e.病原ウイルス等の昆虫媒介機構の解明と防除技術の開発

e.病原ウイルス等の昆虫媒介機構の解明と防除技術の開発

課題番号200709518
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題D 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの開発
中課題e.病原ウイルス等の昆虫媒介機構の解明と防除技術の開発
小課題e.病原ウイルス等の昆虫媒介機構の解明と防除技術の開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要昆虫媒介性ウイルス病の防除を目指して、稲ウイルスの媒介昆虫−宿主植物間のシャトル感染機構の分子生物学的解明、ウイルスたんぱく質機能抑制と抵抗性発現との関連解析、媒介昆虫抵抗性稲におけるウイルス抵抗性特性の解明、オルピディウム菌によるメロンえそ斑点病の媒介機構の解明、アザミウマ類媒介機構の解明等に関する研究を行った。その結果、1)イネ萎縮ウイルス(RDV)が媒介昆虫細胞へ侵入する過程、本ウイルスが主に経卵伝搬によって6年間昆虫で保持される現象、ウイルス遺伝子の発現抑制によって抵抗性形質転換稲が得られることを明らかにした。2)比較的媒介虫の生存率が高く、かつRDVの感染率が低い稲品種を選抜した。3)オオムギ縞萎縮ウイルスのI〜IV系統および茨城県の主要大麦産地で問題となっている3分離株のRNA2の塩基配列を決定し、系統IIとIIIを識別できる制限酵素サイトを見出した。4)タマネギ萎黄病ファイトプラズマの昆虫伝搬能喪失系統において、多くの系統で染色体外DNAに変異の存在を認めた。5)メロンえそ斑点ウイルス(MNSV)の媒介菌がメロン根細胞へ侵入する過程において、MNSVが被のうと侵入菌糸様構造内に局在していることを確認した。また、MNSV粒子と相互作用する膜たんぱく質と予測されるオルピディウム菌遊走子たんぱく質を選抜した。6)塩基配列情報に基づきO. bornovanusを特異的に検出する手法を開発した。7)トマト黄化えそウイルスに感染した各種植物に、その媒介虫であるミカンキイロアザミウマが集まる現象について解析した。8)ヒトE型肝炎ウイルスのキャプシドたんぱく遺伝子を発現する形質転換レタスを新たに開発し、導入遺伝子産物のたんぱく質が十分に発現していることを確認した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,中央研,昆虫等媒介病害研究チーム
予算区分技会交付金研究 基礎研究推進事業 文科省[科研費] 厚労省競争的資金
業績(1)イネ萎縮ウイルスは媒介昆虫での経卵伝染で6年間維持される
(2)RNA 干渉法によるイネ萎縮ウイルス抵抗性イネの作出
(3)The repression of cell wall- and plastid-related genes and the induction of defense-related genes in rice plants infected with rice dwarf virus.
(4)Molecular analysis of the genome segments S1, S4, S6 S7 and S12 of a Rice gall dwarf virus isolate from Thailand; completion of the genomic sequence.
(5)Retention of Rice dwarf virus by descendants of pairs of virusliferous vector insects after rearing for six years.
(6)Entry of Rice dwarf virus into cultured cells of its insect vector involves clathrin-mediated endocytosis.
(7)The P2 capsid protein of the noenveloped rice dwarf phytoreovirus induces membrane fusion in insect host cells.
(8)Three-dimensional architecture of virus-packed tubule.
(9)Occurrence of rocket larkspur witches’ broom caused by ‘Candidatus Phytoplasma asteris’in Japan
(10)Occurrence of chrysanthemum virescence caused by ‘Candidatus Phytoplasma aurantifolia’ in Okinawa
(11)動物種の如何を問わずE型肝炎ウイルス抗体を検出し得る簡便ELISA法
(12)High Temperatures Activate Local Viral Multiplication and Cell-to-Cell Movement of Melon Necrotic Spot Virus, but Restrict Expression of Systemic Symptoms.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093096
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat