(3)昆虫・微生物間相互作用の解明と利用技術の開発

(3)昆虫・微生物間相互作用の解明と利用技術の開発

課題番号2006008617
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題B ゲノム情報と生体情報に基づく革新的農業生産技術の研究開発
大課題4)生物間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題(3)昆虫・微生物間相互作用の解明と利用技術の開発
小課題(3)昆虫・微生物間相互作用の解明と利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要(1)Bt菌抵抗性遺伝子のマッピングを進め、ほぼ1Mbpの領域まで絞り込んだ。(2)Beauveria菌の連関検索の準備を進めた。感染機構解明の一環として、感染によるプラズマ細胞の減少を認めた。(3)ウイルス感染増進物質であるフゾリンタンパク質をバキュロウイルスで発現させ、感染増進活性とキチン結合能を明らかにした。(4)ウンカの酵母様共生菌の経卵伝播を詳細に観察し、卵巣組織の一部で形態変化が起こることを明らかにした。(5)PCRを利用して、ウイルス媒介ヌカカ重要種3種の識別を可能にした。(6)宿主にメス化を起こすウォルバキア細菌を一部殺すことにより雌雄間性個体を作らせることができた。(7)ツマグロヨコバイのEST解析を開始し、微生物ゲノム解析の準備を行った。
研究分担農業生物資源研究所 昆虫・微生物間相互作用研究U
予算区分技会交付金研究 技会交付金プロ 委託・バイテク先端技術[昆虫テクノロジー] 文科省[科研費]
業績(1) Hidden cellulases in termites: revision of an old hypothesis
(2) Binding of Cry1Ab toxin, a Bacillus thuringiensis insecticidal toxin, to proteins of the bovine intestinal epithelial cell: An in vitro study
(3)ムカシシロアリの内源性および後腸原生生物起源セルラーゼ
(4)コクヌストモドキJHAMT遺伝子のクローニングとRNAiによる機能解析
(5)Comprehensive analysis of gene expression induced by 20-hydroxyecdysone (20E) in the silkworm brain: Analysis with microarray
(6)Silkworm EST clustering based on BLAST and PhredPhrap
(7)昆虫ポックスウイルス fusolin 遺伝子のバキュロウイルス発現系の確立と発現タンパク質の核多角体病ウイルス感染力の増進活性
(8)ウンカおよびハダニにおける細胞内共生細菌CLOの感染状況と検出プライマーの検討
(9)Genomic researches of agricultural pests toward novel targets
(10)シロアリによるセルロース分解:セルラーゼ研究,セルラーゼ精製法,cDNAクローニング法の改良
(11)電気泳動法による昆虫セルラーゼの精製
(12)トビイロウンカのESTデータベースから検出した精巣特異的に発現するエステラーゼ遺伝子の解析
(13)半翅目昆虫由来エクダイソンリセプターおよびウルトラスピラクルのクローニングとそれらを利用した殺虫スクリーニング系の開発
(14)Bt毒素Cry1Ab、Cry1Ac、Cry1Cに対するカイコの感受性の比較
(15)核多核体病(BmNPV)に感染したカイコのフンに病原は出現するか?−第3報−
(16)Effects of Wolbachia and CLO on reproductive traits of Japanese spider mite species
(17)ニ酸化塩素水溶液の蚕病病原に対する不活化効果とその実用化に向けて
(18)ツマグロヨコバイ唾液腺に由来するラッカーゼ-1遺伝子の各組織での発現量の差異と大腸菌による発現
(19)Wolbachia-induced cytoplasmic incompatibility in japanese populations of Tetranychus Urticae
(20)Insect genome studies and genome-based insecticide discovery
(21)Carboxylesterase gene expressed specifically in the testis of the brown planthopper Nilaparvata lungens
(22)昆虫ポックスウイルス(EPV)封入体のEPV宿主囲食膜への作用の検討
(23)Wolbachiaに感染しながらも正常性比のままでいるリュウキュウムラサキHypolimnas bolinaの系統が近年以降日本における同種個体群中で圧倒的多数となってきている
(24)昆虫ウイルスRNA IGR-IRESの18S rRNA helix18の機能構造への影響
(25)バキュロウイルス発現系で発現させたフゾリンによる昆虫ポックスウイルス感染力の増進
(26)RNAiによるトビイロウンカ精巣特異的エステラーゼの阻害
(27)トビイロウンカの相変異に関わる遺伝子の探索
(28)次亜塩素酸ナトリウムおよび電解水による数種蚕病病原体の不活化試験
(29)日本での単性系リュウキュウムラサキの年代別個体数の推移
(30)ヌカカの分子学的な種の識別:ITS領域およびミトコンドリア遺伝子
(31)トビイロウンカESTデータベースを用いた唾液腺タンパク質解析
(32)アルボウィルスを媒介するヌカカ属CulicoidesのITS領域およびミトコンドリア領域の解析
(33)集団飼育および個体飼育におけるトビイロウンカの発現タンパク質変動
(34)生物資源としての昆虫共生菌
(35)シロアリ内源性セルラーゼのリコンビナント生産(総括)
(36)Bt毒素Cry1Acに対するカイコの抵抗性
(37)抗生物質処理による間性個体の出現から見えてきた Wolbachia によるメス化の時期
(38)蚊とダニの細胞内共生細菌−Wolbachia,CLO,rickettsia,spiroplasma−
(39)開始コドンを必要としない昆虫ウイルスIRESを用いたタンパク質合成系の研究:3'UTRの必要性
(40)電子顕微鏡によるドウガネブイブイ及びカイコ幼虫の囲食膜の観察
(41)Bt菌の数種Cry1毒素およびCry2Aa毒素に対するカイコの感受性変異について
(42)EST analysis of a rice pest, the brown planthopper Nilaparvata lugens
(43)バキュロウイルス発現系で生産した昆虫ポックスウイルス封入体タンパク質fusolinの精製と核多核体病ウイルスの感染力増進活性について
(44)トビイロウンカ虫体でのRNAi
(45)トビイロウンカのEST解析と組織特異的発現遺伝子
(46)Toward planthopper gene functional studies
(47) Characterization of the 5' internal ribosome entry site of Plautia stali intestine virus
(48)昆虫類の性や生殖を操作する細胞内共生細菌:WolbachiaとCardinium 産学官連携
(49)Bacillus Thuringiensisの産生するCry1Ab毒素に対するカイコの抵抗性遺伝子について
(50)BT剤に有効な紫外線(UV)保護剤の室内評価法について
(51)トビイロウンカのRNAi
(52) Eukaryotic ribosomal protein RPS25 interacts with the conserved loop region in a dicistroviral intergenic internal ribosome entry site
(53) Symbiotic Archaezoa of the primitive termite Mastotermes darwiniensis still play a role in cellulase production
(54)新規な翻訳活性促進高次構造
(55) Detection and identification of phytotoxic substances from mulberry leaves inoculated with Myrothecium verrucaria,apathogen of Myrothecium leaf spot of mulberry Sericologia:
(56) Molecular phylogeography of two sibling species of Eurema butterflies
(57) Multiple coding sequences for the genome-linked virus protein (VPg) in dicistroviruses
(58) In vitro cultivation and antibiotic susceptibility of a Cytophaga-like intracellular symbiote isolated from the tick Ixodes scapularis
(59) Scanning electron microscopic observations of the peritrophic membrane in silkworm (Bombyx mori) larvae
(60) Spindles of an entomopoxvirus facilitate its infection of the host insect by disrupting the peritrophic membrane
(61) Cardinium symbionts cause cytoplasmic incompatibility in spider mites
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092977
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat