(ウ)外来生物や有毒・有害生物等の影響評価・発生予察・被害防止技術の高度化

(ウ)外来生物や有毒・有害生物等の影響評価・発生予察・被害防止技術の高度化

課題番号200709701
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2007
大課題ウ.水産生物の生育環境の管理・保全技術の開発
中課題(ウ)外来生物や有毒・有害生物等の影響評価・発生予察・被害防止技術の高度化
小課題(ウ)外来生物や有毒・有害生物等の影響評価・発生予察・被害防止技術の高度化
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要大型クラゲ、有害赤潮種、貝毒原因プランクトン及びノロウィルス等の外来生物や有害生物等について、生態系への影響評価手法や発生予察技術等を開発することにより、漁業被害の低減や安全な水産物の生産体制の確立等へ貢献することを目的としている。19年度は、大型クラゲについて発生や出現過程の情報をもとに大量発生の早期予測を行うとともに、ミズクラゲポリプの繊毛虫類に対する捕食能等生理生態的特性の解明を進めた。有害・有毒プランクトンについては、赤潮原因種コクロディニウム・ポリクリコイデスの発生機構や集団遺伝学的解析による輸送機構の解明を進めるとともに、下痢性貝毒原因プラクトン9種の毒組成を明らかにした。遺伝子組み換え水生生物については、遺伝子組換えアマゴ個体の作出を行うなど実験材料を整備した。ノロウイルスについては、簡便・迅速な海水中ウイルスのモニタリング手法の開発や発生予測に必要な指標の抽出を行った。カワウについては、採食場所の把握、個体群の実態把握、個体群の基礎モデルの構築等管理技術の開発に必要な基礎データ等を取得した。
研究分担水産総合研究センター,東北区水産研究所,海区水産業研究部,海区産業研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部,赤潮生物研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部,有毒プランクトン研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部,赤潮制御研究室
水産総合研究センター,養殖研究所,生産技術部,育種研究グループ
水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究生,生態系保全研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究生,生態系保全研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,生産環境部,環境動態研究室
水産総合研究センター,養殖研究所,生産システム部,増養殖システム研究グループ
水産総合研究センター,養殖研究所,生産技術部,育種研究グループ
水産総合研究センター,中央水産研究所,水産遺伝子解析センター
水産総合研究センター,養殖研究所,生産技術部,育種研究グループ
水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究生,生態系保全研究室
水産総合研究センター,さけますセンター,さけます研究部,環境・生態研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,海洋生産部,低次生産研究室
水産総合研究センター,養殖研究所,魚病診断・研修センター
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部,有毒プランクトン研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,生産環境部,沿岸資源研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部,有毒プランクトン研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部,赤潮生物研究室
協力分担関係熊本県水産研究センター
鹿児島県水産技術開発センター
京都大学
広島大学
福井県水産試験場
国立遺伝学研究所
岩手県
広島県
宮城県
岡山県
予算区分高度化事業 委託・バイテク先端技術[組換え体安全性確保] 水産庁交付金 水産庁・その他 農水省・その他 文科省[科研費]
業績(1)ウイルス感染は天然のヘテロカプサ赤潮の挙動に影響を及ぼす
(2)貝毒の精密分析法の開発及び二枚貝の毒化機構に関する研究
(3)設置型魚類自動捕獲器のブルーギルに対する捕獲効果
(4)Righty fish are hooked on the right side of their mouths-observations from an angling experiment with largemouth bass, Micropterus salmoides.
(5)新開発の測定器によるエチゼンクラゲ Nemopilema nomurai の傘径組成の測定
(6)Ma-LMM01 infecting toxic Microcystis aeruginosa illuminates diverse cyanophage genome strategies.
(7)Development of compound microsatellite markers in the harmful red tide species Chattonella ovata (Raphidophyceae)
(8)Development of compound microsatellite markers in the toxic dinoflagellate Alexandrium catenella (Dinophyceae).
(9)Eight new microsatellite markers for the crown-of-thorns starfish Acanthaster planci
(10)Development of microsatellite markers in the noxious red tide-causing dinoflagellate Heterocapsa circularisquama (Dinophyceae)
(11)8.Alexandrium属の個体群構造と分布拡大要因の解明
(12)日本沿岸域に分布する有害赤潮藻Heterosigma akashiwoの個体群構造の解析
(13)国内外におけるオニヒトデ大量発生集団のマイクロサテライト解析
(14)A discrepancy in superoxide scavenging activity between the ESR-spin trapping method and the luminol chemiluminescence method.
(15)Antioxidant properties of aqueous extracts from red tide plankton cultures.
(16)A new simple screening method for the detection of cytotoxic substances produced by harmful red tide phytoplankton
(17)先端技術を活用した農林水産研究高度化事業「マガキの生産段階におけるノロウイルス・リスク低減に関する研究」の取り組みについて
(18)音響カメラによるエチゼンクラゲの観察
(19)水中ビデオカメラに装着した表中層トロール網によるエチゼンクラゲの鉛直分布調査
(20)Changes in hepatic gene expression related to innate immunity, growth and iron metabolism in GH-transgenic amago salmon (Oncorhynchus masou) by cDNA subtraction and microarray analysis, and serum lysozyme activity
(21)Effects of Heterosigma akashiwo blooms on planktonic food webs: responses of microbial loop components
(22)繊毛虫類に対するミズクラゲポリプの捕食能
(23)Diarrhetic Shellfish toxin and lipophilic toxin profiles in Japanese bivalves and an effective monitoring system by using a rapid assay kit
(24)LC-MS/MS analysis of okadaic acid analogues and lipophilic toxins in severalDinophysis species isolated in Japan
(25)Development of analytical method for shellfish toxins and its application for the elucidation of toxification mechanism in bivalves
(26)設置型魚類自動捕獲器ギルジゴクのブルーギルに対する捕獲効果
(27)Mass apearance of the giant jellyfish, Nemopilema nomurai, along Japanese coasts and counter-measures
(28)Respiration rate of the giant jellyfish Nemopilema nomurai, as estimated from the enzyme activity of electron-transport-system (ETS)
(29)Distribution of the giant jellyfish in the offshore waters of the Japan Sea
(30)漂流ブイによる日本海対馬暖流域の慣性振動について(その2)
(31)A numerical prediction of giant jellyfish drift in the Japan Sea
(32)Transfer of harmful algal bloom species in Japanese and Korean coastal waters through natural and human associated dispersals revealed by microsatellites
(33)Is there a common origin between cnidarian and dinoflagellate nematocysts ?
(34)Development of a real-time PCR assay for the detection of harmful dinoflagellates Cochlodinium polykrikoides and Cochlodinium sp. (Kasasa type)
(35)Molecular phylogeny and comparative morphology of a harmful dinoflagellate Cochlodinium polykrikoides (DINOPHYCEAE)
(36)A molecular phylogenetic and morphological study of a harmful dinoflagellate Cochlodinium polykrikoides
(37)Life cycle strategies and occurrences of red tides of Heterosigma akashiwo and Chattonella spp. in temperate coastal sea
(38)Ecophysiology of HAB species with special emphasis on the novel red tide flagellates in Japanese coastal waters
(39)2005年秋季の播磨灘においては窒素が植物プランクトンの制限要因であった
(40)日本沿岸に発生した有害渦鞭毛藻Cochlodinium polykrikoidesのリアルタイムPCRによ る検出系の確立
(41)日本及び韓国沿岸に分布する有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarense個体群は混じっているか?遺伝子解析による集団構造の解明
(42)日本沿岸域に分布する有毒渦鞭毛藻Alexandrium catenellaのマイクロサテライト多型による個体群構造の解明
(43)小型クリプト藻Teleaulax amphioxeiaの単離・培養と分子同定
(44)下痢性貝毒原因渦鞭毛藻Dinophysis fortiiの培養と観察
(45)LAMP法による毒渦鞭毛藻Alexandrium属の簡便・迅速な遺伝子増幅法の開発
(46)微生物による防除.
(47)マイクロサテライト多型による有害赤潮藻Cochlodinium polykrikoidesの個体群構造の解明
(48)有毒渦鞭毛藻Dinophysis caudataの培養
(49)有毒渦鞭毛藻Dinophysis infundibulusの培養と系統解析
(50)有毒渦鞭毛藻Gymnodinium catenatumのシスト形成に及ぼす培養諸条件の影響について毒産生に及ぼす水温・塩分・光強度の影響
(51)有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarenseに寄生する真菌に関する研究-菌体および遊走子の形態的特徴-
(52)赤潮原因藻Heterocapsa circularisquamaを宿主とするウイルスに関する研究−ウイルス抵抗性細胞の性状とウイルス抵抗性メカニズム−
(53)有害渦鞭毛藻類Cochlodinium polykrikoidesを殺滅する殺藻細菌の八代海からの分離.
(54)珪藻感染性ウイルス研究の現状と今後の課題.
(55)有害藻類の発生状況からみた海の環境
(56)有毒渦鞭毛藻Pyrodinium bahamenseの増殖に及ぼす水温、塩分および光の影響
(57)有害渦鞭毛藻Cochlodinium polykrikoidesの赤潮を巡る問題−どこまで解っているのか、何をすべきか?− I. 生物特性 増殖生理
(58)有害渦鞭毛藻Cochlodinium polykrikoidesの赤潮を巡る問題−どこまで解っているのか、何をすべきか?− I. 生物特性 増殖生理  〔予定〕
(59)無殻渦鞭毛藻Cochlodinium polykrikoidesのITS領域にみられる多様性について
(60)無殻渦鞭毛藻Cochlodinium polykrikoidesのITS領域に見られる多様性について
(61)広島県帝釈峡内神龍湖における微細藻類の増殖に対する鉄キレート物質の影響
(62)市民による赤潮プランクトンの生態調査−地域における環境研究・教育の実践−
(63)赤潮プランクトン水抽出物の抗酸化特性
(64)赤潮プランクトン水抽出物中のO2-・消去物質
(65)ウイルス感受性に基づくHeterocapsa circularisquamaの種内多様性の解析.
(66)従属栄養性渦鞭毛藻Polykrikos kofoidii ChattonとPolykrikos schwartzii Butschliのシストと遊泳細胞の対応関係の再検討
(67)播磨灘における長期モニタリング調査から見た植物プランクトン群集の経年変化
(68)アオサンゴ初期生態の解明に向けた幼生放出・分散調査と分子マーカーを用いた幼生親子判別の試み
(69)Temporal gene transcription of cyanophage Ma-LMM01 during infection of a toxic cyanobacterium Microcystis aeruginosa.
(70)Monitoring of cyanophages related to Ma-LMM01 infecting Microcystis aeruginosa in Japanese lakes using a real-time PCR.
(71)Genomics of viruses infecting toxic bloom forming algae.
(72)Dynamics of cyanophages infecting the bloom-forming cyanobacterium Microcystis aeruginosa in the environment.
(73)Expression and characterization of the lytic enzyme from cyanophage Ma-LMM01 infecting Microcystis aeruginosa.
(74)Genome analysis of cyanophage Ma-LMM01 infecting Microcystis aeruginosa. part III: Analysis of transcriptional control region and temporal gene transcription.
(75)The ocean is a treasury of fascinating novel viruses.
(76)海水中の最小生物因子:ウイルス
(77)珪藻ウイルス:ssRNA groupとssDNA group.
(78)Diatom-infecting viruses: ssDNA group and ssRNA group.
(79)海産真核性分解者に対するウイルスの影響.
(80)Possible ecological roles of marine protist-infecting viruses.
(81)赤潮原因藻ヘテロカプサと同種感染性プラス鎖RNAウイルスHcRNAVの複雑な相互関係
(82)Tolerance of a marine dinoflagellate for its ssRNA virus.
(83)The genome sequences of a cyanophage Ma-LMM01 infecting toxic Microcystis aeruginosa.
(84)東南アジアで確認された有害ラフィド藻Chattonella subsalsaの増殖特性について
(85)シアノファージMa-LMM01の転写調節領域とその感染過程における遺伝子転写解析.
(86)日仏海洋学会論文賞受賞
(87)大型クラゲ(エチゼンクラゲ)の有効利用
(88)大型クラゲの大量出現とその要因
(89)話題:大型クラゲ研究の現在
(90)有毒渦鞭毛藻ギムノディニウム・カテナータムはどのような環境に発生するのか?
(91)8.Alexandrium属の個体群構造と分布拡大要因の解明
(92)高度多型分子マーカーを用いた有害・有毒赤潮生物の個体群構造の解明と分布拡大機構の解明
(93)海水中のもっとも小さな生物因子 −水圏ウイルスの生態学−
(94)有害赤潮プランクトン感染性ウイルスに関する生理・生態および分子生物学的研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093030
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat