a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発

a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発

課題番号200709679
研究機関名森林総合研究所
研究期間2006-2010
年度2007
大課題(イ)森林と木材による安全・安心・快適な生活環境の創出に向けた研究
中課題a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発
小課題a 生物多様性保全技術及び野生生物等による被害対策技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するため取るべき措置
中項目(1)重点研究領域
摘要小笠原の外来種問題では、小笠原諸島において外来種であるグリーンアノールの捕食により、小笠原固有のトンボ類、固有のチョウ類、固有ハナバチ類などの昆虫類が激減していることの管理対策として、グリーンアノールの個体群動態モデルを試作し、地域的根絶に必要な条件を明らかにした。また、外来クマネズミの根絶事業に我が国ではじめて成功した。オオタカ問題では、保全地域指定のための生息地予想マップを完成させ、ナラ枯損ではカシノナガキクイムシの防除技術開発のため、おとり木トラップ法という新たな防除手段を開発した。また、獣害対策では、サルに対する有効な追い上げ方法として飼い犬を用いる方法やそれらを総合化したマニュアルを作成し、モデル地域で試行して普及に努めるなど現場技術としての定着を図り、当該地域では新聞やテレビ等で多数報道された。
研究分担森林総合研究所,企画部
予算区分高度化事業 技会・その他 林野庁交付金 文科省[科研費] 環境省競争的資金 環境省・その他 その他
業績(1)Dwarf bamboo as an ecological filter for forest regeneration (森林更新の生態的フィルターとしてのササ)
(2)Male territorial behaviour of the endemic large carpenter bee, Xylocopa (Koptortosoma) ogasawarensis (Hymenoptera: Apidae), on the oceanic Ogasawara Islands
(3)Rapid decline of endemic snails in the Ogasawara Islands, Western pacific ocean(太平洋の海洋等の一つである小笠原諸島における固有陸産貝類の急激な減少)
(4)Reduction of Bursaphelenchus xylophilus (Nematoda: Parasitaphelenchidae) population by inoculating Trichoderma spp. into pine wilt-killed trees(マツ枯死木へのTrichoderma属菌接種によるマツノザイセンチュウ個体数の減少)
(5)日本新産のセンニンゴケ科地衣、コナセンニンゴケDibaeis sorediata
(6)Genetic differentiation of the pine wilt disease vector, Monochamus alternatus over the mountain range in Japan - revealed from microsatellite DNA markers.(マイクロサテライトマーカーの利用により明らかになった,マツ材線虫病媒介者であるマツノマダラカミキリの遺伝的分化)
(7)Flower-visiting behavior of male bees is triggered by nectar-feeding insects
(8)Germination characteristics of a pioneer shrub, Stachyurus praecox (Stachyuraceae) (キブシの発芽特性)
(9)Sex expression and reproductive biology of Stachyurus praecox (Stachyuraceae) (キブシの性表現と繁殖生態)
(10)Low genetic diversities in isolated populations of the Asian black bear (Ursus thibetanus) in Japan, in comparison with large stable populations(ツキノワグマ孤立個体群の安定した大きい個体群と比べて低い遺伝的多様性)
(11)Genetic diversity of an endangered plant, Cypripedium macranthos var. rebunense (Orchidaceae): background genetic research for future conservation. (絶滅危惧種レブンアツモリソウ(ラン科)の遺伝的多様性、保全のための遺伝研究の背景として)
(12)アジアのクマの現状と将来
(13)クマダスで被害の未然防除−出没メカニズムと出没予測手法の研究−.
(14)クマ大量出没の謎.
(15)The evolutionary history of mycorrhizal specificity among lady’s slipper orchid.(アツモリソウ属植物の共生菌の進化史)
(16)ツキノワグマ.
(17)Spatial estimation of sika deer population density disribution
(18)西岳国有林におけるヤツガタケトウヒの種子生産と実生数の年変化
(19)ニホンザルの追い上げマニュアル
(20)ニホンザルの追い上げ事例集
(21)富山県立山町におけるツキノワグマ出没エリアの環境解析
(22)Foraging interactions between native and exotic bumblebees: Enclosure experiments using native flowering plants(在来種と外来種のマルハナバチの間の採餌相互作用:在来開花植物を用いた閉鎖系実験)
(23)Isolation of Bursaphelenchus sinensis (Nematoda: Parasitaphelenchidae) from dead Japanese black pine, Pinus thunbergii Parl. in Japan.
(24)Effects of flowering tree-density on mating system and gene flow in Shorea leprosula (Dipterocarpaceae) in Peninsular Malaysia.(マレー半島のフタバガキ科Shorea leprosulaも開花密度が交配様式及び遺伝子流動に与える影響)
(25)菌床シイタケ害虫ナガマドキノコバエの産卵数
(26)Size-related flowering and fecundity in the tropical canopy tree species, Shorea acuminata (Dipterocarpaceae) during two consecutive general flowerings.(2回の一斉開花時におけるフタバガキ科Shorea acuminataの樹体に応じた開花と結実量)
(27)Nest-site selection of northern goshawks and Eurasian sparrowhawks in a fragmented land scape in northern Japan.
(28)まとめ−アジアでの協同に向けて−.
(29)Development of microsatellite markers for Dryobalanops aromatica (Dipterocarpaceae), a tropical emergent tree in Southeast Asia. (東南アジアの高木であるフタバガキ科Dryobalanops aromaticaのマイクロサテライトマーカー開発
(30)Flower-visiting behavior of male bees is triggered by nectar-feeding insects (雄ハチの訪花行動は蜜採餌中の昆虫によって引き起こされる)
(31)Description of Neodiplogaster crenatae sp. n. and N. acaloleptae sp. n.(Nematoda:Diplogastridae) from Japan.(日本で発見された新線虫2種、Neodiplogaster crenatae sp. n. and N. acaloleptae sp. n)
(32)Bursaphelenchus doui Braasch, Gu, Burgermeister & Zhang, 2005 (Aphelenchida: Parasitaphelenchidae), an associate of Monochamus subfasciatus Bates (Coleoptera: Cerambycidae) and Pinus densiflora Sieb. & Zucc.(ヒメヒゲナガカミキリとアカマツの関連線虫Bursaphelenchus doui)
(33)Bursaphelenchus eroctatus n. sp. (Nematoda: Parasitaphelenchidae) isolated from dead Japanese black pine, Pinus thunbergii Pars.
(34)Bursaphelenchus clavicauda n. sp. (Nematoda:Parasitaphelenchidae) isolated from Cryphalus sp. emerged from a dead Castanopsis cuspidata (Thunb.) Schottky var. sieboldii (Makino) Nakai in Ishigaki Island, Okinawa, Japan(石垣島のコキクイムシから分離された新種Bursaphelenchus clavicauda)
(35)Bursphelenchus clavicauda n. sp. (Nematoda: Parasitaphelenchidae) isolated from Cryphalus sp. emerged from a dead Castanopsis cuspidata (Thunb.) Schottky var. sieboldii (Makino) Nakai in Ishigaki Island, Okinawa, Japan(石垣島のスダジイ枯死木から脱出したコキクイムシから分離した新種Bursaphelenchus clavicauda)
(36)Estimation of virulence of Bursaphelenchus xylophilus (Nematoda: Aphelenchoididae) based on its reproductive ability.(マツノザイセンチュウの増殖力にもとづいた病原力の推測)
(37)Predator or disperser? A test of indigenous fruit preference of alien rats (Rattus rattus) on Nishi-jima (Ogasawara Islands) (捕食者か散布者か?小笠原諸島西島における外来種クマネズミの在来樹種果実への選好性実験)
(38)A preliminary study on the overwintering of Pelopidas mathias (Fabricius) (Lepidoptera, Hesperiidae) in the northern Kanto region, central Japan(関東地方北部におけるチャバネセセリ幼虫の越冬に関する予備的研究)
(39)森林資源の研究開発
(40)スギ集団葉枯症発生林分の葉の栄養状態
(41)北海道における択伐が原生的な亜寒帯針広混交林のカミキリムシ相とキクイムシ相に及ぼす影響
(42)The distribution of seabirds in the Bonin Islands, Southern Japan
(43)分布北限域におけるイヌブナの生態地理
(44)人間の危機を救う、生物の多様性
(45)カシノナガキクイムシ穿入枯死木に対する各種菌類の植菌
(46)草地・森林の変遷とチョウ類の保全
(47)山梨県における材線虫病被害とニホンリスの生息状況
(48)段戸モミ、ツガ植物群落保護林の34年間の林分動態
(49)環境影響評価によるオオタカ保全の限界とそれに代わる個体群保全プラン
(50)小笠原諸島における絶滅危惧種オガサワラグワMorus boninensis Koidz. の保全遺伝学と保全計画の立案
(51)フンカゴ法によるシカ糞の分解過程の定量評価
(52)日本のツキノワグマの生息状況-遺伝学-
(53)本州以南の食肉目3種による木本果実利用の文献調査
(54)栃木県におけるオオタカ雄成鳥の行動圏の季節変化
(55)病原菌の媒介甲虫カシノナガキクイムシ
(56)野生動物の保護と管理
(57)奄美大島の森林におけるイヌの食性:特に希少種に対する捕食について
(58)小笠原諸島の侵入樹木アカギの生理生態的馴化および可塑性に関する研究
(59)樽前山山麓2004年18号台風風倒地における2007年度ヤツバキクイムシ類被害状況
(60)中国地方におけるニホンリスの生息状況
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093008
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat