d.地域条件を活かした健全な家畜飼養のための放牧技術の開発

d.地域条件を活かした健全な家畜飼養のための放牧技術の開発

課題番号200709498
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題B 自給飼料を基盤とした家畜生産システムの開発
中課題d.地域条件を活かした健全な家畜飼養のための放牧技術の開発
小課題d.地域条件を活かした健全な家畜飼養のための放牧技術の開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)寒地型牧草の単播草地における肥育素牛の増体は、5月には良好であるが以降には低下することから、放牧方法や補助飼料給与などを工夫する必要性が明らかになった。夏作収穫後耕地の冬季放牧利用を拡大するために、供給量と利用率が高いライ麦とイタリアンライグラスを冬季放牧に適した高栄養草種として選定するとともに、イタリアンライグラスは越冬に伴ってTDN含有率が増加することを示した。2)牛乳中の微量香気成分を高めるためには、1日当たり8時間以上の放牧が必要であること、放牧牛乳で生産したチーズは一般牛乳を原料とするチーズとは異なる特性を有することから、放牧により特徴ある製品を提供できることを明らかにした。3)牛肉に移行する牧草フレーバーを少量のサンプルを用いて迅速簡便に分離同定する方法を確立した。4)放牧により経産牛肉の脂肪酸において健康に好適な方向への変化が生じることを明らかにし、また、液化仕込み清酒粕の給与は第一胃機能を活性化させることから、育成期における給与は増体量向上の効果があることを明らかにした。5)肉用育成牛は、冬期にイタリアンライグラス、夏期にギニアグラスを利用する周年放牧体系(補給飼料2kg/日)において良好な増体を示すこと、また、放牧後とうもろこしサイレージ主体の肥育を行うことにより、放牧牛肉の欠点が解消されて栄養成分であるオレイン酸の割合や遊離アミノ酸の総量が高まることを明らかにした。6)GPSを用いた放牧育成牛の傾斜地における水平移動距離の測定に静止衛星を用いた新しい補正方法を適用することにより、測定精度(測位誤差1m以下の割合)を36%から73%に向上させ、放牧家畜のエネルギー消費量をより正確に測定可能とした。運動量に対応した補助飼料給与設計のための基礎データが収集された。7)黒毛和種を林内に放牧すると、夏以降には疾病予防効果や老化防止効果のある抗酸化能が血液中に高まることを認めるなど、放牧が家畜の生体防御機能を高める効果を捉えた。北海道での畑地型集約放牧酪農は、放牧導入の効果により、舎飼いに比べて購入飼料費の削減、飼料自給率の向上、労働時間の短縮が図られることを認めた。8)黒毛和種の親子放牧条件下において、ホルモン剤による排卵同期化処置で卵巣機能の回復を早める受胎率向上技術を開発した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,集約放牧研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,日本短角研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,近農研,粗飼料多給型高品質牛肉研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,周年放牧研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,山地畜産研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,放牧管理研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,中央研,山地畜産研究チーム
協力分担関係十勝農業改良普及センター
JA忠類
北海道大学
帯広畜産大学
住友化学
酪農学園大学
広島県立総合技術研究所
山口県農林総合技術センター
酒類総合研究所
東北大
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・作物対応研究[えさプロ] 委託・バイテク先端技術[安全・安信プロ] 技会・その他 生産局交付金研究 文科省[科研費] その他
業績(1)糞上移植による放牧地の省力的なシバ草地化
(2)畑地型酪農におけるメドウフェスクを用いた集約放牧の導入効果
(3)南方さび病に強くTDN多収の晩播・夏播き用トウモロコシ品種候補「九交128号」
(4)サイレージ用トウモロコシ一代雑種の新親品種候補「Mi91」
(5)Effect of tunneler dung beetles on cattle dung decomposition, soil nutrients and herbage growth
(6)Ability of salt glands in Rhodes grass (Dhloris gayana Kunth) to secrete Na+ and K+
(7)Soil organic carbon storage in grazing pasture covered from forest on andosol soil。
(8)糞上移植法を用いて寒地型牧草地へ導入したシバ(Zoysia japonica Steud.)の定着と拡大
(9)糞上移植法によるシバ(Zoysia japonica Steud.)苗移植作業の省力性
(10)刈取りと火入れによるススキ型草地の植生変化の差異
(11)Effect of an environmental enrichment with the presence of trees as rubbing objects in grassland: the necessity among grazing cattle of tree-grooming
(12)Effect of lactation stage, season and parity on milk cortisol concentration in Holstein cows
(13)放牧牛における漏電時の電気牧柵脱柵行動パターンと電気牧柵の心理柵としての効果
(14)Effect of regular walking exercise on glucose toleranceand insulin response to i.v. glucose infusion in growingbeef steers
(15)Unsaturated fatty acids promote proliferation via ERK1/2 and Akt pathway in bovine mammary epithelial cells
(16)Comparative observations of the growth changes of the histochemical properties and collagen architecture of the iliotibialis lateralis muscle from Silky, layer and meat type cockerels
(17)Histochemical properties and collagen architecture of M. iliotibialis lateralis and M. puboischiofemoralis in male broilers with different growth rates induced by feeding at different planes of nutrition.
(18)Changes in the pyridinoline concentration of the gastrocnemius and soleus muscle in goats from 2 weeks prenatal to 24 weeks of age
(19)Extended logistic model for growth of single-species populations
(20)Reliability of estrus detection in Holstein heifers using a radiotelemetric pedometer located on the neck or legs under different rearing conditions
(21)The effect of feed regimen on chewing time, digesta passage rate and particle size distribution in Holstein non-lactating cows fed pasture ad libitum
(22)Effects of intramuscular fat deposition on the beef traits of Japanese Black steers (Wagyu)
(23)耕作放棄水田跡地放牧における社会行動と尿中コルチゾール濃度
(24)フルメトリン油剤ポアオン法における牛の体重が防除効果に及ぼす影響
(25)フタトゲチマダニのサンプリング方法に関する検討
(26)Ability of salt glands in Rhodes grass (Chroris gayana Kunth) to secrete Na+ and K+
(27)胎子の発育不全が認められたウシ胎盤節におけるMRJ遺伝子発現解析の試み
(28)Influence of season and parity on embryo recovery and subsequent reproductive perormances in early postpartum suckling Japanese Black cows
(29)飼料用トウモロコシ品種「ゆめちから」の収穫期による収量および栄養価の変動
(30)飼料用トウモロコシ不耕起栽培におけるグリホサートアンモニウム塩剤およびニコスルフロン剤処理が収量および雑草量に与える影響
(31)ガレガ(Galega orientalis Lam.)のチモシ−(Phleum pratense L.)との混播適性
(32)エンバク新品種「たちあかね」の普及に向けた取り組み
(33)トウモロコシ南方さび病抵抗性遺伝子に緊密に連鎖するDNAマーカーの作出
(34)黒毛和種去勢肥育牛におけるロース芯の不飽和脂肪酸割合に対するStearoyl-CoA Desaturase(SCD)遺伝子型の効果
(35)九州14号
(36)九州14号
(37)九州15号
(38)九州16号
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093076
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat