(イ)水産資源を安定的に利用するための管理手法の開発

(イ)水産資源を安定的に利用するための管理手法の開発

課題番号200709692
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2007
大課題ア.水産資源の持続的利用のための管理技術の開発
中課題(イ)水産資源を安定的に利用するための管理手法の開発
小課題(イ)水産資源を安定的に利用するための管理手法の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要我が国周辺及び公海域並びに外国経済水域等における水産資源の資源評価の高度化を図るとともに、生態系機能の保全に配慮した資源管理手法を開発することにより水産資源の持続的利用のための管理技術の開発を図ることを目的としている。19年度は、複数種の資源管理に向けて、漁獲統計、調査船調査、飼育実験などの分析結果をもとに、環境収容力の推定や生態系モデルの構築が行われるとともに、管理手法の高度化に向けて、産卵や成長などの生物学的パラメータの推定、資源動態モデルの構築とシミュレーションによる分析の実施、及び漁業管理方策の社会経済的視点による分析法の開発等の成果をあげた
研究分担水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,浮魚頭足類生態研究室
水産総合研究センター,東北区水産研究所,八戸支所,資源評価研究室
水産総合研究センター,東北区水産研究所,混合域海洋環境部,高次生産研究室
水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海漁業資源部,資源評価研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,水産経済部,漁業管理研究室
水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部
水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯海洋環境部
水産総合研究センター,東北区水産研究所,海区水産業研究部,沿岸資源研究室
水産総合研究センター,さけますセンター,さけます研究部,資源研究室
水産総合研究センター,遠洋水産研究所,外洋資源部,鯨類管理研究室
水産総合研究センター,北海道区水産研究所,海区水産業研究部,資源培養研究室
水産総合研究センター,北海道区水産研究所,海区水産業研究部,海区産業研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,生産環境部,藻場・干潟環境研究室
水産総合研究センター,北海道区水産研究所
協力分担関係北海道
青森県
山口県
佐賀県
北海道大学
東北大学
はこだて未来大学
東京農大学
名古屋市立大学
北海道漁連
予算区分高度化事業 水産庁交付金 文科省[科研費]
業績(1)ズワイガニのミズガニはどのくらいでカタガニになるか
(2)Optimum temperature for growth of juvenile walleye pollock Theragra chalcogramma
(3)Trends in abundance and biological characteritics of chum salmon
(4)Winter distribution of chum salmon related to environmental variables in the North Pacific
(5)Why age and size at maturity have changed in Pacific salmon
(6)Evaluation of noninvasive approach for monitoring PCB pollution of seabirds using preen gland oil
(7)生物エネルギーモデルを用いた日本系サケ(Oncorhynchus keta)の成長に影響を及ぼす環境因子の解析
(8)Regional and Seasonal Differences in Temperature and Salinity Limitations of Pacific Salmon(Oncorhynchus spp.)
(9)Spatio-Temporal Variation in Vertical Distributions of Pacific Salmon in the Ocean
(10)東北地方太平洋岸沖におけるズワイガニの甲幅組成解析により推定された成長
(11)Growth changes in bighand thornyhead Sebastolobus macrochir off the Pacific coast of northern Honshu, Japan
(12)Effect of the mesoscale hydrographic features on larval fish distribution across the shelf break of East China Sea
(13)Somatic growth and otolith microstructure of larval and juvenile Pacific cod Gadus macrocephalus
(14)東北海域におけるサメガレイ分布域の長期変化
(15)東北沖から採集された日本初記録のハナメイワシ科魚類クズボシハナメ イワシ(新称)Maulisia argipalla.
(16)Freshwater adaptation during larval, juvenile and immature periods of starry flounder Platichthys stellatus, stone flounder Kareius bicoloratus and their reciprocal hybrids.
(17)Long-term changes in the relative abundance and distribution of spear squid, Loligo bleekeri, in relation to sea water temperature in the south-western Japam Sea during the last three decades
(18)Diving behavior of a Baird’s beaked whale, Berardius bairdii, in the slope water region of the western North Pacific: first dive records using a data logger
(19)アイナメ科仔稚魚同定の諸問題
(20)衛星発信機によるトドの移動経路追跡(予報)
(21)Distribution of Steller sea lions in the Nemuro Strait: comparing with off the Japan Sea coast of Hokkaido Island
(22)ビテロジェニン遺伝子によるニシンおよびキュウリウオ科4種の仔魚の種判別法開発
(23)平成19年度サンマ飼育研究の概要
(24)北海道における外来魚の問題
(25)生息場所の分断化がイワナ(サケ科魚類)の個体群に与える効果
(26)繁殖特性を考慮した資源管理
(27)Preliminary results from MIE-3 cruise
(28)琵琶瀬川河口干潟におけるアサリ餌料環境
(29)北海道東部の典型的な河口干潟域におけるアサリの餌環境の季節推移
(30)Catch efficiency of small-sized Danish seine
(31)Assessment of predation mortality of juvenile pollock in the coastal area
(32)水温がサンマ飼育魚の遊泳速度に与える影響
(33)ベイズ型VPAのマアジ漁獲データへの適用.
(34)燧灘でアーカイバルタグ装着放流したヒラメ成魚の行動の季節性
(35)燧灘でアーカイバルタグ装着放流したヒラメ成魚の分布と移動
(36)マルチプレックスPCRを用いたメバチ産地判別迅速化の試み
(37)サンマのTAC設定に関連した社会経済的情報について
(38)Introduction of a New Certification Scheme under Development: Designing plan of “Marine Eco-Label Japan (MEL-Japan)
(39)日本の沿岸漁業と漁村の現状と将来について
(40)Integrated co-management of coastal ecosystems based on Japanese fisheries institutions
(41)Changes in the distribution area and abundance of the Japanese common squid Todarodes pacificus paralarvae in the Sea of Japan with changing stock levels
(42)Regime shift of mesopelagic fish - Long-term biomass index change of Maurolicus japonicus in the Japan/East Sea
(43)Regime shift of mesopelagic fish - Long-term biomass index change of Maurolicus japonicus in the Japan/East Sea
(44)Interannual-interdecadal variations in the abundance of spear squid Loligo bleekeri in the southwestern Japan Sea: impacts of the late 1980s climatic regime shift and trawl fishing with recommendations for management
(45)Long-term changes in the abundance and population structure of yellowtail Seriola quinqueradiata in the Japanese waters and its relation to sea surface temperature over the last century.
(46)日本海における海洋環境の変化と魚類相の変化――特に1980年代末のレジームシフトの影響について――
(47)統合型資源評価モデルと将来予測手法
(48)ベイズ的手法を利用した水産資源管理のモデリング
(49)高次生物の捕食が漁業に与える影響を評価するための複数種モデル
(50)目視調査による鯨類の個体数推定問題
(51)小型鯨類の管理方法の検討.
(52)シミュレーションモデルによる小型鯨類捕獲の影響評価
(53)南極海氷域における鯨類目視観測,
(54)Diving behavior of a Baird’s beaked whale, Berardius bairdii, in the slope water region of the western North Pacific: first dive records using a data logger
(55)1998-2001年の目視調査データによる鯨類漁業対象6種の資源量推定
(56)1998-2001年の目視調査データによる鯨類漁業対象6種の資源量推定
(57)2992096年の目視調査データを用いた日本周辺のカマイルカの資源量推定
(58)北太平洋におけるイシイルカの資源量推定
(59)小型深度計とGPSブイを用いた延縄形状推定
(60)浮延縄の漂流形態と釣針水深分布の関係
(61)Morphologic variation and genetic structure of ruby snapper Etelis coruscans (LUTJANIDAE) between five areas in southern Japan
(62)2007年にロシア200海里内漁業により採集されたさけ・ます類の年齢組成
(63)Salmon stock assessment in the North Pacific Ocean, 2007
(64)Proposed cruise plans of Japanese research vessels for salmon in the North Pacific Ocean in 2007
(65)International salmon research aboard the R/V Wakatake maru in the central North Pacific Ocean and Bering Sea during the summer of 2007
(66)Recoveries of high-seas tags in Japan in 2006-2007, and tag releases and recoveries of fin-clipped salmon in 2007 from Japanese research vessel surveys in the North Pacific Ocean
(67)2006-2007年の公海タグの回収と北太平洋における日本の調査船調査からの2007年のタグ放流と鰭切り標識さけますの再捕
(68)さけ・ます資源状態に関する日本側見解
(69)The 2007 Summer Japanese Salmon Research Cruise of the R/V Hokko maru
(70)トド(北太平洋沿岸・オホーツク海・ベーリング海)
(71)海上目視調査・糞採集
(72)航空機目視調査(日本海)
(73)航空機目視調査(根室海峡)
(74)現地調査
(75)上陸場から採集した糞を用いた食性解析
(76)系群解析
(77)上陸場モニタリングシステム構築試験(雄冬・積丹)
(78)トド生体捕獲および衛星追跡試験
(79)Annual report of the MIE-AP for 2007
(80)飼育サンマにおける生殖腺及び生殖関連形質の変化
(81)平成18年度サンマ飼育研究の概要
(82)サンマ無給餌実験結果について
(83)NEMURO.FISHの改良に向けての試み
(84)飼育による資源生物学的パラメ−タの推定
(85)Experimental approaches to improve the accuracy of NEMURO.FISH saury growth model
(86)漁業集落・地域維持のための資源管理に関する日本と欧米との比較考察
(87)漁業集落・地域維持のための資源管理に関する日本と欧米との比較考察
(88)88/89年のレジームシフトを境としたスルメイカの産卵回遊経路および回遊時期の変化
(89)クジラの潜水 - どれくらい,どれだけ潜っているかを調べる
(90)鯨類の潜水行動を探るーマイクロデータロガーによる研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093021
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat