(イ)内水面生態系の保全・修復技術の開発

(イ)内水面生態系の保全・修復技術の開発

課題番号200709700
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2007
大課題ウ.水産生物の生育環境の管理・保全技術の開発
中課題(イ)内水面生態系の保全・修復技術の開発
小課題(イ)内水面生態系の保全・修復技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要内水面における重要魚種の生理・生態的特性の把握等や漁場環境や漁業資源の保全・回復に繋がる技術を開発し、漁業資源や河川管理方策に資することを目的としている。19年度は河川横断工作物の建設による人為的インパクトの影響把握と軽減手法の開発において、設置されたダムの直下流域では河床の露盤化により渓流魚等の生息密度等が減少するため、露盤化防止には砂礫の流下促進・補給が必要なこと等を明らかにした。陸封性サケ科魚類の資源動態の解析と資源管理・増殖技術の開発において、イワナにおいて過剰に種苗放流が行なわれた場合、天然魚、放流魚共に成長率が低下すること、天然魚と放流魚の優劣関係は両者の体の大きさによって変化すること等を明らかにした。
研究分担水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究部,生態系保全研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究部,資源生態研究室
水産総合研究センター,さけますセンター,さけます研究部,環境・生態研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究部,生態系保全研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究生,生態系保全研究室
協力分担関係長野県水産試験場
京都大学
富山県水産試験場
栃木県水産試験場
千葉県水産総合研究センター
長野県水産試験場
予算区分水産庁交付金 水産庁・その他 環境省競争的資金
業績(1)Genetic identification of native populations of fluvial white-spotted charr Salvelinus leucomaenis in the upper Tone River drainage.
(2)河川中流域の食物網における間接効果が魚種間関係に与える影響
(3)水産資源動態の予測とモデル選択:年齢構成モデルの場合
(4)複雑なモデルは予測に適しているか?
(5)水系ネットワークにおけるフナ個体群の繁殖タイミングおよび再生産量:水田水路・河川・湖間の比較
(6)在来淡水魚の生息地ネットワーク:湖沼-河川-水田の連結
(7)エンクロージャー実験に基づくイワナ養殖魚と天然魚の競争関係
(8)コード化ピンガーによるサクラマススモルト降下行動の追跡
(9)耳石の酸素,炭素安定同位体比を用いたカラフトマス孵化場魚と野生魚の判別
(10)自然再生産を利用したサケ資源の保全について.
(11)自然再生産を利用したサケ資源保全への取り組み.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093029
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat