b 木質バイオマスの変換・利用技術及び地域利用システムの開発

b 木質バイオマスの変換・利用技術及び地域利用システムの開発

課題番号200709678
研究機関名森林総合研究所
研究期間2006-2010
年度2007
大課題(ア)地球温暖化対策に向けた研究
中課題b 木質バイオマスの変換・利用技術及び地域利用システムの開発
小課題b 木質バイオマスの変換・利用技術及び地域利用システムの開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するため取るべき措置
中項目(1)重点研究領域
摘要バイオマスのエネルギー利用を目的に、アルカリ前処理によるエタノール製造技術の実証化事業に関するデータ蓄積を行ない、スギ樹皮やレゾルシノール接着剤を含む針葉樹合板もエタノール原料として使用可能であることを明らかにし、廃オイルパーム幹の樹液からのバイオエタノール製造に関しては世界で初の実証化事業を進めるに至った。また、リグニン利用による鉛電池の充電性能改善では企業での実用化試験を行い、木粉・プラスチック複合材(WPC)については、耐候性及び耐久性とそれに及ぼす水分吸収性の影響を明らかにしたことにより、その結果が我が国における2番目の環境JISであるJIS A 5741「木材・プラスチック再生複合材」に反映された。さらに、地域利用システムの開発に向けて、森林資源の収穫システムとして全木方式が有用であることを示し、チッパー機構を付加したプロセッサと圧縮機構を付加したフォワーダのバイオマス用林業機械について企業との共同開発を行うに至った。また、LCAを活用した木質バイオマスの効率的なエネルギー利用では、木質バイオマスと石炭との混焼が木質バイオマス高効率利用の一つであることを明らかにした。
研究分担森林総合研究所,企画部
予算区分技会・その他 林野庁交付金 林野庁・その他 文科省[科研費] 文科省・その他 経産省・NEDO競争的資金 経産省・その他 環境省競争的資金
業績(1)ASEAN諸国における木質バイオマスの利活用
(2)A kinetic study of in situ CO2 removal gasification of woody biomass for hydrogen production(水素製造のための木質バイオマスのCO2吸収ガス化における速度論的解析)
(3)Molecular properties of 2-pyrone-4,6-dicarboxylic acid (PDC) as a stable metabolic intermediate of lignin isolated by fractional precipitation with Na+ ion(ナトリウムイオンとの相互作用を利用して単離したリグニン代謝中間体(2-ピロン-4,6-ジカルボン酸)の特性)
(4)林業作業におけるエネルギー投入量とCO2排出量
(5)Chemical analysis of the product in acid catalyzed solvolysis of cellulose using polyethylene glycol and ethylene carbonate(ポリエチレングリコールとエチレンカーボネートを使用したセルロースの酸触媒加溶媒分解生成物の化学分析)
(6)亜臨界水による木材のケミカルリサイクル
(7)欧州における木質バイオマスエネルギー利用拡大の背景
(8)森林・林業とバイオ燃料−インドネシアの事例を中心に−
(9)Polyesters of 2-pyrone-4,6-dicarboxylic Acid (PDC) obtained from a metabolic intermediate of lignin(リグニンの代謝中間体から得られる2-ピロン-4,6-ジカルボン酸のポリエステル)
(10)Reactivity of ethylene carbonate and glycols as solvolysis reagents of lignocellulose(リグノセルロースの加溶媒分解試薬としてのエチレンカーボネートとグリコール類の反応性)
(11)木質系バイオマスを原料としたバイオエタノール生産のためのアルカリ前処理(第1報)アルカリ前処理としてのソーダ蒸解条件の検討
(12)落雷によるヒノキ人工林の集団枯損被害
(13)地球温暖化防止と木材利用
(14)国産材価格を考慮した利用間伐による森林バイオマス搬出可能量の推定
(15)アセアン諸国における木質バイオマスの利活用
(16)超臨界水および亜臨界水処理による木材の高速糖化技術
(17)木材・プラスチック複合材(WPC)の現状と問題点
(18)役に立つ林業を活発に
(19)役に立つ林業を活発に
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093007
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat