e.高収益な果樹生産を可能とする高品質品種の育成と省力・安定生産技術の開発

e.高収益な果樹生産を可能とする高品質品種の育成と省力・安定生産技術の開発

課題番号200709510
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題C 高収益型園芸生産システムの開発
中課題e.高収益な果樹生産を可能とする高品質品種の育成と省力・安定生産技術の開発
小課題e.高収益な果樹生産を可能とする高品質品種の育成と省力・安定生産技術の開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)黄肉で食味の優れた中生のもも「モモ筑波121号」および枝垂れ性・八重咲きで食用可能な観賞用もも「モモ筑波125号」を新品種候補として選抜した。また、極早生で食味良好な黄肉もも新品種「ひめこなつ」およびすももとうめの種間交雑により作出した赤肉で大果の新品種「露茜(つゆあかね)」が品種登録出願公表された。2)ぶどう果皮の着色の有無は転写因子の遺伝子型により決定されていることを明らかにするとともに、その遺伝子型が果皮のアントシアニン含量にも影響することを示した。また、省力・安定生産技術開発の一環として、ぶどうの花穂整形作業を簡便な操作で短時間に完了できる道具を考案した。かきのわい性台木では、中間台木系統「Ac-1」および「Y」が「富有」のわい化栽培に有効であること、わい性台木の挿し木繁殖では、IBAの反復処理により発根率と生存率が向上することを明らかにした。3)年内に出荷できる早生みかん新品種「西南のひかり」および重油高騰にも対応できる無加温あるいは少加温の施設栽培に適するみかん新品種「津之輝」が品種登録出願公表された。また、重イオンビームおよびガンマ線照射により、トゲの短いかんきつ突然変異体が5個体得られた。隔年結果問題の解決に向けて、高糖系うんしゅうにおける高品質果実の連年安定生産のための枝梢管理技術を確立した。4)りんご果実の収穫後における硬度変化に回帰式を当てはめ、軟化のしやすさを数値化することにより、日持ち性の遺伝関係を明らかにした。また、りんごの果実発現遺伝子について合計5,000クローンのシーケンスを行うとともに、これらのESTをクラスタリングし、りんご独自取得ESTと公開データベースの統合を行い、22,045件のりんご非重複遺伝子(EST)データベースを構築した。さらに、授粉の効率化を図るため、「ふじ」および「つがる」に適する授粉専用品種として「M.baccata 79091」、「Makamik Crab」、「Sentinel Crab」、「M.×atrosanguinea」、「Redbud Crab」および「Snowdrift Crab」を選抜した。低樹高栽培技術の開発については、5×3mの半密植栽培において成木期に達しても2m以下で結実させる低樹高栽培に適した品種と台木の組合せを明らかにするとともに、下枝骨格枝として、上から見て×+×+と交互に組合せて配置することにより作業の省力化を図りつつ、収量を確保できることを明らかにした。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,果樹研,ナシ・クリ・核果類研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,果樹研,ブドウ・カキ研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,果樹研,カンキツ研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,果樹研,リンゴ研究チーム
協力分担関係農業生物資源研究所
理化学研究所
酒総研
京都大
近畿大
広島大
岩手大学
岐阜大学
富山県農業技術センター
岩手中央農業協同組合
予算区分技会交付金研究 基礎研究推進事業 高度化事業 技会・その他 文科省[科研費] 文科省・その他 その他
業績(1)黄肉で食味の優れたモモ新品種候補「モモ筑波121号」
(2)花穂整形器によるブドウ花穂整形の省力化
(3)A low transcriptional level of Se-RNase in the Se-haplotype confers self-compatibility in Japanese plum
(4)Emission of N2O and CO2 and Uptake of CH4 in Soil from a Satsuma Mandarin Orchard under Mulching Cultivation in Central Japan
(5)ニワウメおよびユスラウメ台と穂木品種との組合せによるモモ樹の生育および生産性
(6)VvmybA1 genotype determines grape skin color
(7)Transgenic Japanese persimmon
(8)Screening for resistance to ripe rot caused by Colletotrichum acutatum in grape germplasm
(9)Selection of interstocks for dwarfing Japanese persimmon (Diospyros kaki) Trees.
(10)Recent persimmon research in Japan
(11)Expression of three expansin genes during development and maturation of Kyoho grape berries
(12)An anthocyanin regulator from grapes, VlmybA1-2, produces reddish-purple plants
(13)新規道具を利用したブドウ花穂整形の省力化
(14)ブドウ新品種‘シャインマスカット’
(15)Transgenic trifoliate orange (Poncirus trifoliata L. Raf.)
(16)ヒュウガナツ果実の減酸に及ぼす貯蔵温度と高酸素濃度の影響
(17)早期加温型ハウスミカンにおける結果母枝の着花性ならびに枝梢内生分に及ぼす影響
(18)水管理の異なるウンシュウミカン樹のTDR法による枝体積含水率の変化
(19)Functional Analysis of MdPI, the PISTILLATA Gene Homologue of Apple, in Arabidopsis
(20)Resistance sources to Valsa canker (Valsa ceratosperma) in a germplasm collection of diverse Malus species
(21)Constitutive expression of two apple (Malus × domestica Borkh.) homolog genes of LIKE HETEROCHROMATIN PROTEIN1 affects flowering time and whole-plant growth in transgenic Arabidopsis.
(22)リンゴ果実における蒸散、光合成及び呼吸速度の季節変化
(23)Estimations of heritability and breeding value for postharvest fruit softening in apple
(24)A portable non-destructive quality meter for understanding frit soluble solids in apple canopies.
(25)The FLOWERING LOCUS T/TERMINAL FLOWER 1 Family in Lombardy Poplar
(26)Agrobacterium-mediated transformation of the dwarf pomegranate (Punica granatum L.var.nana)
(27)Estimation of gene flow via pollen spread for the orchard layout prior to the field release of apple transformats
(28)ぽろたん
(29)西南のひかり
(30)津之輝
(31)ひめこなつ
(32)太月
(33)太天
(34)おぜの紅
(35)露茜
(36)ひめこなつ
(37)太月
(38)太天
(39)西南のひかり
(40)津之輝
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093088
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat