(エ)水産資源の合理的利用技術の開発

(エ)水産資源の合理的利用技術の開発

課題番号200709694
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2007
大課題ア.水産資源の持続的利用のための管理技術の開発
中課題(エ)水産資源の合理的利用技術の開発
小課題(エ)水産資源の合理的利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要資源を効率的に活用する漁業生産技術、混獲回避技術などを開発して漁業生産現場に導入し、生態系にも配慮した漁業管理手法の高度化を図ることにより、水産資源の持続的利用のための管理技術の開発を図ることを目的としている。19年度はインド洋のカツオ、太平洋のアメリカオオアカイカ、北太平洋公海域のサンマ資源等についての資源状況や漁場形成等の知見の蓄積、海鳥・海亀の混獲削減措置の導入よる効果や操業・漁獲効率等への影響の解析、底びき網漁業の漁具の仕様や構造など、環境負荷を緩和する漁具の設計に必要な知見の蓄積等を着実に実施した。
研究分担水産総合研究センター,遠洋水産研究所,熱帯性まぐろ資源部,混獲生物研究室
水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部,漁法研究室
水産総合研究センター,開発調査センター,底魚G
水産総合研究センター,開発調査センター,浮魚G
水産総合研究センター,開発調査センター,浮魚G
水産総合研究センター,開発調査センター,浮魚G
水産総合研究センター,開発調査センター,資源G
水産総合研究センター,開発調査センター,底魚G
水産総合研究センター,開発調査センター,底魚G
水産総合研究センター,開発調査センター,浮魚G
水産総合研究センター,開発調査センター,浮魚G
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,品質管理研究室
水産総合研究センター,遠洋水産研究所,外洋資源部,外洋いか研究室
水産総合研究センター,本部業務企画部
水産総合研究センター,中央水産研究所,水産経済部,漁業管理研究室
水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,生態系研究室
水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,上席研究員
水産総合研究センター,遠洋水産研究所,熱帯性まぐろ資源部,熱帯性まぐろ研究室
水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部,漁法研究室
水産総合研究センター,開発調査センター,底魚G
協力分担関係(社)自然資源保全協会
(社)日本水産資源保護協会
東京海洋大学
長崎大学
統計数理研究所
予算区分水産庁交付金 水産庁・その他 文科省[科研費] その他
業績(1)イカ乾製品の褐変を促進するスルメイカ水溶性成分
(2)ミレニアム生態系評価と海洋漁業
(3)小型底びき網のグランドロープの太さによる漁獲選択性の相違
(4)東京湾の小型底びき網におけるグリッドの選択性
(5)An approach to recover abalone resources by TAC control based on RPS trends calculated with production model
(6)イカIQ制度の検討
(7)An Institutional Analysis of Fisheries Management and the Ecosystem Approach
(8)Role of Fishers in Marine Ecosystem Co-Management: Case of Shiretoko World Natural Heritage Area
(9)水産資源管理の理論と実践
(10)海亀類の混獲対策−海亀個体群の状況と包括的アプローチ
(11)まぐろ延縄漁業における混獲回避
(12)サメ類の保全と国際的保護運動の問題
(13)サメ保護と資源管理
(14)地方公庁船によるマグロ延縄資源調査の推移と混獲モニタリングとしての特徴
(15)外洋性さめ類の資源状況
(16)海鳥類・海亀類の回遊と摂餌特性
(17)混獲回避技術の漁業現場への普及
(18)浮はえ縄漁業におけるサイドセッティング(舷側投縄)試験‐1釣針の沈降力特性と海鳥の餌取り行動の検討
(19)浮はえ縄漁業におけるサイドセッティング(舷側投縄)試験‐II アホウドリ類の混獲回避効果と操業実効性の検討
(20)海鳥類の混獲回避技術−近年の取り組み
(21)平成19年度海洋水産資源開発事業(遠洋まぐろはえなわ:太平洋中・東部海域)
(22)平成19年度海洋水産資源開発事業(遠洋まぐろはえなわ:太平洋中・東部海域)
(23)平成19年度海洋水産資源利用合理化開発事業(海外まき網:熱帯インド洋海域)
(24)平成19年度調査結果概要
(25)平成19年度調査結果概要
(26)平成19年度調査結果概要
(27)平成19年度調査結果概要
(28)平成18年度海洋水産資源開発事業(遠洋かつお釣:太平洋中・西部海域)
(29)平成18年度海洋水産資源開発事業(遠洋かつお釣:太平洋中・西部海域)
(30)釣り機の挙動制御によるアカイカの釣獲効率向上に関する試み
(31)かつお・びんなが一本釣り漁業における活餌としてのサバヒーの特性と使用方法
(32)平成18,19年度海洋水産資源開発事業(沖底混獲:日本海西部海域)の概要
(33)JAMARCが実施したニュージーランドイカ釣り漁業調査の概要
(34)平成18年度ニュージーランド水域内におけるスルメイカ類の調査結果の概要について
(35)南太平洋にイカを求めて
(36)平成19年度調査結果概要
(37)海外まき網漁船”新日本丸”の運航状況について
(38)第3協洋丸の平成18年度、19年度の調査概要
(39)LED水中灯に関する調査概要
(40)LED水中灯に関する調査概要
(41)アメリカオオアカイカの流通
(42)イカ加工品製造業をめぐる動向−近年の原料問題、特にアメアカについて−
(43)まぐろはえ縄漁業における混獲問題の現状と展望−サメの混獲データの特徴と解析−
(44)アカイカ釣りにおける釣り落としと船体動揺との関係
(45)平成18年度解消水産資源開発事業(資源対応型:いか釣:南太平洋西部海域)報告(速報)
(46)平成19年度解消水産資源開発事業(資源対応型:いか釣:北太平洋中・西部海域:第二吉丸)報告(速報)
(47)平成19年度解消水産資源開発事業(資源対応型:いか釣:北太平洋中・西部海域:第八白嶺丸)報告(速報)
(48)Report of Joint Research Cruises on Squid Species in the Waters New Zealand
(49)平成18年度解消水産資源開発事業(資源対応型:いか釣:南太平洋西部海域)報告書
(50)平成19年度海洋水産資源開発事業(資源対応型:北太平洋さんま漁業:北太平洋中・西部海域)報告(速報)
(51)平成18年度海洋水産資源開発事業(海外まき網:熱帯太平洋海域及び熱帯インド洋海域)報告(速報)
(52)平成18年度海洋水産資源開発事業調査報告書(海外まき網:熱帯太平洋海域及び熱帯インド洋海域)
(53)海外まき網漁船”日本丸”の運航状況について(海洋水産エンジニアリング)
(54)平成18年度海洋水産資源開発事業(遠洋かつお釣:太平洋中・東部海域)報告(速報)
(55)平成18年度海洋水産資源開発事業調査報告書(遠洋かつお釣:太平洋中・東部海域)
(56)平成19年度海洋水産資源開発事業(遠洋かつお釣:太平洋中・東部海域)報告(速報)
(57)平成18年度海洋水産資源開発事業(遠洋まぐろはえなわ:太平洋中・東部海域)報告(速報)
(58)平成18年度海洋水産資源開発事業調査報告書(遠洋まぐろはえなわ:太平洋中・東部海域)
(59)平成18年度海洋水産資源開発事業(資源対応型:沖底混獲回避)報告(速報)−日本海西部海域及び三陸沖海域−
(60)平成18年度海洋水産資源開発事業報告書(資源対応型:沖底混獲回避〈日本海西部海域及び三陸沖海域〉)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093023
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat