n.天敵等を用いた果樹害虫の制御・管理技術の開発

n.天敵等を用いた果樹害虫の制御・管理技術の開発

課題番号200709527
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題D 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの開発
中課題n.天敵等を用いた果樹害虫の制御・管理技術の開発
小課題n.天敵等を用いた果樹害虫の制御・管理技術の開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)果樹カメムシ類モニタリング用の量産型乾式トラップの誘導部を四角柱形から円柱形に変更することで、有意差はないもののチャバネアオカメムシに対する捕獲数の増加が見られた。また、この乾式トラップは水盤式トラップと比較して同等の平均捕獲数を示し、捕獲消長も極めて類似していたことから高い現場適応性が確認された。2)近年国内で個体数の増加や分布の拡大が観察され、ハダニの有力天敵として注目されているミヤコカブリダニが、九州地域で初めて確認された。本種は九州各県において農薬を使用しているかんきつ園でも広く発生が見られた。3)ネギアザミウマの合成ピレスロイド剤抵抗性系統においてナトリウムチャネル遺伝子にアミノ酸置換を引き起こす点突然変異を発見した。ワタアブラムシの警報フェロモンへの反応性は抵抗性遺伝子型クローンの方が高い傾向にあることを明らかにした。4)カメムシの天敵糸状菌Paecilomyces fumosoroseusを夏季に土壌中に散布すると、散布後1ヶ月間の平均地温が31℃であったほ場試験区では、土壌中の菌は散布3週間後にほとんど消失した。一方、平均地温が27.4℃であった網室試験区では、菌は2ヶ月間安定して土壌中で生存していた。5)ナシヒメシンクイおよびモモシンクイガの成虫はそれぞれ羽化2日後〜18日後、1日後〜13日後に産卵し、産卵ピークはそれぞれ羽化7日後、3日後に現れた。ナシヒメシンクイは果実袋に好んで産卵するが、モモシンクイガはほとんど産卵しないことが明らかとなった。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,果樹研,果樹害虫研究チーム
協力分担関係千葉県農業総合研究センター
岐阜県農業技術センター
和歌山県農林水産総合技術センター
鳥取県園芸試験場
島根県農業技術センター
広島県立総合技術研究所
山口県農林総合技術センター
愛媛県立果樹試験場
福岡県農業総合試験場
佐賀県果樹試験場
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・作物対応研究[生物機能] 文科省[科研費] その他
業績(1)果樹カメムシ類の新しいモニタリング用乾式トラップ
(2)Olfactory response of the anthocorid predatory bug Orius sauteri to thrips -infested eggplants
(3)Phylogenetic analysis based on mitochondrial COI gene sequences in Thrips tabaci Lindeman (Thysanoptera: Thripidae) in relation to reproductive forms and geographic distribution
(4)Description of a new species of Phytoscutus (Acari: Phytoseiidae) from Kyushu, Japan
(5)Development of pyramidal trap for monitoring fruit-piercing stink bugs baited with Plautia crossota stali (Hemiptera: Pentatomidae) aggregation pheromone
(6)殺虫剤無散布リンゴ園における昆虫病原糸状菌の発生消長
(7)合成ピレスロイド剤抵抗性ワタアブラムシのナトリウムチャネル遺伝子で検出された点突然変異
(8)九州のカンキツ園におけるミヤコカブリダニの発生状況
(9)The occurrence of Typhlodromus (Anthoseius) transvaalensis (Nesbitt) (Acari: Phytoseiidae) in Japan
(10)Development of molecular diagnostics of the two point mutations in acetylcholinesterase gene associated with insecticide resistance in the cotton aphid, Aphis gossypii Glover, (Homoptera: Aphididae) and a survey of genotypic frequency in field populations
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093105
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat