m.栄養素による遺伝子発現調節機能の解明

m.栄養素による遺伝子発現調節機能の解明

課題番号200709551
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題A 先端的知見を活用した農業生物の開発及びその利用技術の開発
中課題m.栄養素による遺伝子発現調節機能の解明
小課題m.栄養素による遺伝子発現調節機能の解明
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)鶏ヒナに特定の種類のアミノ酸を給与することにより骨格筋たんぱく質分解を抑制できることを明らかにした。アミノ酸のうち特にグリシンは血中のコルチコステロン濃度を低下させることにより骨格筋たんぱく質分解を抑制した。2)子豚への低リジン飼料の給与や3T3-L3 1細胞培地中のリジン濃度の抑制によって、低リジンがadipogenesis関連遺伝子発現を制御していることを明らかにした。3)既知の細菌間情報伝達物質であるN-Decanoyl-DL-homoserine lactone がルーメン内主要繊維分解菌であるF. succinogenesの増殖およびセルラーゼ活性を抑制していることを明らかにした。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,分子栄養研究チーム
協力分担関係(独)家畜改良センター
農林水産先端技術研究所
九州東海大学
小松種鶏場
茨城大学
(株)日本農産工業研究開発センター
千葉県畜産総合研究センター
日本大学
北海道大学
三重大学
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・作物対応研究[えさプロ] 委託・バイテク先端技術[アグリバイオ] 文科省[科研費] その他
業績(1)Suppression of myofibrillar proteolysis in chick skeletal muscles by a-ketoisocaproate
(2)Nutritional Regulation of GLUT Expression, Glucose Metabolism, and Intramuscular Fat Content in Porcine Muscle
(3)Selenium addition to colostrum increases immunoglobulin G absorption by newborn calves.
(4)肥育後期の丸粒トウモロコシ給与が黒毛和種去勢牛の産肉性に及ぼす影響
(5)Effects of amino nitrogen on fermentation parameters by mixed ruminal microbes when energy or nitrogen is limited
(6)Inhibitory effects of isoleucine and antagonism of the other branched-chain amino acids on fermentation parameters by mixed ruminal microbes in batch cultures and rumen simulating fermenters (Rusitec)
(7)Analysis of methanogens in the bovine rumen by polymerase chain reaction single-strand conformation polymorphism
(8)Control of Rumen Microbial Fermentation for Mitigating Methane Emissions from the Rumen
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093129
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat