(2)昆虫・昆虫間、昆虫・植物間相互作用の解明と利用技術の開発

(2)昆虫・昆虫間、昆虫・植物間相互作用の解明と利用技術の開発

課題番号2006008616
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題B ゲノム情報と生体情報に基づく革新的農業生産技術の研究開発
大課題4)生物間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題(2)昆虫・昆虫間、昆虫・植物間相互作用の解明と利用技術の開発
小課題(2)昆虫・昆虫間、昆虫・植物間相互作用の解明と利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要(1)ツマグロヨコバイから吸汁加害に関係すると思われる唾液腺特異的に発現する新規のラッカーゼ遺伝子をクローニングした。(2)トビイロウンカに対して抵抗性を示すイネの抵抗性遺伝子Bph21の候補領域を約10cMに絞り込んだ。また唾液腺ESTクローン解析で数種のクラスターを見出した。(3)クワ乳液中の糖類似アルカロイドは、エリサン消化管でsucroseの分解・吸収を阻害し、各組織で昆虫の血糖であるtrehaloseの代謝を阻害し、エリサンの成長を阻害することを明らかにした。(4)エリサン消化液中のプロテアーゼに抵抗性を示すクワ乳液中の新規タンパク質が、エリサンに対して顕著な成長阻害活性を持つことを明らかにした。(5)タイリクヒメハナカメムシのマイクロサテライトマーカーの遺伝子頻度解析により、市販されている生物農薬個体を野外個体群から識別することが可能となった。(6)蛍光プライマーを用いたPCRもしくはPCR-RFLPによって、カブリダニが捕食したハダニ種の識別を可能とし、カブリダニが野外で何を捕食しているかを実証することを可能とした。(7)アワヨトウ6齢幼虫の受傷組織と血球由来細胞から二つの連続継代性細胞系を樹立した。(8)ゴマダラカミキリの誘引物質は、植物から揮発する物質が体表に吸着されて獲得されることを証明した。(9)サムライアリは奴隷クロヤマアリと同一の体表炭化水素組成を示したが,この体表炭化水素は奴隷種から獲得したものと考えられた。(10)リュウキュウクロコガネの野外雌の集合は、フェロモン放出雌の周囲に雌他個体が順次着地して形成された。実験結果と合わせて、フェロモン放出量の少ない雌も集合に加わることによって雄を獲得するチャンスを増やしていると推定された。また、雌雄成虫の触角に数種の錐状感覚子と楯状感覚子が認められ、感覚子の受容細胞からフェロモンの応答が記録された。
研究分担農業生物資源研究所 昆虫ー昆虫・植物間相互作用研究U
予算区分技会交付金研究 技会交付金プロ 委託・バイテク先端技術[グリーンテクノ] 委託・バイテク先端技術[昆虫テクノロジー] 委託・作物対応研究[生物機能] 技会・その他 文科省[科研費]
業績(1) Defense characteristics of seral deciduous broad-leaved tree seedlings grown under differing levels of CO2 and nitrogen
(2) Genetic diversity in field and commercial populations of Orius strigicollis (Poppius) (Heteroptera: Anthocoridae) measured by microsatellite markers
(3) Potential of Haplothrips brevitubus (Karny) (Thysanoptera: Phlaeothripidae) as a predator of mulberry thrips Pseudodendrothrips mori (Niwa) (Thysanoptera: Thripidae)
(4) 微小脳におけるにおい情報処理と解析
(5) Effects of laboratory rearing conditions on the predatory mite Neoseiulus womersleyi (Schicha) (Acari: Phytoseiidae): I. Genetic diversity
(6) Molecular cloning of [Thr4, His7]-corazonin (Apime-corazonin) and its distribution in the central nervous system of the honey bee Apis mellifera (Hymenoptera: Apidae)
(7) C-prolinylquercetins from the yellow cocoon shell of the silkworm, Bombyx mori
(8) Intraspecific variation in the olfactory response of the predatory mite Neoseiulus womersleyi Schicha (Acari: Phytoseiidae) to different amount of spider mite-infested plant volatiles
(9) Effects of laboratory rearing conditions on the predatory mite Neoseiulus womersleyi (Schicha) (Acari: Phytoseiidae): II. Olfactory response
(10) Identification of spider mites (Acari: Tetranychidae) by DNA sequences: A case study in Northern Vietnam
(11) Cuticular hydrocarbons of Formica truncorum (Hymenoptera: Formicidae): Description of new very long chained hydrocarbon components
(12) Conditioned olfactory responses of a predatory mite, Neoseiulus womersleyi, to volatiles from prey-infested plants
(13) Reinvestigation of sex pheromone components and attractiveness of synthetic sex pheromone of the pink borer, Sesamia inferens Walker (Lepidoptera: Noctuidae) in Okinawa
(14) Genetic variation in foraging traits and life-history traits of the predatory mite Neoseiulus womersleyi (Acari: Phytoseiidae) among isofemale lines
(15) Binding mode of the first aminoacyl-tRNA in translation initiation mediated by Plautia stali intestine virus internal ribosome entry site
(16) Gomadalactones A, B, and C: novel 3-oxabicyclo[3.3.0]octane compounds in the contact sex pheromone of the white-spotted longicorn beetle, Anoplophora malasiaca
(17) Collection and quantification of airborne pheromone from individual females of the black chafer Holotrichia loochooana loochooana (Coleoptera: Scarabaeidae): Heterogeneity of feral females in respect to pheromone release
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092976
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat