(2)健康機能性作物や有用物質高度生産技術の開発

(2)健康機能性作物や有用物質高度生産技術の開発

課題番号2006008620
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題C バイオテクノロジーを活用した新たな生物産業の創出を目指した研究開発
大課題1)バイオテクノロジーによる有用物質生産技術の開発
中課題(2)健康機能性作物や有用物質高度生産技術の開発
小課題(2)健康機能性作物や有用物質高度生産技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要(1)マウスの経口摂取実験により血糖値低下効果の確認された mGLP-1遺伝子を導入した糖尿病予防米に関しては、再度有効性確認準備を進めるとともに、マーカーフリー系統に関しては世代を進め、遺伝的に固定化した。高血圧抑制やコレステロール値低下機能を有する組換え米の開発では、血圧抑制機能や血清コレステロール値低下機能を有するペプチドを高度に蓄積させることの可能な遺伝子の構築と遺伝子導入を進めるとともに、選抜マーカーをALS遺伝子に変更した組換えイネの開発を進めた。CoQ10高発現米の開発では、発現プロモーターを胚特異的プロモーターや、巨大胚系統に導入した組換え米を作出し、後者において従来のものより2〜3倍の高度蓄積系統の開発に成功した。(2)スギ花粉症緩和米については、今年度生物研隔離圃場で二期作栽培を行って生物多様性影響評価試験を行い、環境に影響を与えないことを確認した。さらに動物への経口摂食試験を行い、遺伝毒性や慢性毒性、発生や生殖毒性への影響がないことを確認した。ダニ抗原の一部を導入したダニアレルギー緩和米の開発では、マウスに経口投与して、スギ花粉症緩和米と同様に、免疫寛容を誘導できることを明らかにした。米アレルゲン低下米やアルツハイマーワクチン米では目的とする遺伝子を導入した組換え米を作出した。(3)医療用の物質生産システムの開発では、外来遺伝子産物の集積を高めるための方法としてRSISを用いた簡便な遺伝子発現制御法を開発し、各種の内在の貯蔵タンパク質の発現を抑えた組換えイネを作出した。さらに外来の遺伝子産物を高度に蓄積させる候補として種子蛋白質を多く含む品種の遺伝資源を検索し、種子蛋白質含量を測定し高蛋白質含有品種を選別した。
研究分担農業生物資源研究所 遺伝子組換え作物開発センター
予算区分技会交付金研究 技会交付金プロ 委託・バイテク先端技術[グリーンテクノ] 委託・バイテク先端技術[アグリバイオ] 技会・その他
業績(1) Synergism between RPBF Dof and RISBZ1 bZIP activators in the regulation of rice seed expression genes
(2) The correlation between expression and localization of a foreign gene product in rice endosperm
(3) Promoter shuffling at a nuclear gene for mitochondrial RPL27. involvement of interchromosome and subsequent intrachromosome recombinations
(4) A transgenic rice seed accumulating an anti-hypertensive peptide reduces the blood pressure of spontaneously hypertensive rats
(5) Endosperm tissue is good production platform for artificial recombinant proteins in transgenic rice
(6) High accumulation of bioactive peptide in transgenic rice seeds by expression of introduced multiple genes
(7) Molecular breeding for transgenic rice with low-phytic-acid phenotype through manipulating myo-inositol 3-phosphate synthase gene
(8) Biochemical safety evaluation of transgenic rice seeds expressing T cell epitopes of Japanese cedar pollen allergens
(9)遺伝子組換え手法によるスギ花粉ペプチド含有米の開発
(10)Relationship between expression level and localization of foreign gene product in endosperm of rice
(11)Allergen-specific immunotherapy for pollinosis using seed-based edible peptide vaccine
(12)経口投与により血圧降下機能を示す高血圧緩和米の開発
(13)イネ由来1点変異型ALS遺伝子を選抜マーカーとしたコシヒカリ系統a123 の形質転換
(14)Development of transgenic rice seeds with new functions to control life-related diseases and allergic diseases
(15)健康機能性米の開発状況
(16)日本で開発が進む健康機能をもつ組換え作物
(17)Development of Coenzyme-Q10-enriched rice seeds by engineering the isoprenoid side chain
(18)コエンザイムQ10強化米の開発-遺伝子組換え手法を用いて
(19)スギ花粉症緩和米の隔離ほ場栽培における生物多様性影響評価-昆虫に対する影響-
(20)スギ花粉症緩和米の平成17年度隔離ほ場栽培試験について
(21)健康機能性を付与したイネ種子の開発戦略
(22)Involvement of rice DOF transcription factors in activation of seed storage protein genes by combinatorial interactions with RISBZ1 b-ZIP activator
(23)イネ胚乳中での外来遺伝子産物の局在と蓄積量について
(24)外来遺伝子産物を植物の種子中に高度に蓄積させる方法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092980
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat