d.プロバイオティック乳酸菌等を活用した機能性畜産物の開発

d.プロバイオティック乳酸菌等を活用した機能性畜産物の開発

課題番号200709573
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題B 農産物・食品の機能性の解明と利用技術の開発
中課題d.プロバイオティック乳酸菌等を活用した機能性畜産物の開発
小課題d.プロバイオティック乳酸菌等を活用した機能性畜産物の開発
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)老化抑制機能を持つ乳酸菌の作用機構解明のため、老化に関わる抗酸化、抗炎症、免疫調節などの機能性について解析し、破骨細胞の分化や炎症性腸疾患の発症などに関与するロイコトリエンB4 の産生阻害活性の高い乳酸菌を新たに見出した。また、乳酸菌投与マウスの全マイクロアレイデータの比較解析から、小腸下部において菌株特異的に発現する遺伝子が存在することを明らかにし、本解析系が効率的な評価系に応用できる可能性を示した。さらに、抗アレルギー食品素材開発のため、乳酸菌とたんぱく質分解物・ペプチドとの組合せ投与を行い、抗原特異的な免疫応答抑制効果が減弱する場合があることを示した。2)牛乳・初乳中に多くに含まれるラクトフェリンの組織再生への利用技術を開発するため、コラーゲンゲル薄膜に架橋したラクトフェリンの徐放効果を評価し、実際に持続的に放出されたウシラクトフェリンが、骨芽細胞の分化を促進し、骨様組織の形成を促進することを明らかにした。また、チーズホエードリンクヨーグルトにおける高血圧の改善効果について所内ボランティア試験による検証を試みた。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,畜産物機能研究チーム
予算区分技会交付金研究 委託・畜産対応研究[健全畜産プロ] 委託・バイテク先端技術[安全・安信プロ] 文科省[科研費]
業績(1)Suppression of immune responses to β-lactoglobulin in mice by the oral administration of peptides representing dominant T cell epitopes.
(2)Effect of Bovine Lactoferrin on the Extracellular Matrix Calcification by Human Osteoblast-like Cells.
(3)LRP1 Functions as an Atheroprotective Integrator of TGF beta and PDGF Signals in the Vascular Wall: Implications for Marfan Syndrome
(4)Collagen vitrigel membrane useful for paracrine assays in vitro and drug delivery systems in vivo
(5)Anti-aging effect of a lactococcal strain: analysis using senescence-accelerated mice
(6)Immunomodulatory and cytotoxic effects of various Lactococcus strains on the murine macrophage cell line J774.1
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093151
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat