(3)イネの耐病性機構の解明と利用技術の開発

(3)イネの耐病性機構の解明と利用技術の開発

課題番号2006008609
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題B ゲノム情報と生体情報に基づく革新的農業生産技術の研究開発
大課題1)イネの環境適応機構の解明と利用技術の開発
中課題(3)イネの耐病性機構の解明と利用技術の開発
小課題(3)イネの耐病性機構の解明と利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要(1)ほ場抵抗性遺伝子Pb1をほぼ確定し、遺伝子発現の特性を明らかにした。(2)ミュータントパネルの90%の系統から非親和性いもち病菌罹病性系統を選抜し、抵抗性遺伝子Pishを単離するとともにPish以外の遺伝子変異による罹病性系統を多数見出した。(3)強い劣性いもち病抵抗性を獲得した変異体を2系統選抜した。(4)抵抗性シグナル伝達を負に制御するPDK1-PIP1-OsPti1aのシグナル伝達経路の存在が示唆された)。(5)イネFOX系統シロイヌナズナから、細菌及び糸状菌抵抗性系統、サリチル酸感受性系統を多数選抜し、PR遺伝子の発現特性などにより分類した。また、イネへの導入による機能解析に着手した。(6)誘導抵抗性に関わる転写因子OsWRKY45の発現により、極めて強いいもち病抵抗性及び白葉枯病抵抗性がイネに付与されることを明らかにした。(7)OsWRKY45及びNH1のそれぞれの制御下にある遺伝子群をマイクロアレイ解析により選抜した。シグナル伝達経路の解析から、OsWRKY45が既知の経路に属しない新規の転写因子であり、新規の病害抵抗性シグナル伝達経路の存在が明らかになった。
研究分担農業生物資源研究所 耐病性研究U
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[グリーンテクノ] 文科省[科研費]
業績(1)Trial for positional cloning of rice lesion mimic genes increasing resistance against rice blast; spl5, spl6 and spl10
(2)イネの感染防御応答シグナル伝達系における電位依存性Ca2+チャンネルOsTPC1の機能〜機能破壊株を用いた遺伝子発現のトランスクリプトーム解析〜
(3)イネの誘導抵抗性に関与する転写因子 OsWRKY45 の下流遺伝子の探索と活性制御機構の解析
(4)System for designation of blast races using
(5)イネの非生物的ストレス・生物的ストレス誘導性遺伝子発現に関わる NAC 型転写遺伝子 OsNAC6 の機能解析
(6)イネいもち病抵抗性に関する一遺伝子系統群を用いた病原菌レース国際判別体系の提案
(7)ロイシンリッチリピートの進化工学的改変による任意分子の認識タンパク質作出法の確立
(8)「ST.No.1」と「日本晴」におけるイネ穂いもち圃場抵抗性遺伝子Pb1領域の比較による座乗領域の絞り込み
(9)Analysis of Brz effects onto monocot rice (Nipponbare)
(10)TINod (transcription initiator for nodulation: Ljsym 70,35) induces nodulation via an SH-2-like domain in a manner analogous to STAT proteins of animals
(11)イネのブラシノステロイドシグナル伝達関連遺伝子の探索
(12)Screening for resistance to bacterial and fungal pathogens in transgenic Arabidopsis overexpressing rice full-length cDNA
(13)Screening for resistance to Pseudomonas syringae pv tomato DC3000 in transgenic Arabidopsis overexpressing rice full-length cDNA
(14)Screening for resistance to bacterial pathogen in Rice-Arabidopsis FOX lines
(15)Genome-wide identification of the rice calcium-dependent protein kinase gene
(16)Analysis of biological functions of progesterone in plant
(17)LTH 一遺伝子系統によるイネいもち病菌レースの国際判別体系の提案
(18)Exploration of the signalling pathway involving OsPti1a which negatively regulates hypersensitive response in rice
(19)Epigenetic transcriptional activation of flower homeotic gene pMADS3 in petunia
(20)Fine mapping of a strong QTL of filed resistance against rice blast, Pi36(t), from upland rice Kahei, utilizing a novel resistance evalution system in greenhouse.
(21)植物におけるプロゲステロン受容体タンパク質の探索
(22)スポット接種による葉いもち高度圃場抵抗性イネ系統の評価
(23)Analysis of biological functions of progesterone in plant
(24)ペチュニアのクラスCホメオティック遺伝子pMADS3のエピジェネティック機構による転写活性化
(25)Pathogen variation of M. grisea and varietal resistance to blast
(26)OsPti1a negatively regulates disease resistance in rice through RAR1-dependent manner
(27)A WRKY transcription factor plays a role in BTH-induced potentiation of rice
(28)イネの誘導抵抗性に関与するシグナル因子 NH1 の機能解析
(29)イネの BTH 誘導性 WRKY 型転写因子が誘導抵抗性において果たす役割について
(30)イネのBTH誘導性病害抵抗性におけるWRKY型転写因子の役割について
(31)ペチュニアの花のホメオティック遺伝子pMADS3におけるエピジェネティック転写制御機構
(32)OsPtilaを介した耐病性シグナル伝達制御機構の解析
(33)OsPti1a negatively regulates disease resistance in rice through RAR1-dependent manner
(34)イネ完全長cDNA高発現シロイヌナズナを用いたColletotrichum higginsianum感染抵抗性系統遺伝子の選抜と解析
(35)耐病性シグナル伝達の負の制御因子OsPtilaを介したシグナル伝達機構の解析
(36)イネ完全長cDNA高発現シロイヌナズナを用いたPseudomonas syringae pv tomato DC3000感染抵抗性系統の選抜と解析
(37)Identification of the short grain 1 gene by rice activation tagging
(38)Characterization of the short grain mutant (Sg1) isolated by rice activation tagging
(39)SIPKオルソログOsMPK2の抵抗性関連遺伝子発現抑制機構の解析
(40)SAZ1, an Arabidopsis SUPERMAN-like gene, downregulates in response to stresses and phytohormones
(41)イネ OsSSI2 の病害抵抗性における機能の解析
(42)穀類種子糊粉層におけるアラビノガラクタン蛋白質の機能解析
(43)イネのOsATファミリー遺伝子と耐病性との関連
(44) Deregulation of a Ca2+/calmodulin-dependent kinase leads to spontaneous nodule development
(45) Isolation and molecular characterization of a Spotted leaf 18 mutant by modified activation-tagging in rice
(46)雌しべの各組織に特異的な活性を有するプロモーターおよびその利用
(47) Construction and characterization of a bacterial artificial chromosome (BAC) library from the Japanese malting barley variety ‘Haruna Nijo’
(48) Construction of a linkage map of Lentinula edodes (shiitake) with the HEGS (high-efficiency genome scanning) system: use of versatile AFLP and PCR-based gene markers
(49) QTL analysis for resistance to phytophthora blight (Phytophthora capsici leon.) using an intraspecific doubled-haploid population of Capsicum annuum
(50) Isolation and characterization of IRO2, a novel iron-regulated bHLH transcription factor in graminaceous plants
(51) Transgene-dependent incompatibility induced by introduction of the SK2:ZPT2-10 chimeric gene in petunia
(52) Incidence of thiophanate-methyl resistance in Cercospora kikuchii within a single lineage based on amplified fragment length polymorphisms in Japan
(53) Silencing of an anther-specific zinc-finger gene, MEZ1, causes aberrant meiosis and pollen abortion in petunia
(54) Cloning and characterization of deoxymugineic acid synthase genes from graminaceous plants
(55) Role of SGT1 in resistance protein accumulation in plant immunity
(56)環境ストレス耐性に関わるイネカルシウム依存性プロテインキナーゼ遺伝子の探索
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092969
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat