3)作物主要病害に対する病原菌レースの同定と抵抗性遺伝資源の選抜

3)作物主要病害に対する病原菌レースの同定と抵抗性遺伝資源の選抜

課題番号200709660
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間2006-2010
年度2007
大課題1. 不安定環境下における安定生産及び多用途利用のための生物資源活用技術の開発
中課題3)作物主要病害に対する病原菌レースの同定と抵抗性遺伝資源の選抜
小課題3)作物主要病害に対する病原菌レースの同定と抵抗性遺伝資源の選抜
大項目II 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目A 国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水産技術の研究開発
摘要イネいもち病、ダイズさび病について、それぞれの対象地域で現地の研究機関との共同研究体制を構築し、抵抗性同定システムの開発及び抵抗性遺伝資源の選抜を実施中である。(1) 「イネ安定生産」プロジェクト(【プロジェクト目標】 JIRCAS とIRRI の共同開発されたイネいもち病抵抗性判別品種を用い、抵抗性遺伝子及びいもち病菌レースを同定可能な判別システムを東・東南・南アジア諸国の研究機関との共同で開発し、国際的いもち病防除技術開発の基礎を構築する。)19 年度の主要実績:・ いもち病抵抗性判別品種を利用した「東南・東アジアいもち研究ネットワーク」の参画研究機関と共同研究契約を締結し、各国におけるいもち菌系の収集、病原性研究が進展している(19 年度研究成果情報)。・ ネットワーク研究の中で、23 種の抵抗性遺伝子を対象としたいもち菌系分類・命名法を統一した(19 年度 研究成果情報)。・ 育成を進めている準同質遺伝子系統(NIL)群の染色体構成を解析し、CO39、 US-2 の遺伝的同質程度が中国の在来種 Lijiangxintuanheigu より高いことが判った。・ いもち病抵抗性遺伝子Pik と共分離する第11 染色体上のDNA マーカーを獲得した。(2) 「ダイズさび病」プロジェクト(【プロジェクト目標】 南米のダイズさび病に対して有効な抵抗性大豆を選抜・作出する。)19 年度の主要実績:・ ブラジル、パラグアイ、アルゼンチンとの共同研究を円滑に進めるために、検定法の検討会議を開催し、植物育成法、さび病菌の採取・保存・接種法及び評価基準を協議し、統一した手法を策定した。それぞれの国のダイズ栽培地域から菌を採取し、13 の標準品種を用いた菌系の評価を開始した。・ これまでにブラジルで選抜した日本及び中国のダイズ54 品種 及び野生ダイズ75 系統について、日本の菌系に対する抵抗性を検定した結果、12 品種及び2 野生種系統が、強い抵抗性を示した。・ 主働抵抗性遺伝子、Rpp2 及び Rpp4 を集積した系統の病斑色、胞子堆数などを調査したが、これら2 つの遺伝子の相加・相乗的効果は検出できなかった。Rpp2、 Rpp4 と異なる抵抗性遺伝子を持つ品種(Kinoshita 及びShiranui)と2 遺伝子集積系統の交配を行った。・ 濃度1ppm 以上の抗菌性タンパク(ディフェンシン)が、さび病菌胞子の発芽を抑制することを明らかにしたが、ダイズ葉面での病斑形成率などにはディフェンシンの濃度による効果は認められなかった。
研究分担国際農林水産業研究センター,生物資源領域
協力分担関係(独)農業生物資源研究所
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[アグリ・ゲノム]
業績(1)Development of new sets of International standard differential varieties for blast resistance in rice (Oryza sativa L.).
(2)Genetic and breeding analysis of blast resistance in elite Indica-type rice (Oryza sativa L.) in International Rice Research Institute.
(3)Durability of resistance to rice blast disease.
(4)Marker-assisted rice breeding of isogenic lines for blast resistance with genetic background of elite Japonica varieties.
(5)defferential varieties bred at IRRI and virulence analysis of blast isolates from the Philippines.
(6)Diversity of blast resistance in rice (Oryza sativa L.) varieties.
(7)Research progress on rice blast disease and resistance breeding in China.
(8)Blast research in the Mekong river delta of Vietnam.
(9)Occurrence of rice blast fungus, Pyricularia grisea in the Philippines.
(10)Inheritence of major genes for rice blast resistance in some Egyptian varieties.
(11)Pathogenic variation in Magnaporthe grisea and breeding for blast resistance in India.
(12)Rice blast situation, research in progress needs and priorities in 13 countries: Summary of results from blast survey.
(13)Application of DNA markers for identifying genes for resistance to soybean diseases in south America and for evaluating genetic relationships among soybean gene pools.
(14)Identification of DNA Markers and Characterization of the Genes for Resistance against Asian Soybean Rust.
(15)An Integrated High-density Linkage Map of Soybean with RFLP, SSR, STS, and AFLP Markers Using A Single F2 Population.
(16)Genetic relationship of Japanese, Chinese and Brazilian soybean gene pools revealed by SSR markers.
(17)Epidemiological studies on Asian rust in South America: relationship between disease variables and weather.
(18)A study on a race composition of Phakopsora pachyrhizi in Brazil: a difficulty of race identification.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093043
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat