a.いも類・雑穀等の機能性の解明と利用技術の開発

a.いも類・雑穀等の機能性の解明と利用技術の開発

課題番号200709570
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題B 農産物・食品の機能性の解明と利用技術の開発
中課題a.いも類・雑穀等の機能性の解明と利用技術の開発
小課題a.いも類・雑穀等の機能性の解明と利用技術の開発
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)甘しょ葉身部のポリフェノール含量および地上部の特性によって52系統を選抜した。19年度の総カフェ酸誘導体含量の平均値は8,934mg/100gDWであり、18年度を大きく上回ったが、その程度は系統によって大きく異なった。各成分の総量に対する比率の年次間変動は比較的小さく、特に3種のジカフェオイルキナ酸含量の比率間には高い相関が認められた。2)プロアントシアニジンを含む飲料を黒大豆を用いて試作し、その特性について明らかにした(特許出願予定)。さとうきびの地方番号を付した有望系統の中から10.4mg/100mlという高いGABA含量を示す系統を見出した。GABA含量(「Ni12」で17.3mg/100ml)が高く、しかも良食味の乳酸飲料が試作できた。3)黄色甘しょの新規カロテノイドを同定し、各色素成分の品種間差を明らかにした。また、橙色系と黄色系甘しょのカロテノイド成分は同一で、その含量比により色調が変化することを明らかにした。さとうきびポリフェノールについては、育成系統の総ポリフェノール含量を測定し、高含量系統を見出した。4)馬鈴しょをはじめとした根茎でん粉においてリン酸基量が多いと醸造用酵素によって分解されにくいことが明らかとなった。さらに、生の高リン型馬鈴しょでん粉の摂取により、ラットの空腹時の血糖値およびインスリン値が低下することが判明した。5)ポテトパルプを食餌に5%添加し4週間ラットを飼育した場合、エタノールの大量摂取による体重減少は有意に改善し、血中脂質の改善傾向および腸内細菌の改善効果が見られた。また、新ビートファイバーをパンに添加した場合、添加物の工夫により流通しているビートファイバーと同程度の製パン性が維持され、風味の改善傾向が見られた。6)パインアップル果皮から飲みやすい果実酢を製造する方法を確立し、成分特性および機能性を明らかにした。この手法はパインアップル加工企業で実用化され、トロピカル飲料の素材製造に活用された。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,機能性利用研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,機能性利用研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,作物研,機能性利用研究チーム
協力分担関係岩手大学
サントリー
名城大学
神戸学院大学
藤女子大学
帯広畜産大学
南九州大学
岩手県
長野県
(株)名護パイナップルワイナリー
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・作物対応研究[加工プロ] 委託・現場即応研究[沖縄対応特別] 委託・バイテク先端技術[安全・安信プロ] 技会・その他 文科省・その他 その他
業績(1)パインアップル果皮を原料とした酢の製造法と成分特性
(2)Changes in Polyphenolic Content and Radical-Scavenging Activity of Sweetpotato (Ipomoea batatas L.) during Storage at Optimal and Low Temepratures
(3)Carotenoids with a 5,6-dihydro-5,6-dihydroxy-b-end group, from yellow sweet potato Benimasari"", Ipomoea batatas LAM""
(4)In vitro and in vivo anticarcinogenesis of sugar cane vinegar
(5)観賞用カンショ新品種「九育観1号」・「九育観2」の育成
(6)Molecular Analysis of the Genetic Diversity in Indonesian Sweetpotatotes
(7)Single seed analysisi of sesame (Sesamum indicum L.) for quantitative estimation of major components by NIR spectroscopy.
(8)ゴマの成長、開花および着果に及ぼす施肥量の影響
(9)ゴマの発芽および幼植物の生長に及ぼす温度の影響
(10)国内産大豆のイソフラボン、チアミン、リボフラビンおよびトコフェロール含量の変動
(11)有色サツマイモ味噌製造におけるアントシアニン,ポリフェノールおよびβ-カロテンの変化
(12)Identification of anthocyanins in the sprouts of buckwheat
(13)A time-course study of flavonoids in the sprouts of tartary (Fagopyrum tataricum Gaertn.) buckwheats
(14)Structural identification of anthocyanins and analysis of concentrations during growth and flowering in buckwheat (Fagopyrum esculentum Moench) petals
(15)Starch phosphorus content in potato (Solanum tuberosum L.) cultivars and its effect on other starch properties
(16)RVA study of mixtures of wheat flour and potato starches with different phosphorus content
(17)Ingestion of potato starch decreases chymotrypsin but does not affect trypsin, amylase or lipase activity in the pancreas in rat
(18)Effects of phosphorus contents on the gelatinization and retrogradation of potato starch
(19)Effect of colored potato flakes against acetaminophen-induced liver damage in rats
(20)RVA analysis of mixtures of wheat flour and potato, sweet potato, yam and cassava starches
(21)Correlations of the composition, minerals, and RVA pasting properties of various potato starches
(22)Correlation between the compositional and pasting properties of various potato starches
(23)Physicochemical properties of starches from Sri Lankan rice varieties
(24)Feeding potato flakes affects cecal short-chain fatty acids, microflora and fecal bile acids in rats
(25)有色馬鈴薯を用いた発泡酒の醸造
(26)Tartary buckwheat sprout powder lowers plasma cholesterol level in Rats.
(27)Specificity of anti soybean LOX antibody, and its application to detect LOX-like protein in buckwheat seed
(28)Nondestructive Measurements of lipid Content and Fatty Acid Composition in Rapeseeds(Brassica napus L.)by Near Infrared Spectroscopy
(29)北海T9号
(30)北海T10号
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093148
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat