(1)イネの耐環境ストレス機構の解明と利用技術の開発

(1)イネの耐環境ストレス機構の解明と利用技術の開発

課題番号2006008607
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題B ゲノム情報と生体情報に基づく革新的農業生産技術の研究開発
大課題1)イネの環境適応機構の解明と利用技術の開発
中課題(1)イネの耐環境ストレス機構の解明と利用技術の開発
小課題(1)イネの耐環境ストレス機構の解明と利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要(1)温室内での耐冷性検定条件を整えるとともに、qFLT-6の染色体領域の絞り込みを進め、候補領域を約53kbとした。(2)大部分の細胞が安定して深過冷却するシュロ葉では、細胞内因子と構造因子が関わることが分かった。ブロムグラス細胞の不凍活性の詳細な性質を解明し、これをもとに精製法の確立を進めた。氷核活性については、組織及び細胞内分布、季節変動、活性発現条件等の特性を明らかにした。(3)Na+排出不全変異体酵母の塩感受性を相補するイネK+チャネル遺伝子OsKAT1が細胞のイオンバランス維持と耐塩性に寄与することを明らかにした。酵母及びイネのABCトランスポーターが細胞の耐塩性に関与すること、またイネクロライドチャンネル遺伝子(OsCLC-1及び-2)が根の形態形成に関与することを示した。(4)イネの初期生育における耐乾性の検定システムを確立した。イネ・コアコレクションを用いた耐乾性のアソシエーション解析の結果、耐乾性と関連する3つのRFLPマーカーを見出した。(5)相補試験等によりカサラス由来の穂発芽耐性遺伝子Sdr4を同定した。さらに、Sdr4突然変異体の解析結果から日本晴型Sdr4にも発芽抑制機能があり、カサラス型はその抑制機能がより強いことが示された。
研究分担農業生物資源研究所 耐環境ストレス研究U
予算区分技会交付金研究 技会交付金プロ 委託・バイテク先端技術[グリーンテクノ] 文科省[科研費]
業績(1)アセト乳酸シンターゼ遺伝子をコードする遺伝子
(2) Physiological changes in gentian axillary buds during two-step preculturing with sucrose that conferred high levels of tolerance to desiccation and cryopreservation
(3)アセト乳酸シンターゼ遺伝子をコードする遺伝子
(4) Transformation of suspension cultures of bromegrass (Bromus inermis Leyss) by Agrobacterium tumefaciens
(5)ブロムグラス培養細胞の分泌型、低温誘導性キチナーゼは不凍タンパク質ではない
(6)イネにおける新規クロライドチャンネル遺伝子の解析
(7)Intrinsic ice nucleating activity associated with twigs and its function
(8)ブロムグラス懸濁培養細胞の培養ステージと凍結保存及び各種ストレス負荷後の生存
(9)イネの塩感受性変異体(rss)の単離とその特性解析
(10)イネ Shaker 型 K+ チャネル OsKAT1 の高発現による酵母およびイネ培養細胞の耐塩性の向上
(11) Effects of ABA, auxin, and gibberellin on the expression of genes for vacuolar H+-inorganic pyrophosphatase, H+-ATPase subunit A, and Na+/H+ antiporter in barley
(12)塩ストレス回避に働くイネ遺伝子の探索
(13)リンドウ側芽における乾燥及び凍結保存耐性誘導のための2段階前培養における生理学的変化
(14)マップベースクローニング法による穂発芽耐性 QTL、 Sdr4 の単離・機能解析
(15)イネ穂発芽耐性遺伝子(Sdr4)候補遺伝子の解析
(16)Map-Based Cloning Of Sdr4, A Quantitative Trait Locus Controlling Seed Dormancy In Rice
(17)アセト乳酸シンターゼ遺伝子をコードする遺伝子
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092967
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat