b 木質系資源の機能及び特性の解明

b 木質系資源の機能及び特性の解明

課題番号200709686
研究機関名森林総合研究所
研究期間2006-2010
年度2007
大課題(ア)新素材開発に向けた森林生物資源の機能解明
中課題b 木質系資源の機能及び特性の解明
小課題b 木質系資源の機能及び特性の解明
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するため取るべき措置
中項目(1)重点研究領域
摘要細胞壁を構成するペクチン生合成に関する糖転移酵素に係わる遺伝子を同定した。また、樹木精油のマウスの自律神経系調節作用においては、スギ葉油、タイワンヒノキ材油が腎臓交感神経、副腎交感神経、脾臓交感神経の活動抑制作用を示すこと、ベイヒバ材油、ヒバ材油は腎臓交感神経の活動興奮作用を示すことを明らかにした。さらに、心材成分であるフェルギノールは水が少ない部分に多く蓄積することを明らかにした。また、木材乾燥に関しては、乾燥過程で発生する廃液が有する高い植物生長抑制活性に関する知見や、製材品表面の端部と中央部の乾燥過程における解放ひずみ挙動をひずみゲージで測定する手法についての知見を得た。
研究分担森林総合研究所,企画部
予算区分基礎研究推進事業 林野庁交付金 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金
業績(1)エタノール及び乳酸並びにこれらの製造方法(旧名称:エタノール及び乳酸の製造方法)
(2)エタノール及び乳酸並びにこれらの製造方法(旧名称:エタノール及び乳酸の製造方法)
(3)Selection of Pleurotus pulmonarius from domestic basidiomycetous fungi for biodegradation of chlorinated dioxins as environmentally persistent organopollutants
(4)Variable wood formation and adaptation to the alpine environment of Ephedra pachyclada (Gnetales: Ephedraceae) in the Mustang district, western Nepal(西部ネパールにおけるマオウの木材組織と高山帯適応)
(5)Biotransformation of (+)-catechin into taxifolin by a two-step oxidation: Primary stage of (+)-catechin metabolism by a novel (+)-catechin-degrading bacteria, Burkholderia sp. KTC-1, isolated from tropical peat.(熱帯泥炭から新規に単離されたカテキン分解微生物Burkholderia sp. KTC-1株のカテキン代謝経路の初期反応はカテキンからタキシフォリンへの2段階酸化による生物変換である)
(6)Vibrational properties of wetwood of todomatsu (Abies sachalinensis Mast.) at high temperature
(7)The composotion of volatiles from tatami mats containing hinoki (Chamaecyparis obtusa) wood-wool and its decline over the long term(ヒノキ材スライス片を用いて作成した畳から放散される揮発性成分の組成とその長期的減少)
(8)Basic densities as a parameter for estimating the amount of carbon removal by forests and their variation (森林による炭素吸収量算定のためのパラメータとしての容積密度数とその変動)
(9)Chemical structure of kenaf xylan(ケナフキシランの構造)
(10)タンニン類の利用
(11)パームオイル産業に関わる木質廃棄バイオマスの利活用
(12)テルペン、香料
(13)The Antifungal Compound Totarol of Thujopsis dolabrata var. hondai Seeds Selects for Fungi on Seedling Root Surfaces (ヒノキアスナロの抗菌物質であるトタロールは実生の根表面における菌を選択する)
(14)The ectopically parting cells 1-2 (epc1-2) mutant exhibits an exaggerated response to abscisic acid. (異常なパーティング細胞ecp1-2変異株はアブシジン酸に対して過大に反応する)
(15)Unique structural characteristics of Nematic Ordered Cellulose?stability in water and its facile transformation.(ネマティックオーダーセルロースの特異的構造の解析?水中での安定性と簡便な結晶転移)
(16)Surface porosity of lignin/PP blend carbon fiber(リグニン/ポリプロピレンブレンド炭素繊維の表面の多孔性)
(17)Steroid 5α-reductase inhibitory activity of condensed tannins from woody plants(樹木由来縮合型タンニンの5α-リダクターゼ阻害活性)
(18)環境、有害物質
(19)樹皮の利用
(20)Thermoelectric properties of porous SiC/C Composites
(21)Changes in vibrational properties of wetwood of Japanese fir (Abies Sachalinensis, Mast.) with time during drying
(22)高速液体クロマトグラフ法を用いた過酸化水素定量法の検討
(23)液体クロマトグラフ法を用いた過酸化水素定量法の検討
(24)トドマツ水食い材の熱処理による強度特性と寸法の変化
(25)トドマツ水食い材の高温中の振動特性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093015
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat