g.稲病害虫抵抗性同質遺伝子系統群の選抜と有用QTL遺伝子集積のための選抜マーカーの開発

g.稲病害虫抵抗性同質遺伝子系統群の選抜と有用QTL遺伝子集積のための選抜マーカーの開発

課題番号200709545
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題A 先端的知見を活用した農業生物の開発及びその利用技術の開発
中課題g.稲病害虫抵抗性同質遺伝子系統群の選抜と有用QTL遺伝子集積のための選抜マーカーの開発
小課題g.稲病害虫抵抗性同質遺伝子系統群の選抜と有用QTL遺伝子集積のための選抜マーカーの開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要各種病害虫抵抗性について遺伝解析によるQTLの検出および戻し交配とDNAマーカーによる同質遺伝子系統の選抜を進めた。その結果、1)新規のいもち病抵抗性遺伝子座を導入した同質遺伝子系統の育成を進め、Pi9については遺伝的にはほぼ完成に近い状態となった。2)紋枯れ病抵抗性については、WSS2のQTL解析を行うとともにアフリカ稲に抵抗性を見出した。ごま葉枯病抵抗性については、QTLの同定を行い、「コシヒカリ」を遺伝的背景とする同質遺伝子系統の育成を進めた。3)「コシヒカリ」に縞葉枯病抵抗性遺伝子StvaとStvbおよびいもち病抵抗性遺伝子Pi34を導入した新配付系統「中国IL2号」を育成した。4)「ヒノヒカリ」にトビイロウンカ抵抗性遺伝子bph11を持たせた同質遺伝子系統「関東BPH1号」を品種登録出願し、農家ほ場での栽培が始まった。さらに、これとは異なる抵抗性遺伝子qbp4(O.minuta由来)を持つ「関東241号」を育成した。5)近縁野生稲の耐病虫性や他の有用形質を効率的に評価し実用品種に取り込むための、O.rufipogonの染色体断片導入系統群の1セットを公開するとともに、収量性関連形質の遺伝解析を行った。また新たにO.glumaepatura由来の系統群を作出した。6)高温登熟性に優れる「にこまる」へ病虫害抵抗性を付与するためのDNAマーカーを選抜し、戻し交配を行った。7)「コシヒカリ」の中晩生同質遺伝子系統「関東HD2号」が品種登録され、生産希望者への種子の配布を行った。また、出穂性同質遺伝子系統にいもち病抵抗性や低アミロース遺伝子の集積を行った。8)極良食味品種「おぼろづき」、「北海PL9」の低アミロース性DNAマーカーの有効性を確認した。9)18年度に検出した「コシヒカリ」の良食味関連QTLが日本稲同士の組み合せでも検出され、実用性が確認された。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,作物研,稲マーカー育種研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,近農研,稲マーカー育種研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,稲マーカー育種研究チーム
協力分担関係農業生物資源研究所・QTLゲノム育種研究センター
農林水産先端技術研究所
予算区分技会交付金研究 技会・その他
業績(1)QTL Analysis of Brown Spot Resistance in Rice (Oryza sativa L.).
(2)Mapping of Quantitative Trait Loci for the Occurrence of White-Back Kernels Associated with High Temperatures During the Ripening Period of Rice (Oryza sativa L.)
(3)QTL Detection for Eating Quality Including Glossiness, Stickiness, Taste and Hardness of Cooked Rice
(4)コシヒカリと同質の遺伝的背景を持つ極早生の水稲品種「コシヒカリ関東HD1号」 の育成
(5)Optimization of the Marker-based Procedures for Pyramiding Genes from Multiple Donor Lines. Part II. Strategies for Selectiong the Objective Homozygous Plant.
(6)関東BPH1号
(7)関東HD2号
(8)関東HD2号
(9)関東BPH1号
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093123
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat