(1)植物・微生物間相互作用の解明

(1)植物・微生物間相互作用の解明

課題番号2006008615
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題B ゲノム情報と生体情報に基づく革新的農業生産技術の研究開発
大課題4)生物間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題(1)植物・微生物間相互作用の解明
小課題(1)植物・微生物間相互作用の解明
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要(1)Ca非依存的活性型のCCaMKを種々の共生変異体に導入することによりCCaMKが根粒形成プログラムのみに関与し、菌の感染受容シグナル伝達経路はこれとは独立に存在すると考えられること、感染糸形成に関わるLjsym101遺伝子がユビキチンリガーゼをコードし、感染部位周辺で発現すること、Fix-変異体ign1の早期老化形質が抑制された8つの変異系統を単離しすべてがign1型であることを確認した。うち2系統は強い表現型であり、ほぼすべての根粒が野生型と同等の赤褐色を呈した。(2)トバモウイルスRNA複製複合体を可溶化・精製し、含まれる宿主由来新規タンパク質を同定し、複製に重要な役割を果たすことを示した。SGS3タンパク質の大量発現系を構築するとともに、ホモログ遺伝子のノックアウト系統を取得し、ウイルスの増殖と病徴発現を検討した。抵抗性遺伝子Tm-1を同定し大腸菌の大量発現系を構築し精製条件を確立した。トマトでは過敏感細胞死を起こさないTm-2、Tm-2aを導入したタバコは、N遺伝子と同じく過敏感細胞死を伴うウイルス抵抗性を示すことから、過敏感細胞死はR遺伝子以降のシグナル系に依存することを明らかにした。TMVの感染に伴う過敏感細胞死の実行因子としてHSP90、MAPキナーゼ、ミトコンドリアを特定し、シグナル伝達におけるこれらの相互関係を明らかにした。(3)いもち病菌Gbに制御される遺伝子としてポリケタイド合成系酵素遺伝子群、転写因子Mstu1、Gタンパク質の負の制御因子Mrgs2を同定し、Mstu1が付着器の膨圧形成に、Mrgs2が病原性に関与することを明らかにした。いもち病菌由来のカタラーゼと熱安定性の未知因子が初期感染を促進することを見出した。いもち病菌、白葉枯病菌感染過程のイネ遺伝子発現変化の解析から防御関連遺伝子群の非親和性特異的な発現の確認と非親和性いもち病菌接種特異的に発現する調節因子遺伝子の同定を行った。エリシター、感染応答性遺伝子であるイネGRASファミリー型遺伝子CIGR2が細胞死を負に制御し、転写因子遺伝子を制御することを明らかにした。ユビキチンリガーゼEL5と相互作用するE2の相互作用に重要なアミノ酸残基及び基質候補タンパク質を同定した。TMV・立枯病感染タバコの抵抗性誘導因子の精製を進め、前者は単一物質まで、後者は部分的に精製した。病原細菌べん毛糖鎖としてラムノースを含むセリン結合型3糖の化学構造を明らかにした。病原型レベルでラムノースの鏡像異性体の含有比に違いを見出した。
研究分担農業生物資源研究所 植物・微生物間相互作用研究U
予算区分技会交付金研究 技会交付金プロ 委託・バイテク先端技術[グリーンテクノ] 委託・その他プロ 技会・その他 文科省[科研費]
業績(1) A novel wound-responsive cis-element, VWRE, of the vascular system-specific expression of a tobacco peroxidase gene, tpoxN1
(2) Identification of a ribonucleoprotein intermediate of tomato mosaic virus RNA replication complex formation
(3)Hormonal Responses of a rice ubiquitin ligase essential for root formation
(4)Characterization of a novel Fix- symbiotic mutant,LJSYM105, of Lotus japonicus
(5)Accumulation of the two transcripts for the N gene, conferring resistance to tobacco mosaic virus, is probably important for N gene-dependent hypersensitive cell death
(6)イネにおけるエリシター応答性 WRKY 型転写因子 OsWRKY53 の機能と発現機構の解析
(7) A calmodulin-binding mitogen-activated protein kinase phosphatase is induced by wounding and regulates the activities of stress-related mitogen-activated protein kinases in rice
(8) Plant cells recognize chitin fragments for defense signaling through a plasma membrane receptor
(9) MAP kinases function downstream of HSP90 and upstream of mitochondria in TMV resistance gene N-mediated hypersensitive cell death
(10)ミヤコグサの新病害について
(11)膜に結合したトマトモザイクウイルス複製タンパク質は RNA 合成に関与し, 宿主膜タンパク質TOM1, TOM2Aと結合している
(12)温度シフトバック系を用いたN遺伝子による防御機構活性化と細胞死の解析
(13)Simple and efficient method for detection of small
(14) RNAi knock-down of ENOD40s leads to significant suppression of nodule formation in Lotus japonicus
(15) The phenylalanine pathway is the main route of salicylic acid biosynthesis in Tobacco mosaic virus-infected tobacco leaves
(16) Direct involvement of benzoxazinoids in the growth suppression induced by phototropic stimulation in maize coleoptiles
(17) Pathogen-induced calmodulin isoforms in basal resistance against bacterial and fungal pathogens in tobacco
(18) Involvement of wound-induced receptor-like protein kinase in wound signal transduction in tobacco plants
(19) Membrane-bound tomato mosaic virus replication proteins participate in RNA synthesis and are associated with host proteins in a pattern distinct from those that are not membrane bound
(20) Trans-acting siRNA-mediated repression of ETTIN and ARF4 regulates heteroblasty in Arabidopsis
(21) Identification and characterization of Arabidopsis gibberellin receptors
(22) A homologue of the 3-oxoacyl-(acyl carrier protein) synthase III gene located in the glycosylation island of Pseudomonas syringae pv. tabaci regulates virulence factors via N-acyl homoserine lactone and fatty acid synthesis
(23) Identification of glycosylation genes and glycosylated amino acids of flagellin in Pseudomonas syringae pv. tabaci
(24) The mitogen-activated protein kinases WIPK and SIPK regulate the levels of jasmonic and salicylic acids in wounded tobacco plants
(25) Salicylic acid and a chitin elicitor both control expression of the CAD1 gene involved in the plant immunity of Arabidopsis
(26)キチンオリゴ糖エリシター応答性GRAS遺伝子CIGR2の機能解析
(27)過敏感細胞死におけるミトコンドリア機能不全とMAPKカスケードの関係
(28)Tomato mosaic virus negative-strand RNA synthesis occurs after the membrane binding of a complex containing the replication proteins and the viral
(29) Hyper-thermostability of CutA1 protein, with a denaturation temperature of nearly 150 °C
(30) New nodulation mutants responsible for infection thread development in Lotus japonicus
(31) Induction of resistance against rice blast fungus in rice plants treated with a potent elicitor, N-acetylchitooligosaccharide
(32) Gene involved in transcriptional activation of the hrp regulatory gene hrpG in Xanthomonas oryzae pv. oryzae
(33) Pathogenicity of Pepper mild mottle virus is controlled by the RNA silencing suppression activity of its replication protein but not the viral accumulation.
(34)生体膜非存在下でトマトモザイクウイルスRNAを試験管内翻訳したときに形成され、生体膜画分と混合することによりRNA複製を引き起こすことのできる複製複合体前駆体の性状解析
(35)トマトモザイクウイルスRNAの複製に必要なシス配列の探索 独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 研究領域「植物の機能と制御」
(36)エンバクチオニン遺伝子を高発現させた形質転換イネにおける導入遺伝子の遺伝とSilencing
(37)A putative transcriptional regulator Mstu1 involved in control of fungal developments and appressorium maturation in the rice blast fungus Magnaporthe grisea
(38)アーバスキュラー菌根菌感染に必須な宿主遺伝子のミヤコグサ及びイネにおける性状解析
(39)タバコモザイクウイルスの感染過程におけるNtDCL2の機能解析
(40)イネ白葉枯病菌のtonB領域と病原性との関係について
(41)Analysis of posttranscriptional regulation of the cystathionine γ-synthase gene using an Arabidopsis thaliana cell extract-based cell-free translation system
(42)イネーいもち感染初期における相互作用の解析(1)
(43)Involvement of Organella on the N Gene-Mediated HR-Cell Death in Tobacco Plant
(44)ミヤコグサのGRASタンパク、TINod (Transcription Initiator for Nodulation) は動物のSTATと類似した機構により根粒形成のための転写開始を制御する
(45)マメ科モデル植物ミヤコグサの根粒形成過程で発現誘導される転写因子の機能に関する系統的な解析
(46)トマトの青枯病に対する品種感受性とエチレンとの関係
(47)いもち病菌に対するイネは中肋組織の反応の細胞学的観察と中肋接種法の開発
(48)Pseudomonas syringaeに対するミヤコグサHAR1依存的抵抗性の解析
(49)シロイヌナズナ細胞抽出液を用いたシロイヌナズナのシスタチオニン γ-シンターゼにおける転写後制御機構の解析
(50)エチレン・青酸合成の誘導が幼若イネにおけるいもち病抵抗性に重要な役割を担っている
(51)Subcellular distribution of RNA silencing suppressors encoded by Tomato mosaic virus (ToMV) and a suppressor-defective strain ToMV-L11
(52)セジロウンカの加害によってイネに誘導される遺伝子の網羅的解析
(53)イネSnRK2プロテインキナーゼの活性制御−大量発現系の構築と組換えタンパク質の性質
(54)Involvement of the elicitor-induced gene OsWRKY53 in the expression of defense-related genes in rice
(55)トマトモザイクウイルス RNA と結合する植物因子のシロイヌナズナ脱液胞化プロトプラスト抽出液からの単離
(56)The receptor for chitin oligosaccharides elicitor in rice cells
(57)トマトモザイクウイルス誘導感染系を用いたタバコBY-2培養細胞におけるヒトガンマインターフェロンの発現
(58)トマトモザイクウイルスの増殖を抑制するシロイヌナズナのRNA結合タンパク質、BTR1の同定と解析
(59)生物防除微生物Pythium oligandrumによって誘導されるトマト青枯病抵抗性発現におけるジャスモン酸シグナル伝達系の関与
(60)TEIL(Tobacco EIN3-like)遺伝子と相同遺伝子の傷害応答時における発現差異と、TEIL遺伝子発現抑制タバコにおける花器の形態変化
(61)トマトモザイクウイルス複製抑制宿主因子 Tm-1 の同定
(62)トマトモザイクウイルス抵抗性遺伝子Tm-1の同定
(63)トマトモザイクウイルス130Kタンパク質の局在変化がRNAサイレンシング抑制とウイルス増殖に与える影響 独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 研究領域「植物の機能と制御」
(64)ミヤコグサSen1遺伝子は共生窒素固定活性の発現に必須である
(65)Decrease in lesion size after TMV-infection and late leaf senescence in TEIL suppressed transgenic tobacco
(66)非膜結合型のトマトモザイクウイルス複製タンパク質はRNAサイレンシングの抑制に関与する
(67)イネ白葉枯病菌のファージ感染に関与する遺伝子の探索
(68)トマトモザイクウイルス抵抗性遺伝子Tm-1の同定 独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 研究領域「植物の機能と制御」
(69)A novel Fix symbiotic mutant of Lotus japonicus, Ljsym105, shows impaired development and symbiosomes
(70)TEIL遺伝子発現抑制タバコの腰折病菌に対する感受性の増加
(71)Role of flagellin glycosylation in elicitor activity and bacterial virulence
(72)Identification of a Tm-1 tomato protein that inhibits tomato mosaic virus RNA replication in vitro
(73)Role of flagellin glycosylation in bacterial virulence
(74)植物病原細菌Pseudomonas syringaeのフラジェリン糖鎖は病原性に必要である
(75)イネいもち病菌のGタンパク質制御因子RGSについての解析
(76)イネいもち病菌Magnaporthe griseaにおいて感染に関わるGタンパク賀制御因子Mrgs2の解析
(77)Effects of trichostatin A on appressorium formation of Magnaporthe oryzae
(78)植物−微生物共生に関与する宿主遺伝子のミヤコグサ及びイネにおける性状解析
(79)感染誘導性カルモジュリン分子種は、細菌病及び糸状菌病に対する基礎的抵抗性に寄与する
(80)イネーいもち感染初期における相互作用の解析(2)
(81)Analysis of host genes governing rhizobial and mycorrhizal symbioses
(82)イネいもち病菌のAPSESタンパク質Mstu1による付着器成熟の制御
(83)イネ白葉枯病菌におけるH-NS様タンパク質によるhrpGの発現抑制機構
(84)過敏感細胞死抑制活性を有する青枯病菌(Ralstonia solanacearum)タ イプIIIエフェクターの同定、およびその抑制機構の解析
(85)Pseudomonas syringaeのべん毛フラジェリンの糖鎖解析と病原性との相関について
(86)Membrane-bound tomato mosaic virus replication proteins participate in RNA synthesis and are associated with host membrane proteins TOM1 and TOM2A
(87)タバコのストレス応答性MAPキナーゼであるWIPKとSIPKはジャスモン酸とサリチル酸の蓄積を制御する
(88)イネ−いもち感染初期における相互作用の解析
(89)ダイズ斑点細菌病菌のフラジェリン糖鎖解析
(90)シロイヌナズナのtrans-acting siRNA の生成経路と幼弱相から成熟相への制御転換
(91)ジベレリン核内受容体, GID1の機能解析
(92)150℃近くに変性温度をもつ超安定なCutA1蛋白質の熱安定化は分子内イオン結合による
(93)リノール酸高含有形質転換イネにおけるいもち病菌抵抗性の解析
(94)ジベレリン(GA)核内受容体 GID1 の機能解析(II)
(95)植物の高浸透圧ストレス応答におけるフォスファチジルイノシトール4-キナーゼの役割
(96)イネ白葉枯病菌の運動性
(97)A novel Fix symbiotic mutant of Lotus japonicus, Ljsym105, shows impaired development and premature deterioration of nodule infected cells and symbiosomes
(98)窒素固定活性を制御するミヤコグサFen1遺伝子のマップベースクローニング
(99)トバモウイルスの増殖機構の理解から抗ウイルス戦略へ
(100)A novel ankyrin-repeat protein IGN1 is required for functional nitrogen-fixation in root nodules of Lotus japonicus
(101)ミヤコグサのイオンビーム照射系統からの共生変異体の探索
(102)Characterization of LjSym101 that is required for rhizobial infection and nodule organogenesis
(103)共生窒素固定に必須なIGN1の細胞内局在解析とign1復帰変異株の単離
(104)根の遺伝子型が根粒数を制御する新奇ミヤコグサ根粒過剰着生変異体
(105)シロイヌナズナの幼弱相から成熟相への転換を制御するtrans-acting siRNA
(106)Genetic mapping and characterization of Fix- mutants of Lotus japonicus
(107)P.syringaeのフラジェリン糖鎖構造
(108)シロイヌナズナにおけるtrans-acting siRNAの生成経路
(109)Expression and functional analyses of ubiquitin ligase EL5 involved in root formation of rice
(110)ミヤコグサエチレン非感受性変異体の解析
(111)糸状菌ゲノム情報から見る糸状菌の感染および固体醗酵プロセスー感染と固体醗酵の類似性ー
(112)トマトモザイクウイルス RNA 複製に関与する ADP リボシル化因子様タンパク質の同定
(113)Function of an APSES protein during rice infection by Magnaporthe grisea
(114) LjnsRING, a novel RING finger protein, is required for symbiotic interactions between Mesorhizobium loti and Lotus japonicus
(115) Positional cloning identifies Lotus japonicus NSP2, a putative transcription factor of the GRAS family, required for NIN and ENOD40 gene expression in nodule initiation
(116) Bacterial lipopolysaccharides induce defense responses associated with programmed cell death in rice cells
(117) Contribution of ethylene biosynthesis for resistance to blast fungus infection in young rice plants
(118) Deregulation of a Ca2+/calmodulin-dependent kinase leads to spontaneous nodule development
(119)イネ白葉枯病菌の新奇タイプIII分泌エフェクターの同定
(120)Magnaporthe grisea Mstu1, an APSES protein homolog of Aspergillus nidulans StuA, is required for regulation of appressorial turgor generation
(121)病害および病傷害応答性タバコカルモジュリン分子種は、病原体の種類によらない”植物の基礎的防御”に関わっている
(122)シダ植物 Pteris ryukyuensis 由来キチナーゼのキチン結合活性と抗真菌活性における LysM ドメインの役割
(123)Fix- mutants derived from regenerated plants of Lotus japonicus
(124)ミヤコグサにおけるCLV3様遺伝子の機能解析
(125)病傷害誘導性MAPKであるSIPKやWIPKはRhizoctonia solaniに対する抵抗性に寄与する
(126)イネ白葉枯病菌の2成分制御遺伝子の機能解析
(127)無細胞系によって調製されたイネ NifU1A domain I のNMR立体構造
(128)Lotus japonicus nucleoporin required for both mycorrhization and nodulation
(129)感染プロセスと根粒形成過程に異常を示すミヤコグサ変異体物Ljsym101の表現型解析と遺伝子クローニング
(130)InvoIvement of organella on the N gene-mediated HR-Cell death in tobacco plant
(131)Unfolding and refolding of three CutA1s from P.horikoshii, T.thermophilus, and O.sativa with unusually high denaturation temperatures
(132)イネ白葉枯病菌における新奇hrp発現制御関連遺伝子の探索
(133)セジロウンカの加害によってイネに誘導される白葉枯病抵抗性
(134)ミヤコグサ根粒で発現する新規 RING-finger protein 遺伝子(LjnsRING)の解析
(135) Inducible virus-mediated expression of a foreign protein in suspension-cultured plant cells
(136) Involvement of THH1, an Arabidopsis thaliana homologue of the TOM1 gene, in tobamovirus multiplication
(137) Identification of novel HrpXo regulons preceded by two cis-action elements, a plant-inducible promoter box and a -10-like sequence, from the genome database of Xanthomonas oryzae pv. oryzae
(138) Preparation of mixed alginate elicitors with high activity for the efficient production of 5′-phosphodiesterase by Catharanthus roseus cells
(139) Increase in BrAO1 gene expression and aldehyde oxidase activity during clubroot development in Chinese cabbage (Brassica rapa L.)
(140) Transformation of trifoliate orange with rice chitinase gene and the use of the transformed plant as a rootstock
(141) A novel ankyrin-repeat membrane protein, IGN1, is required for persistence of nitrogen-fixing symbiosis in root nodules of Lotus japonicus
(142) Rapid defense gene expression in both resistant and susceptible rice cultivars by elicitor(s) originating from conidia of blast fungus Basal resistance response before fungal penetration into host cells
(143) A novel Fix symbiotic mutant of Lotus japonicus, Ljsym105, shows impaired development and premature deterioration of nodule infected cells and symbiosomes
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092975
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat