c.かんきつ・りんご等果実の機能性成分の機能解明と高含有育種素材の開発

c.かんきつ・りんご等果実の機能性成分の機能解明と高含有育種素材の開発

課題番号200709572
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題B 農産物・食品の機能性の解明と利用技術の開発
中課題c.かんきつ・りんご等果実の機能性成分の機能解明と高含有育種素材の開発
小課題c.かんきつ・りんご等果実の機能性成分の機能解明と高含有育種素材の開発
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)LC/MS/MSにより、果実中の主要な糖、有機酸、アミノ酸を一斉に定量できる分析法を開発した。2)系統適応性検定試験を経た育成系統約40種について、網羅的な成分分析を実施した。また13C-NMRによるケルセチン定量法を開発するとともに、かきのカロテノイドの品種間差異を明らかにした。3)フィトエン不飽和化酵素とゼータカロテン不飽和化酵素は同一の因子により発現制御されていること、β-クリプトキサンチン含量が高い系統では親系統よりも両酵素の発現が高くなり、このことがβ-クリプトキサンチン含量が高くなる原因の1つになっていることが推察された。また、きんかん果実について、収穫後エチレン処理によるβ−クリプトキサンチンの高含有化に成功した。4)三ヶ日町における栄養疫学調査の結果、女性での血清β-カロテンレベルとメタボリックシンドロームリスクとの間に有意な負の関連が認められた。閉経女性における骨密度は、果物摂取量および血清β−クリプトキサンチン濃度と有意に関連していた。5)かんきつ精油成分であるリモネンは用量依存的にマウスの自発運動量を抑制し、ペントバルビタールによる麻酔作用を有意に増強した。このことからリモネンには中枢作用があるものと考えられた。6)かんきつ加工残さから高濃度β-クリプトキサンチン調製物(10%)を得た。7)ノビレチンは、細胞内cAMP濃度を上昇させることにより、脂肪細胞分化と脂肪分解を促進することが分かった。8)果実可食部から人工胃液条件下で溶出するペクチン量は、0.3〜1.5g/100g(全ペクチンの60〜90%)であった。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,果樹研,健康機能性研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,近農研,健康機能性研究チーム
協力分担関係静岡大学
予算区分技会交付金研究 異分野 委託・作物対応研究[加工プロ] 委託・バイテク先端技術[安全・安信プロ] その他
業績(1)Accumulation of carotenoids and expression of carotenoid biosynthetic genes and carotenoid cleavage dioxygenase gene during fruit maturation in the juice sacs of‘Tamami,'‘Kiyomi' tangor, and‘Wilking' mandarin
(2)カキ‘富有’の成熟に伴うカロテノイドの蓄積特性
(3)Nobiletin enhances differentiation and lipolysis of 3T3-L1 adipocytes
(4)ビタミンC供給量をもとにした食料自給率における果実の貢献度
(5)Cyclonatsudamine A, a new vasodilator cyclic peptidefrom Citrus natsudaidai
(6)Bone mineral density in post-menopausal female subjects is associated with fruit intake and serum antioxidant carotenoids
(7)収穫後の高温処理によるカキ‘富有’果肉中のカロテノイド含量の増強
(8)甜菜葉青汁粉末の脂肪細胞機能に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093150
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat