(エ)生態系における有害物質等の動態解明と影響評価手法の高度化

(エ)生態系における有害物質等の動態解明と影響評価手法の高度化

課題番号200709702
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2007
大課題ウ.水産生物の生育環境の管理・保全技術の開発
中課題(エ)生態系における有害物質等の動態解明と影響評価手法の高度化
小課題(エ)生態系における有害物質等の動態解明と影響評価手法の高度化
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要有害物質等が水産生物や海洋生態系へ及ぼす影響を解明し、リスク評価等を通して安全な水産物の安定供給へ貢献することを目的としている。19年度は流出油の毒性成分である多環芳香族化合物の底質における蓄積機構等について、人工底質における安定性と海水中濃度との関係を明らかにした。また、有機スズ化合物が魚類の生殖内分泌系に及ぼす影響を明らかにし、分子生物学的手法により海産魚に対する推定無影響濃度を算出した。複数の有害化学物質が海産生物に及ぼす総合影響評価法の開発においては、海水からの化学物質の抽出法並びに急性毒性試験法を確立し海水の汚染状況の数値化が可能なことを把握した。
研究分担水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,化学環境部,生物影響研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,化学環境部,生態化学研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部,生理特性研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,化学環境部,生物影響研究室
水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,食品バイオテクノロジー研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,化学環境部
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,化学環境部,生物影響研究室
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,化学環境部,生物影響研究室
水産総合研究センター,東北区水産研究所,海区水産業研究部,海区産業研究室
協力分担関係鹿児島大学
予算区分委託・環境研究[有害化学物質] 水産庁交付金 農水省・その他 文科省[科研費] 環境省競争的資金 その他他省庁経費
業績(1)流出油の毒性予測
(2)Estrogenic activity in sediments contaminated by nonylphenol in Tokyo Bay (Japan) evaluated by vitellogenin induction in male mummichogs (Fundulus heteroclitus)
(3)Molecular and histological evaluation of tributyltin toxicity on spermatogenesis in a marine fish, the mummichog (Fundulus heteroclitus)
(4)Early life-stage toxicity test for copper pyrithione and induction of skeletal anomaly in a teleost, the mummichog (Fundulus heteroclitus)
(5)Genes differentially expressed in testis of a marine fish, the mummichog (Fundulus heteroclitus) after exposure to tributyltin oxide
(6)Molecular cloning of two estrogen receptors expressed in testis of the Japanese common goby, Acanthogobius flavimanus
(7)大阪湾底泥中のアルキル化PAH及びPAH類の分布
(8)Java-medaka: A proposed new marine test fish for ecotoxicology
(9)トリブチルスズがマミチョグの精子形成及ぼす影響-ダイニン重鎖遺伝子を指標とした評価手法の検討−
(10)Acute toxicity of pyrithione photodegradation products to some marine orgaisms
(11)Comoparisopn of acute-to-chrnic toxicity artios of fpur chemicals in red sea bream (Pagrus major) and mummichog (Fundulus heterocritus)
(12)TBT暴露によりマミチョグ精巣において発現量が変化する遺伝子
(13)Molecular evaluation of tributyltin toxicity on spermatogenesis in marine fish, the mummichog
(14)銅ピリチオン暴露によりマミチョグに誘導される脊椎湾曲−アセチルコリンエステラー是活性阻害との関係−
(15)ニトロアレーンの植物プランクトンに対する毒性影響
(16)飼育実験による底泥中トリブチルスズおよびトリフェニルスズのイソゴカイへの蓄積
(17)マミチョグによるDiuronの蓄積特性
(18)Diuron の海産生物に対する影響評価
(19)広島北部海域での表層堆積物中における多環芳香族炭化水素化合物の分布
(20)トリブチルスズが魚類の精子形成におよぼす影響
(21)広島湾の底生生物における多環芳香族化合物の動態
(22)大阪湾海水における多環芳香族化合物汚染の実態
(23)ニトロアレーンの海産生物への毒性影響の解明
(24)代替漁網防汚剤の魚介類に対する有害性評価
(25)被検物質および分解生成物の甲殻類及び魚類に対する有害性の解明
(26)魚類の精子形成関連タンパク質を指標とした有機スズ化合物の影響評価手法の開発
(27)被検物質および分解生成物の動植物プランクトンに対する有害性の解明
(28)海産底生生物を用いた底質毒性試験法の開発と影響評価手法の確立
(29)シジミにおける農薬の急性毒性試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093031
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat