(ア)主要水産資源の変動要因の解明

(ア)主要水産資源の変動要因の解明

課題番号200709691
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2007
大課題ア.水産資源の持続的利用のための管理技術の開発
中課題(ア)主要水産資源の変動要因の解明
小課題(ア)主要水産資源の変動要因の解明
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要主要資源の変動要因を解明し、資源評価及び資源動向予測の精度を向上させることにより、水産資源の持続的利用のための管理技術の開発を図ることを目的としている。19年度は、環境変動がカタクチイワシ資源の再生産に及ぼす影響の定量的把握、イワシ類の産卵戦略の相違点の把握、スケトウダラ日本海北部系群の加入量に及ぼす諸要因の把握、スルメイカ日本海系群の資源変動と南下回遊ルートの変化の関係把握、及びサンマの加入量推定精度の向上等の成果を確実にあげた。
研究分担水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,資源評価研究室
水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,生態系研究室
水産総合研究センター,東北区水産研究所,八戸支所,資源生態研究室
水産総合研究センター,東北区水産研究所,海区水産業研究部,沿岸資源研究室
水産総合研究センター,東北区水産研究所,混合域海洋環境部,生物環境研究室
水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海海洋環境部,生物生産研究室
水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海漁業資源部,資源生態研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部,生態特性研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,浅海増殖部,浅海生態系研
水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部,生理特性研究室
水産総合研究センター,遠洋水産研究所,温帯性まぐろ資源部,生物特性研究室
水産総合研究センター,遠洋水産研究所,外洋資源部,南大洋生物資源研究室
水産総合研究センター,遠洋水産研究所,外洋資源部,外洋いか研究室
水産総合研究センター,遠洋水産研究所,熱帯性まぐろ資源部,熱帯性まぐろ研究室
水産総合研究センター,遠洋水産研究所,外洋資源部,鯨類生態研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,東シナ海漁業資源部,資源生態研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,石垣支所,漁業資源研究室
水産総合研究センター,さけますセンター,さけます研究部,資源研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,東シナ海漁業資源部,資源生態研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,東シナ海漁業資源部,資源生態研究室
協力分担関係富山県水産試験場
石川県水産総合センター
福井県水産試験場
鹿児島県水産技術開発センター
三重県科学技術振興センター
高知県水産試験場
宮崎県水産試験場
東海大学
九州大学
予算区分高度化事業 水産庁交付金 水産庁・その他 文科省[科研費] その他
業績(1)PICES-MIEにおけるマイクロネクトン採集標準化試験
(2)Temperature-dependent stock-recruitment model for walleye pollock (Theraga chalcogramma) around northern Japan
(3)The rate of energy depletion and overwinter mortality of juvenile walleye pollock in the cold water
(4)Catch forecasting and relationship between water temperature and catch fluctuations in snow crab Chionoecetes opilio in the western Sea of Japan
(5)Age validation and growth variability of Japanese flounder Paralichthys olivaceus off the Pacific coast of northern Japan
(6)Immunohistochmicak localization of three GnRH systems in brain and pituitary of Japanese flounder
(7)Evidence for the grazing hypothesis: Grazing reduces phytoplankton responses of the HNLC ecosystem to iron enrichment in the western subarctic Pacific (SEEDS II)
(8)Distribution, life history and production of three species of Neomysis in Akkeshi-ko estuary, northern Japan
(9)A rapid analysis of copepod grazing using the FlowCAM
(10)Population genetic structure and effective poplation size of ayu (Plecoglossus altives), an amphidromous fish.
(11)Characterizing spawning habitats of Japanese sardine (Sardinops melanostictus), Japanese anchovy (Engraulis japonicus), and Pacific round herring (Etrumeus teres) in the Northwestern Pacific.
(12)Limitation of early seaward migration success in apmhidromous fishes.
(13)Optimal growth temperature hypothesis: Why do anchovy flourish and sardine collapse or vice versa under the same ocean regime?
(14)Population genetic structure and effective population size of ayu (Plecoglossus altivelis), an amphidromous fish.
(15)Predator-specific growth-selective predation on larval anchovy
(16)Spawning pattern and type of fecundity in relation to ovarian allometry in the round herring Etrumeus teres.
(17)Spawning seasons of adult and growth of 0-year-old deepsea smelt Glossanodon semifasciatus in Tosa Bay, Pacific coast of Shikoku.
(18)アユ孵化仔魚の塩分耐性評価法に関する提案
(19)気候変動からマイワシ資源変動に至る生物過程 (勝川俊雄・山川卓 (編) 特集 マイワシ資源の変動と利用 第I部. マイワシの資源動態)
(20)相模湾砂質浅海域における底魚群集の生物生産構造
(21)Characterizing spawning habitats of Japanese sardine (Sardinops melanostictus), Japanese anchovy (Engraulis japonicus), and Pacific round herring (Etrumeus teres) in the Northwestern Pacific.
(22)2004年2-3月に得られた岩手沖のハタハタは日本海から来遊した
(23)ベニズワイ Chionoecetes japonicus 雄の相対成長の変化と最終脱皮の可能性
(24)日本海大和堆北東部におけるベニズワイの深度分布と移動
(25)日本における大型クラゲの大量出現とその対策
(26)ベニズワイ漁業および資源に対する北部日韓暫定水域設定の影響と今後の資源管理方策
(27)Seasonal changes in distribution and abundance of euphausiids in the coastal area of north-eastern Japan
(28)Sesonal and interannual variations in abundance of Euphausia pacifica off north-eastern Japan
(29)卵巣の組織学的観察による中西部熱帯太平洋におけるカツオの成熟と産卵生態の推定
(30)中西部太平洋熱帯域のカツオ卵巣に観察された微胞子虫様寄生体
(31)Vertical distribution of euphausiids off northeastern Japan
(32)Feeding habits of the blue shark, Prionace glauca, and salmon shark, Lamna ditropis, in the transition region of the Western North Pacific
(33)A approach to resolving cephalopod movement and migration patterns.
(34)Validation of daily ring formation in sagittal otoliths of late juvenile skipjack tuna Katsuwonus pelamis
(35)Molecular evidence for synonymy of the genera Moroteuthis and Onykia and identification of their paralarvae from northern Hawaiian waters.
(36)Variations in the instantaneous mortality rate between larval patches of Pacific bluefin tuna Thunnusorientalis in the northwestern Pacific Ocean
(37)Prey selection ofcommon minke (Balaenoptera acutorostrata) and Bryde's (Balaenopteraedeni) whales in the western North Pacific in 2000 and 2001.
(38)Ethical and welfare considerations when using cephalopods as experimental animals.
(39)Diet composition and feeding habits of Trachurus japonicus and Scomber spp. larvae in the shelf break region of the East China Sea
(40)Size and spatial arrangement of home range of checkered snapper Lutjanus decussatus (Lutjanidae) in an Okinawan coral reef determined using a portable GPS receiver
(41)Suggestion of management measures for two walleye pollock stocks around northern Japan
(42)戸切地川上流におけるサケ科魚類3種の動向:2002〜2007年
(43)大きい魚は冷たい水を好む:体サイズに依存した最適成長水温
(44)Dynamics of Kuroshio/Oyashio ecosystem: an overview
(45)Conceptual mechanisms linking physical and biological oceanography to population dynamics of key species in the Kuroshio/Oyashio Current System
(46)Effects of decadal-scale climate change and fishing on Kuroshio/Oyashio pelagic ecosystem - implications on fisheries management
(47)長期的な気候変動と漁獲に対する海洋生態系の応答
(48)レジームシフトを考慮した水産資源管理
(49)Early life history and stock fluctuation of winter cohort of Japanese common squid
(50)A method to accurately estimate the daily spawning fraction of Japanese flounder Paralichthys olivaceus
(51)Effect of body size, condition and growth on sexual maturation of Japanese flounder, Paralichthys olivaceus off the Pacific coast of northern Japan
(52)ヒラメ仔稚魚の耳石微細構造と輪紋形成様式
(53)東北地方太平洋岸南部海域におけるヒラメ卓越年級群(2005年級群)の発生
(54)太平洋岸南部におけるマアジの加入過程
(55)仙台湾・常磐海域におけるヒラメ科浮遊期仔魚の水平および鉛直分布
(56)耳石輪紋間隔から評価した若狭湾と仙台湾・常磐海域におけるヒラメ浮遊期仔魚の成長の違い
(57)若狭湾と仙台湾・常磐海域におけるヒラメ浮遊期仔魚の成長依存減耗
(58)繁殖特性の時空間的変異が個体群動態へ及ぼす影響
(59)異体類の生物特性変化
(60)水温と産卵時刻頻度分布を考慮したヒラメの産卵頻度推定
(61)同一環境下で飼育された東北太平洋沿岸産ヒラメ当歳魚における成長特性の地理的変異
(62)ベイズ型VPAのマアジ漁獲データへの適用.
(63)Relevant oceanographic features characterizing the spawning grounds of bluefin tuna in the Pacific Ocean
(64)銚子・九十九里海域におけるヒラメの年齢と成長-耳石を用いた年齢査定法の精査-
(65)千葉県館山湾におけるアイゴの資源生態3.年齢と成長
(66)Body density increase of conger eel larvae in the process of inshore migration
(67)マアナゴ葉形仔魚の能動性〜比重調整と遊泳能力
(68)黒潮域表層流によるイワシ類卵仔魚輸送の年々変動特性
(69)マイワシ太平洋系群(2003 年−2005 年)へのFRA-JCOPE を用いた加入モデルの適用
(70)沿岸域におけるアユの栄養・食物網
(71)黒潮の流量変動とイワシ類の再生産
(72)日高湾東部陸棚上の日周潮流 −スケトウダラ0 歳魚の東方移動は日周潮流に起因するか?−
(73)衛星海面高度計を用いたイワシ類卵仔魚の輸送経路の特徴
(74)紀伊水道海況とイワシ類卵分布
(75)山形県最上川水系における両側回遊型アユの多回産卵
(76)マミチョグ生殖腺刺激ホルモン放出ホルモンのcDNAクローニング
(77)マミチョグ脳内における3種の生殖腺刺激ホルモン放出ホルモンの発現部位
(78)マミチョグ17βHSD-IVのcDNAクローニング
(79)Molecular structure and evolution of gonadotropin receptors from mummichog Fundulus heteroclitus.
(80)生殖周期の環境制御機構
(81)クロマグロ未成魚の分布環境の指標化
(82)クロマグロ稚仔の分布可能域を推定する
(83)太平洋クロマグロ仔魚分布域における海洋環境.
(84)紀伊水道海況とイワシ類卵分布
(85)隠岐〜能登沖における冬季の海流構造(2)
(86)Impact of climate regime shift on the migration pattern of the Japanese common squid Todarodes pacificus in the Sea of Japan
(87)日本海におけるスルメイカの気候レジームシフトによる資源構造の変化
(88)日本海のエゾボラモドキ種群(新腹足目:エゾバイ科)は単一種と思われる
(89)ミトコンドリアDNAデータで検出された北海道周辺におけるハタハタの地域集団
(90)日本海産ドブカスベの年齢と成長および性成熟
(91)日本海産ドブカスベの分布特性および胃内容物解析
(92)安定同位体比分析による日本海産ドブカスベの食性解析
(93)漁獲成績報告書に基づく日本海の沖合底曳き網漁業対象種の資源評価−ニギスを例として
(94)本州沖日本海における夏季のズワイガニの分布様式
(95)日本海中部沿岸域におけるカタクチイワシ春季産卵群の主要餌生物と摂餌選択性
(96)マイワシ・カタクチイワシの繁殖特性変異
(97)日本海における春期の底質悪化の原因究明と予報の取り組み
(98)日本海におけるベニズワイの深度分布様式
(99)はえ縄漁業で偶発的に混獲された外洋性海鳥(アホウドリ類・オオフルマカモメ類)の消化管寄生性蠕虫類について
(100)Comparative phylogeography study of Japanese sand lance Ammodytes personatus in Northwestern Pacific: Pleistocene isolation, temperature and current conducted secondary contact
(101)Population genetics of two sciaenid species (Pennahia argentata and Nibeaalbiflora) in Northwestern Pacific inferred from mtDNA sequence
(102)Long-term changes in the stock abundance of neon flying squid, Ommastrephes bartramii, in relation to climate changes, the squid fishery, and interspecies interaction in the north Pacific.
(103)Relation between Changes in Climatic/Oceanographic Conditions and Tuna Stocks
(104)Seasonal changes in distribution and abundance of euphausiids in the coastal area of north-eastern Japan
(105)Seasonal and interannual variations in abundance of Euphausia pacifica off north-eastern Japan
(106)Vertical distribution and diel migration of euphausiids from Oyashio Current to Kuroshio area off northeastern Japan
(107)Research on mitigation of the interaction of sea turtle with pelagic longline fishery in the western North Pacific
(108)Circumpolar occurrence of eugregarinid protozoan Cephaloidophora pacifica associated with Antarctic krill, Euphausia superba
(109)Genetic divergence and demographic history of the Pacific herring Clupea pallasii in North Pacific
(110)The morphological and genetic variation of Pacific herring
(111)Population genetic structure and demographic history of Pacific cod Gadus macrocephalus in North Pacific
(112)Effectiveness of territorial polygyny and alternative mating strategies in northern fur seals, Callorhinus ursinus
(113)Ecological interaction between oceanography, krill and baleen whales in the Ross Sea and Adjacent Waters in 2004/05
(114)Relationship between the environmental index ITEM-200 and Antarctic Krill distribution: expansion from the regional to the whole scale of the Antarctic Ocean
(115)Genetic variation of wild willowy flounder Tanakius kitaharai collected from Japan
(116)Genetic separation of three species among the Sthenteuthis oualaniensis-complex.
(117)Genetic diversity in the mtDNA control region and population structure in the small yellow croaker Larimichthys polyactis
(118)Population genetics of small yellow croaker inferred from mtDNA sequence variation
(119)Decadal changes in the diet of northern fur seal (Callorhinus ursinus) migrating off the Pacific coast of northern Japan
(120)Morphological and genetic study on Lota lota populations of Duobuku’er River and Eerqisi River
(121)DNAマーカーを利用したベニズワイガニの分子集団学的研究
(122)海洋環境の把握技術と水産資源変動解析に果たす役割
(123)外洋生態系におけるアカイカ資源の変動と海洋環境との関係
(124)Leeuwin Gurrentの流入が豪州南西海域におけるミナミマグロ未成魚の移動様式に及ぼす影響
(125)バンドウイルカTursiops truncatus主胃におけるアクアポリン2の発現分布
(126)日本近海におけるクロマグロを対象とした延縄操業の質的変化
(127)海洋環境情報とアーカイバルタグデータを利用したメカジキ移動経路の推定
(128)鮫類の脊椎骨に形成される輪紋周期性の推定
(129)対数正規分布を用いたトレンド推定の過ゼロデータによる偏り
(130)仙台湾周辺海域に生息するイカナゴの個体群動態モデルによる評価
(131)東シナ海と若狭湾で採集されたマアジ稚魚の耳石外部形態
(132)島根県沖におけるマアジ稚魚の孵化日組成と成長履歴
(133)飼育下のアラスカラッコの外部形態計測記録
(134)飼育下のキタオットセイの食物選好性と嫌悪条件付け
(135)飼育下のラッコの成長・相対成長と雌雄差及びカナダカワウソとの比較
(136)胃・直腸洗浄と安定同位体分析を用いたキタオットセイの短・中期的な食性情報の収集
(137)カツオ通常標識放流の結果概要
(138)竿釣漁場位置と人工衛星データを利用した日本周辺海域のカツオ分布と海洋環境の時空間動態解析
(139)竿釣漁場位置と人工衛星データを利用した日本周辺海域のカツオ分布と海洋環境の時空間的動態解析
(140)沖合域におけるカツオの漁場形成と海洋環境の関係
(141)海外イカの資源状況とそれをとりまく研究体制
(142)2007年ラ・ニーニャ期における稚仔・若齢アメリカオオアカイカの水平分布(予報)
(143)次漁期のマツイカ資源水準の予測は可能か?
(144)クロマグロ産卵海域における乱流エネルギー散逸率の測定
(145)耳石を用いたクロマグロの年齢査定と成長
(146)樹形モデルによるCPUE標準化と海域層別の試み
(147)南極ロス海におけるクロミンククジラの胃内容物とRMTネット標本との比較
(148)クロマグロの初期生活史、生残、加入過程及びそれに関わる海洋環境
(149)Distribution patterns of tuna juveniles in relation to oceanographic structure of the tropical western Pacific.
(150)Distribution of juvenile tunas in relation to physicaloceanographic condition based on the 2005-2006 research cruises in the tropical western Pacific.
(151)マグロ類の生活史、特に産卵と成長の特徴
(152)中西部熱帯太平洋におけるカツオ雄の成熟
(153)RFLP/SSCP法を用いたクロマグロThunnus orientarisのmtDNA多様性解析
(154)ロス海表層におけるカイアシ類群集組成
(155)南極生態系におけるナンキョクオキアミ資源の変動と海洋環境との関係
(156)資源・漁業管理におけるGISの利用
(157)西部太平洋熱帯海域における表中層のキハダの釣獲・成熟状況
(158)カリブ海トリニダード・トバゴ海域におけるオオサワラ資源評価
(159)Relation between yellowfin tuna longline fishing conditions and environmental condition in the Arabian Sea
(160)マルチプレックスPCRを用いたメバチ産地判別迅速化の試み
(161)Spawning seasons of adult and growth of 0-year-old deepsea smelt Glossanodon semifasciatus in Tosa Bay, Pacific coast of Shikoku. Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography (Bull. Jpn. Soc. Fish. Oceanogr.(水産海洋研究)71(4): p270-278.
(162)太平洋クロマグロ仔魚分布域における海洋環境
(163)オホーツク海におけるナガスクジラの資源量と水温・水深に対する分布の傾向
(164)全てのまぐろ関係地域漁業機関による合同会議が2007年1月に神戸で開催された。本会合は、これらの機関が共通して持っている問題点に対処するために開催されたもので、各機関がその機能を十分発揮しているかどうか、そうでない点についてはどのような問題点があるのかについて指摘がなされた後、多くの漁業国を含めて行動指針の検討と作成が行われ、今後の予定等が決定された。
(165)近世・近代古代文書群に見られる漁獲情報からの
(166)中部北太平洋海山海域におけるクサカリツボダイの資源変動要因
(167)直面する問題点と検討策クロマグロ若魚の多獲と蓄養
(168)Distribution, growth and hatch date of juvenile Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis in the coastal area of the Sea of Japan
(169)高知および長崎周辺海域で漁獲されたクロマグロ当歳魚のふ化時期と成長
(170)Current status and conservation need of dugongs in southern Japan
(171)仙台湾周辺海域におけるイカナゴとキタオットセイの相互関係
(172)仙台湾におけるイカナゴと高次捕食者との関係
(173)アメリカオオアカイカの船上での迅速種判別法
(174)東北太平洋におけるハダカイワシ類の分布調査資料のデータベース構築と分析
(175)秋田のハタハタはなぜ3年間の自主禁漁、回復ができたか?
(176)西部北太平洋における中層性魚類マイクロネクトンの分布に関するデータベースの開発
(177)温暖化によるアメリカオオアカイカの大発生?
(178)ナンキョクオキアミの消化管内寄生者”真グレガリナ(原生生物)”の周極分布
(179)The determination of community structure of offshore-type bottlenose dolphin (Tursiops truncatus)
(180)小型鯨類の摂餌生態
(181)集団遺伝学的方法によるハンドウイルカ1群内の親子関係の解析
(182)小型鯨類漁業の現状と管理
(183)西日本沿岸カツオの漁獲量等集計結果
(184)記録型電子標識による大西洋クロマグロの移動率と漁獲率の推定
(185)The effect of water temperature on habitat use and diving behavior of immature Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis in the East China Sea
(186)長崎農林水産統計に基づく長崎県におけるひき縄漁業によるクロマグロ漁獲量の推定
(187)本の紹介(海の利用と保全 宮崎信之・青木一郎(編))
(188)日本海で漁獲されたクロマグロの摂餌状況
(189)クロマグロ加入量変動機構の解明に向けた課題
(190)太平洋クロマグロ稚仔の分布可能域を推定する
(191)アメリカオオアカイカの船上での迅速種判別法
(192)A study of the swimming behavior of skipjack and small yellowfin and bigeye tunas around drifting FADs to develop mitigation measures reducing the incidental catch of juvenile yellowfin and bigeye tunas
(193)Difference of fish behavior associated with drifting FADs by species and oceanographic conditions ? possibility of selective catch by purse seine fishery
(194)Behavioral study of small bigeye, yellowfin and skipjack tunas associated with drifting FADs monitored by ultrasonic coded transmitter in the central Pacific Ocean
(195)Behavior of bigeye tuna based on archival tagging in the southwestern part of Japan
(196)黒潮続流南側再循環域における亜熱帯モード水と乱流エネルギー散逸率(其の一)
(197)黒潮続流南側再循環域における亜熱帯モード水と乱流エネルギー散逸率(其の二)
(198)インド洋メカジキの資源評価
(199)アラビア海のまぐろはえ縄漁業におけるキハダの漁況と海況との関係
(200)中西部太平洋熱帯域のカツオ卵巣に観察された微胞子虫様寄生体
(201)20世紀前半の日本とその周辺域におけるクロマグロThunnus orientalis の漁獲量推定
(202)いわゆる大西洋クロマグロ、太平洋クロマグロの適切な標準和名について
(203)Localization of aquaporin-2, renal morphology and urine composition in the bottlenose dolphin and the Baird’s beaked whale.
(204)Geographical variations in the external body proportions of Baird's beaked whales (Berardius bairdii) off Japan
(205)Social structure of a male Sperm whale school based on mass-stranding at Ohura coast, Kagoshima, Janan in January 2002
(206)我が国沿岸における小型歯鯨類の生物学的特性値―ハナゴンドウを中心に−
(207)フエダイ科魚類4種における耳石元素濃度の変動様式
(208)夏季ベーリング海におけるサケ脂質量の経年変化.
(209)サケ鱗相解析による地域集団判別の試み.
(210)サケ稚魚放流技術の高度化に関する研究1 標準代謝量と体エネルギー量の計測.
(211)本州太平洋岸に回帰するサケの遊泳行動に及ぼす津軽暖流の影響.
(212)サケの視覚に関する雑感.
(213)平成19年度スルメイカ冬季発生系群の資源評価
(214)スルメイカ冬季発生系群
(215)平成19年度イカナゴ類宗谷海峡の資源評価
(216)2006年〜2007年の太平洋スルメイカ漁況
(217)2007年太平洋スルメイカ漁況(中間報告)
(218)太平洋スルメイカの資源状況
(219)漁獲物の月別平均重量の変更が資源解析結果へ及ぼす影響
(220)海域別分布割合の変化を考慮したDeLury法によるスルメイカ冬季発生系群の資源量推定に関する予備的研究
(221)平成19年スケトウダラ根室海峡の資源評価
(222)スケトウダラ根室海峡
(223)平成19年スケトウダラオホーツク海南部の資源評価
(224)スケトウダラオホーツク海南部
(225)平成19年ニシン北海道・サハリン系群の資源評価
(226)ニシン北海道・サハリン系群
(227)平成19年マガレイ北海道北部系群の資源評価
(228)マガレイ北海道北部系群
(229)平成19年ソウハチ北海道北部系群の資源評価
(230)ソウハチ北海道北部系群
(231)2007年度のスケトウダラ調査結果
(232)2007年度に実施したニシン調査の結果
(233)北海道沖合底曳網漁業漁場別漁獲統計年報2006年(平成18年)
(234)カレイ類
(235)平成18年スケトウダラ太平洋系群の資源評価
(236)平成18年スケトウダラ太平洋系群の資源評価
(237)スケトウダラ太平洋系群
(238)平成18年マダラ北海道の資源評価
(239)マダラ北海道
(240)平成18年度資源動向要因分析調査課題報告書(小課題:1080)
(241)マダラ全域
(242)日本周辺のスケトウダラ4評価単位の資源動態
(243)スケトウダラ太平洋系群および日本海北部系群の加入量と水温の関係
(244)平成18年スケトウダラ日本海北部系群の資源評価
(245)スケトウダラ日本海北部系群
(246)コマイ
(247)スケトウダラ太平洋系群の卵期から着底期における海洋環境と低次生産の中長期変動の解明
(248)東北・北海道沿岸における流動場がスケトウダラ加入量変動に及ぼす影響評価
(249)平成19年ヒラメ北海道系群の資源評価
(250)平成19年ヒラメ北海道系群の資源評価
(251)東シナ海におけるマアジ仔魚の鉛直分布とその食性
(252)お正月料理を彩る「さかな」ブリ
(253)ズワイガニの資源調査と漁獲量予報
(254)ブリの来遊量を予測する
(255)イワシ−卵を数えて資源の把握−
(256)海の中のカニの数を調べる
(257)日本海の深海性バイ類の漁獲動向と分布
(258)深海調査用大型桁網の開発
(259)春季の日本海南西海域における加入前マアジの分布域の推定と経年変化
(260)ハタハタ日本海西部系群の由来(予報)
(261)日本海の深海性バイ類の分類と地理的分布
(262)ベニズワイの深度分布と成長・成熟に伴う移動
(263)ベニズワイ漁業および資源に対する北部日韓暫定水域設定の影響と今後の資源管理方策
(264)日本海におけるマアジの加入量変動に及ぼす対馬暖流の影響
(265)マグロの資源管理における国際動向について
(266)カツオ・ビンナガに関わる平成19年の話題
(267)大発生したアメリカオオアカイカに対する取り組み
(268)(独)水産総合研究センターによるアメリカオオアカイカ利用拡大の取り組み
(269)2006年の天皇海山における底刺し網と遠洋底曳き網漁業の操業実態調査結果
(270)第3章 意外と知られていないカニの種類とDNA分析による種判別
(271)Box1 カニの交尾栓の話
(272)シャチの資源生態と漁獲の歴史
(273)長崎のじげもんイルカ −特にスナメリについて−
(274)日本におけるスナメリの系群構造
(275)十年耐える
(276)開洋丸による南極オキアミ資源生態調査
(277)第5章 漁業とGIS
(278)IOTCまぐろはえ縄食害ワークショップ報告
(279)インド洋におけるメバチの生態
(280)9年間の成果と今後の抱負.
(281)カツオ・マグロ類の仔稚魚期における分布様式の解明
(282)幼稚仔魚の受動的移動及び能動的移動機構の解明−(1)マアジの生態比較による東シナ海発生群と地先発生群の由来識別
(283)幼稚仔魚の受動的移動及び能動的移動機構の解明−(6)仔稚魚をめぐる食物関係と減耗過程の把握
(284)Seasonal Changes in Total Lipid Contents of Chum and Pink Salmon in the North Pacific Ocean and the Bering Sea during the Spring and the Summer of 2005-2006.
(285)Early marine growth of chum salmon (Oncorhynchus keta) in coastal waters off Shari, eastern Hokkaido, Japan, in relation to sea temperature.
(286)昆布森・斜里沿岸における放流サケ幼稚魚の餌料環境モニタリング.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093020
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat