q.有機性資源の農地還元促進と窒素溶脱低減を中心にした農業生産活動規範の推進のための土壌管理技術の開発

q.有機性資源の農地還元促進と窒素溶脱低減を中心にした農業生産活動規範の推進のための土壌管理技術の開発

課題番号200709530
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題D 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの開発
中課題q.有機性資源の農地還元促進と窒素溶脱低減を中心にした農業生産活動規範の推進のための土壌管理技術の開発
小課題q.有機性資源の農地還元促進と窒素溶脱低減を中心にした農業生産活動規範の推進のための土壌管理技術の開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)18年度に試作した窒素溶脱解析モデルSOILN-jpnに牛ふん堆肥や豚ぷん堆肥の分解特性パラメータを導入し、ほ場等で得られた実測データを用いて検証することにより、堆肥を施用した場合でも中長期間の硝酸溶脱を予測可能にし、研究者向けに公開・普及できるプログラムとして完成させた。2)土壌腐植含量の一定水準維持に必要な家畜ふん堆肥施用量と土壌養分の適正管理から見た堆肥の施用限界量を地域ごとに算出するツールを開発し、算出に必要な施肥基準や作物の養分吸収量データベースを構築した。3)重窒素標識家畜ふん堆肥を用いて堆肥由来窒素の畑地土壌残存率の経年推移をモデル化するとともに、不攪乱土壌を充填したモノリスライシメータにおける堆肥由来窒素の収支と溶脱経過を明らかにした。草地では、関東北部の集約酪農地帯中心部における年間の全窒素湿性沈着量は山間部に比べて12〜17kg/ha多く、これが家畜ふん尿起源の窒素沈着と推定した。4)黒ボク土の硝酸イオン保持能を3時間以下の短時間で精度良く評価できる測定法を開発するとともに、窒素付加堆肥の養分含量、ほ場における窒素溶出特性、貯蔵中の成分安定性を明らかにし、作物栽培試験により窒素付加堆肥の肥料効果を検証した。5)閉鎖系水域の水質保全では、農地における旬別の窒素負荷量デ−タを用いて、窒素流出モデルにおける推定精度の向上を図るとともに、土壌の易分解性窒素保持量の簡便な定量法の開発等を行った。その結果、湧水と隣接する水田の土壌水の硝酸態窒素濃度の関係解明と湧水の濃度測定により、香川県二毛作水田地帯(集水域333ha)の硝酸態窒素排出量は38kg/haと推定された。また、ELISA法により土壌のリン酸緩衝液抽出性有機態窒素量をほぼ定量できることを明らかにした。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,中央研,資源循環・溶脱低減研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,土壌環境指標研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,近農研,広域農業水系保全研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,野茶研,資源循環・溶脱低減研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,資源循環・溶脱低減研究チーム
協力分担関係三菱総合研究所
農業環境技術研究所
茨城県農業総合センター
鉾田地域農業改良普及センター
宮崎県綾町有機農業開発センター
佐賀県農業研究センター
長崎県総合農林試験場
滋賀県農業技術振興センター
滋賀県琵琶湖環境科学研究センター
滋賀県立大学
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・環境研究[バイオマスプロ] 技会・その他 文科省[科研費] その他
業績(1)畑地における窒素溶脱解析ツールSOILN−jpnの開発
(2)Effect of compost and nitrogen fertilizer on wheat nitrogen use in Japanese soils
(3)重窒素標識された鶏ふん堆肥の畑地での窒素動態
(4)重窒素標識牛ふん堆肥作製と牛ふん堆肥施用畑地における2作間の窒素動態
(5)凍結融解過程におけるケイ酸の動態解析−高速液体クロマトグラフィーによる検討−
(6)Relationship between nitrogen and phosphate surplus from agricultural production and river water quality in two types of production structure
(7)Atmospheric deposition of reactive nitrogen on turf grassland in centralJapan: conparison of the contribution of wet and dry deposition
(8)マコモ人工湿地による浄化槽放流水中の栄養塩および亜鉛の除去−ビオトープ型水質浄化の試み−
(9)Deep-soil adsorption of nitrate in a Japanese Andisol in response to different nitrogen sources
(10)Soil organic carbon storage in grazing pasture converted from forest on Andosol soil
(11)Characterization of neutral phosphate buffer extractable soil organic matter by electrophoresis and fractionation using ultrafiltration
(12)四万十川の一流域における流量、および窒素、リン、無機イオン負荷量の日単位連続評価法
(13)有機物資材を混和したマージ土壌の硬化強度の経時変化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093108
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat