(3)昆虫の生体防御機構の解明と利用技術の開発

(3)昆虫の生体防御機構の解明と利用技術の開発

課題番号2006008612
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題B ゲノム情報と生体情報に基づく革新的農業生産技術の研究開発
大課題2)昆虫の環境適応機構の解明と制御技術の開発
中課題(3)昆虫の生体防御機構の解明と利用技術の開発
小課題(3)昆虫の生体防御機構の解明と利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要(1)大腸菌を用いたカイコ核多核体ウイルス(BmNPV)に対するカイコ抗ウイルスタンパク質(BmAVP)の大量発現系を構築し、その系を利用して得られたBmAVPを用いてN末端アミノ酸残基の翻訳後修飾を明らかにした。さらにBmAVPがウイルスの細胞に対する吸着を阻害することを明らかにした。一方、N末端アミノ酸残基の翻訳後修飾に関与すると思われる酵素(BmNTAN1)のcDNAをクローニングした。さらにカイコにBmNPV耐性を付与するため形質転換組換えカイコ(UAS-BmAVP)の作成を行った。(2)BmNPV感染によって引き起こされるカイコの遺伝子発現を調べるため生体防御に関係するヘモリン遺伝子の解析を行ったが、発現量の増加は見出されなかった。そのためマイクロアレイを利用した網羅的解析がなされ発現量が変動する候補因子を数多く同定し、その発現量を定量した。(3)昆虫抗微生物ペプチド、ディフェンシンを改変した合成ペプチドの細菌の膜破壊機構のモデルを提唱した。また改変ペプチドの抗生物質との併用による相乗効果と細菌の耐性獲得抑制効果を見いだした。さらに改変ペプチドのトリパノソーマ増殖阻害最小濃度を決定した。(4)種々の抗微生物ペプチドの殺菌活性を抑制するペプチド、P4Pを見いだした。また、それ自体は殺菌活性をもたないにもかかわらず、抗微生物ペプチドの殺菌活性を増強するペプチド、NP4Pを見いだした。
研究分担農業生物資源研究所 生体防御研究U
予算区分技会交付金研究 技会交付金プロ 委託・バイテク先端技術[昆虫テクノロジー] 委託・その他プロ 文科省[科研費]
業績(1)A new class of membrane-disrupting trypanocidal peptide drugs derived from an insect defensin
(2)カブトムシ由来改変抗細菌ペプチドの抗トリパノソーマ作用の in vitro および in vivo 解析
(3)ヒトムスカリン作動性アセチルコリン受容体M2サブタイプによる線虫Gタンパク質 GOA-1 の活性化: 進化的に離れた生物種に由来するGタンパク質共役型受容体とGタンパク質の機能的共役
(4)カイコ脂肪体由来培養細胞における抗菌性ペプチド遺伝子の発現誘導解析
(5)Regulation of antibacterial peptide genes by Rel family proteins in Bombyx mori
(6)Regulation of antimicrobial peptide activities by native and modified propieces of nematode cecropin
(7)カブトムシdefensin由来低分子改変ペプチドの抗細菌作用機構の解明
(8)カブトムシディフェンシン由来改変ペプチドの癌細胞増殖抑制効果
(9)カイコ由来抗菌性タンパク質enbocinおよびgloverin遺伝子の発現解析 平成18年度 日本蚕糸学会第76回大会
(10)カブトムシ由来の抗菌性ペプチドColeoptericinAの改変とその活性の解析
(11)カイコー酸化窒素合成酵素(BmNOS)遺伝子の発現制御機構
(12)昆虫抗微生物ペプチド由来改変ペプチドと抗生物質の併用効果に関する研究
(13)カイコ由来抗菌性タンパク質エンボシン及びグロベリン遺伝子の発現解析
(14)カイコを宿主とするトリパノソーマ科原虫に対するカイコ生体防御機構
(15)In vitro activity of diastereomeric antimicrobial peptides alone and in combination with antibiotics against methicillin-resistant
(16)カイコ由来抗菌性タンパク質ディフェンシン遺伝子の発現解析
(17)Bacteria-inducible expression of antimicrobial peptide genes encoding novel enbocin and gloverin isoforms in the silkworm,
(18)In vitro activity of diastereomeric antimicrobial peptides alone and in combination with antibiotics against methicillin−resistant
(19) Protective effects of antimicrobial peptides derived from the beetle Allomyrina dichotoma defensin on endotoxic shock in mice
(20) In vitro activity of diastereomeric antimicrobial peptides alone and in combination with antibiotics against methicillin-resistant Staphylococcus aureus and Pseudomonas aeruginosa
(21) A short peptide synthesized on the basis of Coleoptericin A from Allomyrina dichotoma shows similar anti-Escherichia coli action
(22)カイコ培養細胞を用いたRNAiライブラリーによる機能因子の探索の試み
(23) Effect of nucleopolyhedrovirus infection on antibacterial activity and antibacterial peptide production in larvae of the silkworm,Bombyx mori (Lepidoptera: Bombycidae)
(24)抗微生物蛋白質、それをコードする遺伝子及びそれらの利用法
(25) Cytotoxicity and antigenicity of antimicrobial synthesized peptides derived from the beetle Allomyrina dichotoma defensin in mice
(26) Protective effects of antimicrobial peptides derived from the beetle Allomyrina dichotoma defensin on endotoxic shock in mice
(27) Activation of nematode G protein GOA-1 by the human muscarinic acetylcholine receptor M2 subtype. Functional coupling of G-protein-coupled receptor and G protein originated from evolutionarily distant animals
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092972
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat