(33)日本型イネ品種コシヒカリを遺伝背景としたインド型品種Nona Bokraの染色体断片置換系統群の作出と評価
(34)様々なNH4+濃度で栽培されたイネの窒素利用を規定しているQTLのマッピング
(35)Microsatellite markers revealed the genetic diversity of an Old Japanese Rice Landrace ‘Echizen’
(36)北海道に適応するイネ品種における感光性遺伝子Hd1の意義
(37)Retrotransposon insertion mutants and database for functional analysis of rice genes
(38)イネ感光性遺伝子Hd1, Hd5およびLhd4間に見出された出穂期調節における相互作用
(39)ケイ酸吸収遺伝子Lsi1の機能解析
(40)イネの出穂促進遺伝子Early heading 2の単離とその開花制御機構における役割
(41) Two novel nuclear genes, OsSIG5 and OsSIG6, encoding potential plastid sigma factors of RNA polymerase in rice: Tissue-specific and light-responsive gene expression
(42)QTL mapping of vascular system of root in rice (Oryza sativa L.)
(43)陸稲と水稲由来のF2集団で見出された根維管束の形態変異に関与するQTL
(44)イネの塩感受性変異体(rss)の単離とその特性解析
(45)イネ穂発芽耐性遺伝子(Sdr4)候補遺伝子の解析
(46)比較ゲノム的手法を用いたソルガム熱性関連QTL情報の統合化とSTSマーカーの作製
(47)A large-scale collection of phenotypic data describing an insertional mutant population to facilitate functional analysis of rice genes
(48)Relationship between QTLs for Vascular System and Vertical Distribution of Roots on Chromosome of Rice
(49)極良食味の水稲新品種「きぬむすめ」の育成
(50)強稈で乾物生産性の高い飼料用水稲新品種「タチアオバ」の育成
(51)ササニシキ/ハバタキ染色体断片置換系統群を用いた水稲の到伏抵抗性に関与する形質の解析と遺伝子座の推定
(52)イネ低温発芽性QTLの高精度マッピング
(53)いもち病圃場抵抗性遺伝子 Pb1, pi21, Pi3(t) の作用力と集積効果
(54)DNAマーカーを利用したイネいもち病圃場抵抗性に関するQTLの集積
(55)イネインド型品種NonaBokraの旺盛な初期生育に関するQTL解析
(56)イネ新規ケイ酸吸収関連遺伝子Lsi2のクローニング
(57)極良食味・極良質の水稲新品種「にこまる」の育成
(58)マップベースクローニング法による穂発芽耐性 QTL、 Sdr4 の単離・機能解析
(59)雲南由来日本型イネ系統「中部111号」のいもち病圃場抵抗性について(第3報) いもち病圃場抵抗性遺伝子 Pi3(t) のマッピング
(60)Map-Based Cloning Of Sdr4, A Quantitative Trait Locus Controlling Seed Dormancy In Rice
(61)Application of rice genome sequence information in breeding
(62)Combination of rice genetics and genomics information for rice improvement
(63)Structure and evolution of the rice genome
(64)塩害水田におけるイネ葉身のBronzingの発症を支配する2QTL間の相互作用
(65)コシヒカリの食味に関与するQTLのマッピング
(66)水稲品種ササニシキとハバタキの戻し交雑集団を用いた穂発芽耐性に関与するQTLのマッピング
(67)品種登録:稲(コシヒカリ関東HD1号)2006.8.22
(68)植物の感光性遺伝子およびその利用
(69)染色体断片置換系統を利用したイネ循環選抜育種法の試み
(70)植物の開花促進遺伝子RFT1および植物の開花時期を予測する方法
(71)インド在来イネ品種Brizdeのいもち病に対する高度罹病性に関するQTL解析
(72)アジア栽培イネのSNP解析−第6および第7染色体−
(73)イネの穂の構造に関与するQTLの集積効果
(74)5- メチルトリプトファン(5MT)抵抗性イネ突然変異体(MTR1)の遺伝解析と原因遺伝子単離 独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 研究領域「植物の機能と制御」
(75)植物の開花時期を促進するEhd1遺伝子およびその利用
(76)Molecular cloning of a QTL, pi21, controlling field resistance to blast in rice
(77)QTL mapping and identification of marker-trait associations for shape variations of brown rice
(78)イネコアコレクションのDNA変異カタログ
(79)Epistatic interaction of QTLs controlling leaf bronzing in rice (Oryza sativa L.) grown in a saline paddy field
(80)イネ日本型品種における食味の粘りおよび外観に関与する量的形質遺伝子座の検出
(81)Development of isogenic lines of rice cultivar Koshihikari with early and late heading by marker-assisted selection
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092960
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat