(ウ)水産資源の維持・回復技術の開発

(ウ)水産資源の維持・回復技術の開発

課題番号200709693
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2007
大課題ア.水産資源の持続的利用のための管理技術の開発
中課題(ウ)水産資源の維持・回復技術の開発
小課題(ウ)水産資源の維持・回復技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要地域の重要資源の維持・回復に必要な管理システムを開発することにより、水産資源の持続的利用のための管理技術の開発を図ることを目的としている。19年度は、瀬戸内海において高次捕食魚(サワラ等)を中心とした生産構造の情報を整理し、Ecopath with Ecosim 等の既存の生態系モデルソフトウエアの適用を可能とし、九州西岸では、種の異なる複数の藻場について、主要な磯根生物の餌場あるいはイセエビの着底場としての機能の相違を把握するなどの成果をはじめ、地域の重要資源の維持・回復に向けて着実な成果をあげた。
研究分担水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,上席研究員
水産総合研究センター,中央水産研究所,浅海増殖部,資源増殖研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,栽培資源部,資源管理研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,生産環境部,沿岸資源研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,沿岸資源研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,資源培養研究室
水産総合研究センター,さけますセンター,さけます研究部,環境・生態研究室
水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,有明海・八代海漁場環境研究センター・漁場環境研究科
水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,有明海・八代海漁場環境研究センター・漁場環境研究科
協力分担関係富山県水産試験場
山形県内水面水産試験場
佐賀県有明水産振興センター
熊本県水産研究センター
秋田水振センター
東京大学
北海道立中央水産試験場
予算区分水産庁交付金
業績(1)耳石微量元素を用いたカタクチイワシの系群判別の試み
(2)絶滅危惧種アオギスの生息状況と生息環境
(3)Interannual variability in hatching period and early growth of juvenile walleye pollock, Theragra chalcogramma, in the Pacific coastal area of Hokkaido
(4)Interannual fluctuations in recruitment of walleye pollock in the Oyashio region related to environmental changes
(5)Oogenesis and its relevant changes in egg quality of an abalone Haliotis discus hannai during a spawning season
(6)Community and trophic structures of abalone Hariotis diversicolor habitat in Sagami Bay, Japan.
(7)Identification of juvenile abalone Haliotis diversicolor based on number of open and sealed respiratory pores.
(8)Vibrio comitans sp. nov., Vibrio rarus sp. nov. and Vibrio inusitatus sp. nov., from the gut of the abalones Haliotis discus discus, H. gigantea, H. madaka and H. rufescens.
(9)Dietary value of benthic diatoms for post-larval abalone Haliotis diversicolor, associated with the feeding transitions.
(10)Synchronized spawning of abalone Haliotis diversicolor triggered by typhoon events in Sagami Bay, Japan
(11)The presence of scavengers increases the vulnerability of juvenile abalone to predatory fish.
(12)Seasonal changes in biomass of macrophytes stranded on Yoro Beach along a sargassacean forest in Wakasa Bay, Sea of Japan
(13)Parentage testing for hatchery-produced abalone Haliotis discus hannai based on microsatellite markers: preliminary evaluation of early growth of selected strains in mixed family farming
(14)Age and growth of Greenland halibut in the Okhotsk Sea (オホーツク海のカラスガレイの年齢と成長)
(15)マツカワの資源管理と今後の展望
(16)厚岸湾におけるニシン放流種苗の体サイズが放流効果に与える影響
(17)マツカワの試験放流について
(18)釧路水域のマツカワ放流効果
(19)厚岸湖におけるマツカワの小型種苗放流技術開発について
(20)平成19年度までのマツカワ標識放流試験結果について
(21)厚岸栽培技術開発センターにおけるマツカワの栽培漁業技術開発
(22)北海道厚岸湾と厚岸湖における近年のニシン産卵場
(23)厚岸湖と厚岸湾におけるニシンの初期生活史調査
(24)北海道周辺の漁獲量から見える魚種組成の変化
(25)厚岸湾に放流したニシンの放流効果調査と資源解析
(26)エゾアワビの初期減耗過程とその要因
(27)安定同位体比によるエゾアワビとトコブシ天然個体の成長に伴う食性変化の推定
(28)給餌実験によるエゾアワビ稚貝の安定同位体比の変化と濃縮係数の推定
(29)イワナ、ヤマメの自然繁殖助長と在来個体群保護のための河川管理手法の提案
(30)PCR-DGGE法による藻食性貝類の消化管内容物分析の試み.
(31)Stock abundance of Tiger puffer Takifugu rubripes in Seto Inland Sea
(32)The resources recovery plan of Spanish mackerel in the Seto Inland Sea
(33)トラフグ瀬戸内海系群の資源量推定
(34)瀬戸内海の再生に向けて−漁業生産の向上の視点から−
(35)種苗放流が瀬戸内海のヒラメ資源に及ぼす影響
(36)瀬戸内海周防灘におけるEcopathモデルの試作
(37)人工種苗サワラを用いた耳石輪紋解析の有効性の検討
(38)1980〜2005年の瀬戸内海におけるカタクチイワシの産卵量と水温との関係
(39)東シナ海陸棚域におけるイワハダカBenthosema pterotum の季節分布と生物量
(40)瀬戸内海・宇部・厚東川河口における絶滅危惧種アオギスの繁殖状況
(41)瀬戸内海・山口・椹野川河口における絶滅危惧種アオギスの生息と当歳魚の確認
(42)エゾアワビとクロアワビの分布境界域における遺伝学的集団構造
(43)アワビの集団構造と放流種苗の再生産
(44)遺伝学的観点からのアワビ類種苗放流の現状と課題
(45)アワビHaliotis discusにおける分集団構造
(46)北海道のアワビ放流漁場における人工種苗の再生産評価
(47)北太平洋のスケトウダラ(総説)
(48)カラスガレイ (オホーツク海)
(49)スケトウダラ (中央ベーリング海)
(50)カラスガレイ (オホーツク海)
(51)スケトウダラ太平洋系群、中課題1000
(52)スケトウダラ太平洋系群、小課題1060
(53)中部北太平洋海山海域における2006年オブザーバー調査結果
(54)Attempts to apply a Surplus-Production Model to Alfonsin Stock in the Emperor Seamount Chain
(55)2007 survey information:・Walleye pollock bycatch in Japanese salmon surveys
(56)オホーツク海カラスガレイの年齢査定方法の検討(平成18年度)
(57)ズワイガニ オホーツク海系群 (詳細版)
(58)キチジ オホーツク海系群   (詳細版)
(59)キチジ 道東・道南         (詳細版)
(60)ズワイガニ オホーツク海系群 (ダイジェスト版)
(61)キチジ オホーツク海系群    (ダイジェスト版)
(62)キチジ 道東・道南        (ダイジェスト版)
(63)日ロ漁業委員会資料(キチジ,北海道周辺海域)
(64)日ロ漁業委員会資料(メヌケ類,北海道周辺海域)
(65)探海丸によるスケトウダラ卵・仔魚分布調査(平成18年度)
(66)探海丸によるスケトウダラ卵・仔魚分布調査(平成19年度)
(67)第7開洋丸によるオホーツク海底魚資源調査(平成19年度)
(68)資源調査報告一覧(昭和56年度〜平成18年度)北海道周辺海域
(69)スケトウダラ太平洋系群,小課題番号1050
(70)平成19年度ホッケ根室海峡・道東・日高・胆振の資源評価(詳細版)
(71)平成19年度ホッケ道北系群の資源評価(詳細版)
(72)平成19年度ホッケ道南系群の資源評価(詳細版)
(73)平成19年度ホッケ根室海峡・道東・日高・胆振の資源評価(ダイジェスト版)
(74)平成19年度ホッケ道北系群の資源評価(ダイジェスト版)
(75)平成19年度ホッケ道南系群の資源評価(ダイジェスト版)
(76)日ロ漁業委員会資料(ホッケ,北方四島周辺海域)
(77)エゾアワビ当歳貝の生残に及ぼす冬季水温の影響
(78)仙台湾の漁業と環境−沿岸域の底魚資源を中心として−
(79)本州日本海域サクラマス資源管理技術の開発(プロ研への参加). SALMON情報, 2, 12-14.
(80)平成19年カタクチイワシ瀬戸内海系群の資源評価
(81)Preliminary stock assessment of John's Snapper resources in Mangrove estuaries and related coastal areas on the northwest coast of peninsular Malaysia
(82)瀬戸内海西部における2007年カタクチイワシ漁期初めの漁獲状況
(83)シリーズ:瀬戸内海のさかなたち 第2回「カタクチイワシ」
(84)干潟環境の保全・創造の指標としての絶滅危惧種アオギスの生息状況ならびに生息環境に関する研究
(85)一次生産の変化と有用種の関係(魚類;アサリを捕食するカレイなど河口・干潟の有用魚類)
(86)幻の魚「アオギス」の繁殖地,本州で見つかる
(87)瀬戸内海の魚類に見られる異変-熱帯・暖海性魚類の出現と人的被害
(88)え!?瀬戸内海に大型サンマ来遊
(89)表紙の解説
(90)干潟のシンボル,絶滅危惧種アオギスの生息状況と生息環境
(91)サンゴ礁の有毒魚サザナミフグ,広島湾に現る
(92)サンゴ礁の魚コバンヒメジ採集される
(93)温暖化が貝類の増養殖に与える影響
(94)日本産マイワシの初期発育と産卵生態に関する研究
(95)瀬戸内海のトラフグ資源の状況について
(96)瀬戸内海のサワラ資源回復計画を事例として
(97)平成18年サワラ瀬戸内海系群の資源評価
(98)平成18年トラフグ瀬戸内海系群の資源評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093022
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat