(エ)病害防除技術の開発

(エ)病害防除技術の開発

課題番号200709698
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2007
大課題イ.水産生物の効率的・安定的な増養殖技術の開発
中課題(エ)病害防除技術の開発
小課題(エ)病害防除技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要増養殖対象となる水産生物の疾病防除技術開発を目的に、コイヘルペスウイルス(KHV)病等における病原体の諸性状や伝播経路の解明等に取り組んでいる。19年度はKHV 病では耐過魚(感染後軽症状又は無症状で回復した魚)の脳にウイルスゲノムが長期間残存し、脳は耐過魚の検出最適部位であることを明らかにした。アユの冷水病では開発した浸漬ワクチンが製造後1年間安全性と有効性を維持することを明らかにし、ワクチンメーカーが医薬品として申請する段階にまで至った。
研究分担水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部,病原体制御研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部,健康管理研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,魚病診断・研修センター,魚病診断研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,札幌魚病診断,研修センター
水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部,種苗期疾病研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部,健康管理研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部,健康管理研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部,種苗期疾病研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,魚病診断・研修センター,魚病診断研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部
水産総合研究センター,養殖研究所,魚病診断・研修センター,魚病診断研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部,種苗期疾病研究グループ
予算区分高度化事業 水産庁交付金 農水省・その他 文科省[科研費]
業績(1)Carp larvae are not susceptible to koi herpesvirus
(2)Mophogenesis of koi herpesvirus observed by electron microscopy
(3)Microarray analyses of gene expression in Japanese flounder Paralichthys olivaceus leucocytes during monogenean parasite Neoheterobothrium hirame infection
(4)A third broad lineage of major histocompatibility complex (MHC) class I in teleost fish; MHC class II-linkage and processed genes
(5)Gene expression of leucocytes in vaccinated Japanese flounder (Paralichthys olivaceus) during the course of experimental infection with Edwardsiella tarda
(6)The C3 subtypes are differentially regulated after immunostimulation in rainbow trout, but head kidney macrophages do not contribute to C3 transcription
(7)Genomic organization and expression of CD8α and CD8β genes in fugu Takifugu rubripes
(8)Demonstration of hematopoietic stem cells in ginbuna carp (Carassius auratus langsdorfii) kidney
(9)Molecular cloning and expression analysis of T-box expressed in T cells (T-BET) in ginbuna crucian carp Carassius auratus langsdorfii
(10)総説「魚類のMHCの多様性と機能」
(11)エビ類の防疫対策の展望
(12)Virucidal effect of disinfectants on spring viremia of carp virus
(13)Ditection of type 1 fimbrial genes in fish pathogenic and non-pathogenic Edwardsiella tarda strains by PCR
(14)Viral nervous necrosis (VNN) as a critical infectious disease of orange-spotted grouper, Epinephelus coioides, in the Philippines
(15)Mass mortality of cultured kuruma prawn Penaeus japonicus caused by Vibrio nigripulchritudo
(16)Distribution of nervous necrosis virus in orange-spotted grouper Epinephelus coioides with asymptomatic infection
(17)PCR法による種苗生産用親ヨシエビからのクルマエビ急性ウイルス血症ウイルス検出法の検討
(18)Effect of high water temperature on betanodavirus infection of fingerling humpback grouper Cromileptes altivelis
(19)感染耐過魚の検出とその問題点
(20)海産種苗のウイルス性神経壊死症に対する防疫対策の経緯と今後の課題
(21)[シリーズ:MHCの比較ゲノム]魚類MHCの多様性と機能
(22)Difference in the susceptibility of common carp strains to koi herpesvirus
(23)コイの系統間および発達ステージによるKHV感受性の違い
(24)DNAチップを用いた魚病ウイルスの検出
(25)ランダムミュータジェネシスによるSTAT4欠損メダカ作製
(26)コイ科魚類ヘルペスウイルス3種KHV, GFHNV, CHV(CyHV-3, -2, -1)主要エンベロープタンパク質遺伝子コード領域の同定と比較
(27)エビ類の防疫対策の展望
(28)WSSV rVP26およびrVP28の経口投与により誘導されるクルマエビ感染防御効果の発現時期と持続期間
(29)Current status of KHV infection in Japan and our research activity
(30)Edwardsiella tardaの運動性株と非運動性株のそれぞれに特有な病原因子の探索
(31)体表に黒点を有する南極オキアミの病理組織学的観察
(32)天然カタクチイワシからのベータノダウイルスの分離とその病原性
(33)天然マアジから検出されたベータノダウイルスの遺伝的多様性
(34)北海道におけるサケマス類成熟親魚の冷水病原因菌 Flavobacterium psychrophilum の保有状況
(35)北海道のシロサケ親魚から分離された冷水病原因菌  Flavobacterium psychrophilumのPCR-RFLP分析
(36)養殖魚介類のウイルス病の診断および防除に関する研究
(37)Distribution of Flavobacterium psychrophilum in wild adult salmonids returning to rivers in Hokkaido, northern Japan
(38)ミクロの技術で魚病を診断−「DNAチップ」を使って迅速・正確に−
(39)ヒラメ受精卵のヨード剤による消毒
(40)マツカワの資源回復を目指した種苗生産の現状と展望病気対策-防疫体制
(41)Fate of koi herpesvirus (KHV) in surviving fish post infection. ?Is the brain the final habitat for the virus?
(42)Verification of PCR procedures for the detection of koi herpesvirus (KHV)
(43)感染耐過魚の検出とその問題点
(44)天然マアジから分離されたベータノダウイルスのマアジおよびヒラメ仔魚に対する病原性
(45)Koi herpesvirus (KHV): status of outbreaks, diagnosis, surveillance and research
(46)細菌性疾病対策の経緯と今後の課題
(47)コイヘルペスウイルス病
(48)コイのコイヘルペスウイルス病
(49)アユの細菌性冷水病
(50)便利で経済的な混合ワクチン
(51)炭酸ガスを用いる簡便な魚類用麻酔剤の開発
(52)海産魚介類受精卵のポビドンヨード製剤による消毒
(53)スジアラのIchthyodinium属原虫感染症
(54)テラピアのStreptcoccus agalactiae感染症
(55)養殖研究所が国際獣疫事務局(OIE)コイヘルペスウイルス病のリファレンスラボラトリーに
(56)養殖ナマズのEdwardsiella ictaluri感染症
(57)コイの春ウイルス血症(SVC)について
(58)クルマエビ類の新しい疾病
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093027
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat