b.やませ等気象変動による主要作物の生育予測・気象被害軽減技術の高度化と冷涼気候利用技術の開発

b.やませ等気象変動による主要作物の生育予測・気象被害軽減技術の高度化と冷涼気候利用技術の開発

課題番号200709537
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題E 環境変動に対応した農業生産技術の開発
中課題b.やませ等気象変動による主要作物の生育予測・気象被害軽減技術の高度化と冷涼気候利用技術の開発
小課題b.やませ等気象変動による主要作物の生育予測・気象被害軽減技術の高度化と冷涼気候利用技術の開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)18年度の研究成果である「気象予測データを基にした農作物被害軽減情報ウェブシステム」を水稲シーズン中運用し、水稲生育予測情報、深水管理警報など冷害回避に有効な情報を発信した。同ウェブシステムで、寒候季は寒締めほうれんそうの生育予測情報を発信しているが、19年度は新たに、気象予測データを用いた寒締めほうれんそうの糖度予測手法を開発した。同生育予測情報と併せて利用することで、より高付加価値のほうれんそうの出荷が可能になる。2)地理情報システム(GIS)上で稼働する気象予測データを用いた予測型BLASTAMを開発した。気象予測データを用いた判定結果と実際の気象データを用いた判定結果を統計的に検定したところ、3日先まで予測精度が高いことが明らかとなった。3)形質転換体稲について、特に小胞子初期に相当する穎花長3.0〜4.0 mmの時期に冷温に応答して遺伝子発現が抑制されることが定量的に確かめられ、稲葯冷温応答遺伝子について発現調節を担うプロモーターの機能が明らかになった。4)「麗江新団黒谷」の耐冷性関連遺伝子領域から、11種類111個体の組換え個体を選抜した。また、「あそみのり」由来のいもち病抵抗性遺伝子の候補領域からは19個体を選抜した。さらに、「中部32号」由来のいもち病抵抗性遺伝子Pi34保有系統「29-23」と「ひとめぼれ」との戻し交配種子(BC1F1)を得た。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,やませ気象変動研究チーム
協力分担関係東北大学
岩手県立大学
情報通信研究機構
仙台管区気象台
宮城県古川農業試験場
日本気象協会
予算区分技会交付金研究 高度化事業 文科省[科研費]
業績(1)Temporal evolution and spatial structure of the local easterly wind Kiyokawa-Dashi"" in Japan PART I: Coherent Doppler lidar observations""
(2)ノンパラメトリック回帰によるイネの障害不稔歩合の推定法
(3)低温湧水を利用した地中冷却処理による施設野菜の高品質生産
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093115
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat