d.誘導抵抗性等を活用した生物的病害抑制技術の開発

d.誘導抵抗性等を活用した生物的病害抑制技術の開発

課題番号200709517
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題D 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの開発
中課題d.誘導抵抗性等を活用した生物的病害抑制技術の開発
小課題d.誘導抵抗性等を活用した生物的病害抑制技術の開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要糸状菌病では、1)薬草類のうち、甘草根の抽出液においてキュウリ炭疽病、べと病に対する高い抑制効果を認めた。 ウイルス病では、1)トウガラシマイルドモットルウイルス(PMMoV)弱毒株を接種したピーマンでは、収量は無処理と差がなく、果実のビタミンC含量が1.3〜1.5倍に増加した。2)PMMoVの不活化菌のウイルス不活化活性には、5 kDa以上の酵素様のたんぱく質が関与することが示唆された。3)ピーマンに対するセルラーゼ剤処理は、散布2日後にPMMoVを接種した場合でも、無処理に比較して感染株を半減させた。4)ゆりのキュウリモザイクウイルス弱毒株の素材が選抜された。 細菌病では、1)青枯病に対する酵母抽出液の高い発病抑制効果を明らかにした。2)キャベツ黒腐病菌を溶菌するファージの長期の冷蔵保存性やスキムミルクのキャベツ葉面での保護効果を明らかにした。 土壌伝染性病害では、1)ダイズ茎疫病および黒根腐病の同時防除に有効なトリコデルマ菌が選抜され、抵抗性誘導剤(亜リン酸)との体系防除が実証できた。2)フスマ等の有機物やからしな等の緑肥を混和した土壌におけるジメチルスルフィド等の物質の生成には、クロストリジウム菌などの絶対嫌気性菌の関与が示唆された。3)非病原性細菌株のキャベツ苗箱処理と移植後における低分子量キチン資材(LMC)懸濁液のかん注処理、活着後のLMC懸濁液の茎葉散布の組合せは、キャベツやブロッコリー根こぶ病に対して化学農薬に匹敵する防除効果を示した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,中央研,生物的病害制御研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,近農研,生物的病害制御研究チーム
協力分担関係京都府立大学
(財) 農民教育協会・鯉渕学園
丸善製薬株式会社総合研究所
片倉チッカリン(株)
出光興産(株)
農業生物資源研究所
農業環境技術研究所
長野県野菜花き試験場
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・作物対応研究[生物機能] 技会・その他 文科省・JST競争的資金
業績(1)MAP kinases function downstream of HSP90 and upstream of mitochondria in TMV resistance gene N-mediated hypersensitive cell death
(2)High-throughput in planta expression screening identifies an ADP-ribosylation factor (ARF1) involved in non-host resistance and R gene-mediated resistance
(3)メロンえそ斑点病に対する拮抗菌及び抵抗性品種の防除効果
(4)Inhibition of Pepper mild mottle virus with Commercial Cellulases
(5)Adsorption of OP1-related bacteriophages requires the gene encoding a TonB-dependent receptor-like protein in Xanthomonas oryzae pv. oryzae
(6)Contribution of the type II secretion system in systemic infectivity of Ralstonia solanacearum through xylem vessels
(7)Incidence of viruses occurring in Alstroemeria plants cultivated in Japan, and characterization of Broad bean wilt virus 2, Cucumber mosaic virus and Youcai mosaic virus
(8)Cucumber mosaic virus isolated from Aconitum spp. in Japan
(9)サテライトRNA遺伝子の導入によるキュウリモザイクウイルス抵抗性トマトに関する研究  第3報 サテライトRNAの転写および伝搬による変異性の解明
(10)マイクロ波土壌消毒機を用いたホウレンソウ萎凋病の防除
(11)The Pathogenicity of Pepper Mild Mottle Virus Is Controlled by The RNA Silencing Suppression Activity of Its Replication Protein, but Not The Viral Accumulation.
(12)Two Amino Acid Substitutions in the Coat Protein of Pepper Mild Mottle Virus Are Responsible for Overcoming the L4 Gene-Mediated Resistance in Capsicum spp.
(13)ピーマンの抵抗性品種の栽培による土壌中のトウガラシマイルドモットルウイルスの濃度低減と発病抑制効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093095
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat