n.高品質畜産物生産のためのクローン牛等の安定生産技術の開発

n.高品質畜産物生産のためのクローン牛等の安定生産技術の開発

課題番号200709552
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題A 先端的知見を活用した農業生物の開発及びその利用技術の開発
中課題n.高品質畜産物生産のためのクローン牛等の安定生産技術の開発
小課題n.高品質畜産物生産のためのクローン牛等の安定生産技術の開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)G0期のドナー細胞と活性化2時間後のレシピエント卵子を用いた核移植胚では、未分化細胞等で特異的発現を示すSox2遺伝子の相対発現量が体外受精胚と比べて低い傾向を認めた。牛体細胞核移植において、卵子活性化開始後にヒストン脱アセチル化酵素阻害剤(Trichostatin A)を培地に添加すると、核移植胚の胚盤胞への発生率が2倍程度高まることを明らかにした。2)体細胞クローン牛に数%未満存在する体細胞由来ミトコンドリアDNAは、後代への伝達時にその存在割合が大幅に増減することを明らかにした。3)酸素濃度を段階的に調節する発育途上卵母細胞培養システムにおいては、培養液への還元剤の添加による効果は認められないこと、成熟培養液への細胞透過型Adenylate Cyclase 添加により体外受精後の胚発生率が高まることを明らかにした。また、成熟卵子のガラス化保存に有効なガラス化保存液を選定した。4)中空糸膜の活用により、胚の操作・培養、凍結ユニットを作成し、特許出願した。中空糸膜内配置胚の自家蛍光発色強度およびパターンは励起波長により異なることから、蛍光指示薬等の薬剤を用いずに胚の評価につながる可能性が示唆された。5)核移植操作の自動化のためのモジュールについて、特許を共同出願した。6)新規温度感受性高分子を修飾した培養皿の利用により、細胞間接着を保ったシートとして増殖した細胞を回収し、継代が可能であることを明らかにした。栄養膜小胞やゲルによる徐放化ウシインターフェロンタウの子宮内投与により、発情周期が延長する個体を確認した。7)長期不受胎牛はオキシトシン感受性が正常牛と比較して低く、特に発情後18日においてオキシトシン感受性が著しく異なることを明らかにし、不受胎となりやすい牛の選定基準となる可能性を示した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,高度繁殖技術研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,高度繁殖技術研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,高度繁殖技術研究チーム
協力分担関係農業生物資源研究所
(独)家畜改良センター
北海道立畜産試験場
大分県農林水産研究センター
鹿児島県肉用牛改良研究所
京都大学
大阪大学
岩手大学
東北大学
岡山大学
予算区分技会交付金研究 基礎研究推進事業 異分野 高度化事業 委託・畜産対応研究[健全畜産プロ] 文科省[科研費] その他
業績(1)ブタ子宮内膜におけるエストロジェンレセプターに対するエストロジェン及びエストロジェン様化学物質の結合の競合
(2)黒毛和種雌牛における卵胞刺激ホルモン皮下1回投与による過剰排卵誘起法第1報 水酸化アルミニウムゲル吸着卵胞刺激ホルモン投与牛における血漿中卵胞刺激ホルモン濃度の推移および過剰排卵誘起効果
(3)Development to the Blastocyst Stage of Porcine Somatic Cell Nuclear Transfer Embryos Reconstructed by the Fusion of Cumulus Cells and Cytoplasts Prepared by Gradient Centrifugation.
(4)Improvement of transgenic cloning efficiencies by culturing recipient oocytes and donor cells with antioxidant vitamins in cattle
(5)Handmade Somatic Cell Cloning and Related Studies in Farm Animals
(6)In vitro development of equine oocytes from preserved ovaries after intracytoplasmic sperm injection
(7)Apoptosis in the Porcine Uterine Endometrium during the Estrous Cycle, Early Pregnancy and Post Partum
(8)Development of sheep androgenetic embryos is boosted following transfer of male pronuclei into androgenetic hemizygotes
(9)Effect of Ovary Storage on Development of Bovine Oocytes after Intracytoplasmic Sperm Injection, Parthenogenetic Activation, or Somatic Cell Nuclear Transfer
(10)胚の直接移植法に準じたウシ栄養膜小胞の凍結保存
(11)凍結−融解したウシ栄養膜小胞の子宮内投与が発情周期および移植胚の受胎率に及ぼす影響
(12)Germ-line transmission of donor mitochondrial DNA showed bottleneck in nuclear transfer derived cow lineages.
(13)Gene Silencing of Cyclooxygenase-2 mRNA by RNA Interference in Bovine Cumulus-Granulosa cells
(14)Bovine nuclear transfer using fresh cumulus cell nuclei and in vivo- or in vitro-matured cytoplasts
(15)Distribution of PCDDs, PCDFs and dioxin-like PCBs in the blood, testis and adipose tissue of suckling beef calves.
(16)Health Status and Productive Performance of Somatic Cell Cloned Cattle and Their Offspring Produced in Japan
(17)Cytoplasmic glutathione regulated by cumulus cells during porcine oocyte maturation affects fertilization and embryonic development in vitro.
(18)Glutamine and hypotaurine improves intracellular oxidative status and in vitro development of porcine preimplantation embryos.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093130
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat