1)不良環境耐性メカニズムの解明と耐性作物の作出

1)不良環境耐性メカニズムの解明と耐性作物の作出

課題番号200709658
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間2006-2010
年度2007
大課題1. 不安定環境下における安定生産及び多用途利用のための生物資源活用技術の開発
中課題1)不良環境耐性メカニズムの解明と耐性作物の作出
小課題1)不良環境耐性メカニズムの解明と耐性作物の作出
大項目II 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目A 国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水産技術の研究開発
摘要中期計画で目標としている耐性遺伝子の単離、解析、及び広範な遺伝資源からの耐性系統の選抜、耐性に関連するDNA マーカーの獲得について、成果があがっている。(1) 「ストレス耐性機構」プロジェクト(【プロジェクト目標】 作物の環境ストレス耐性獲得に必要な有用遺伝子とプロモーター等を単離し、モデル植物を用いて機能を明らかにし特許化する。また、これらの遺伝子やプロモーターを用い、開発途上地域において重要な作物について環境ストレス耐性品種の作出技術を開発する。)19 年度の主要実績:・ 浸透圧ストレスを受容するセンサーとしてヒスチジンキナーゼAHK1 を同定し、この遺伝子を高発現させたシロイヌナズナでは多くの耐性遺伝子が発現し、乾燥ストレス耐性が向上することを明らかにした(19 年度 研究成果情報)。・ 転写因子のOsNAC6 を高発現したイネでは乾燥、塩ストレス耐性や病害耐性が向上し、ストレス誘導性プロモーターを用いることにより生育阻害が回避できた(19 年度 研究成果情報)。・ トウモロコシから3 種類の乾燥ストレス誘導性プロモーターを単離し、発現解析のためにシロイヌナズナ、イネの形質転換体を作出した。(2) 「不良環境」プロジェクト(【プロジェクト目標】 広範な遺伝資源を乾燥などの不良環境条件下で評価し、耐性を示す遺伝資源を選抜し、実用的に利用可能なDNA マーカーを獲得する。)19 年度の主要実績;・ リン酸欠乏耐性遺伝子領域の解析結果に基づき、その領域に存在する5種類の遺伝子を推定し、それぞれのRNAi による発現抑制を目的として、イネ品種Kasalath の形質転換体を作出した。・ コムギの近縁野生種と栽培種の雑種後代224 系統を乾燥した圃場条件で選抜を行い、これまで選抜した系統より耐性程度が強い33 系統を選抜した。・ 温室検定法により選抜したダイズの耐塩性栽培種(FT-Abyara)及び野生種(JWS159-1)について耐塩性のQTL 解析を行ったところ、両者とも寄与率の高いQTL を検出した。これら2つのQTLは別の耐塩性品種で報告されているQTL と同一領域であった。・ 水耕養液にマニトールを添加する方法でイネの乾燥耐性程度を検定する方法について、品種数を増やして検定し(63 品種)、実施時期に関わりなくほぼ一定の傾向を得た。
研究分担国際農林水産業研究センター,生物資源領域
協力分担関係IRRI
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[アグリ・ゲノム] 委託・その他プロ 文科省・JST競争的資金 その他
業績(1)Rice grain zinc concentrations as affected by genotyps, native soil-zinc availability, and zinc fertilization.
(2)Genetic and genomic approaches to develop rice germplasm for problem soils.
(3)Effect of soil water deficit on grain yield in synthetic bread wheat derivatives.
(4)QTL Mapping of domestication-related Traits in Soybean (Glycine max).
(5)QTL analysis of low temperature-induced browning in soybean seed coats.
(6)Genetic relationships of Japanese, Chinese, and Brazilian soybean gene pools revealed by SSR markers.
(7)Regulation and functional analysis of ZmDREB2A in response to drought and heat stresses in Zea mays L.
(8)Receptor-like protein kinase 2 (RPK2) is a novel factor controlling anther development in Arabidopsis thaliana.
(9)Arabidopsis rd29A::DREB1A enhances freezing tolerance in transgenic potato.
(10)Functional analysis of a NAC-type transcription factor OsNAC6 involved in abiotic and biotic stress-responsive gene expression in rice.
(11)Stress-inducible expression of At DREB1A in transgenic peanut (Arachis hypogaea L.) increases transpiration efficiency under water-limiting conditions.
(12)Identification of stress-tolerance-related transcription factor genes via mini-scale Full-length cDNA Over-eXpressor (FOX) gene hunting system.
(13)Functional analysis of AHK1/ATHK1 and cytokinin receptor histidine kinases in response to abscisic acid, drought and salt stresses in Arabidopsis.
(14)ストレス誘導性プロモーター及びその利用方法
(15)環境ストレス耐性植物
(16)植物の転写因子をコードする遺伝子(シロイヌナズナ)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093041
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat