b.花きの品質発現機構の解明とバケット流通システムに対応した品質保持技術の開発

b.花きの品質発現機構の解明とバケット流通システムに対応した品質保持技術の開発

課題番号200709577
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題C 農産物・食品の品質保持技術と加工利用技術の開発
中課題b.花きの品質発現機構の解明とバケット流通システムに対応した品質保持技術の開発
小課題b.花きの品質発現機構の解明とバケット流通システムに対応した品質保持技術の開発
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)チューリップ花弁の老化にはプログラム細胞死(PCD)が関与していないことを明らかにした。アサガオにおいては、老化関連遺伝子を導入することでPCDの進行が促進されることを明らかにした。キンギョソウ花弁の縁辺と花筒では細胞肥大の機構が異なることを明らかにした。ばら切り花を出荷前とバケット輸送中にスクロースと抗菌剤を含む液で処理することにより、ばら切り花の品質保持期間が現行方式の2倍以上延長することを明らかにした。2)ペチュニアにおいて、覆輪形成には1つ以上の劣性遺伝子が必要であること、およびフルアクリピウムは覆輪模様を変化させる化合物であることを明らかにした。黄色花色を持つツバキ「キンカチャ」の黄色は、フラボノイドとアルミニウムの相互作用により発現することを明らかにした。ペチュニアにおいて、順化時の光量の上昇により香気成分の発散量と内生量が増加することを明らかにした。3)ペチュニアから、サイトカイニン初期応答系遺伝子を複数単離し、これらの発現量が大輪品種と小・中輪品種では異なることを明らかにした。トレニアにおいて、ホルクロルフェニュロン処理によって発生した副花冠の形が、ホメオティック遺伝子の発現パターンによって制御されることを見出した。トレニアにおいて、サイトカイニン関連遺伝子の導入により、花弁周縁の鋸歯と副花冠が発生した形質転換体が作出できた。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,花き研,花き品質解析研究チーム
協力分担関係東京農工大学
東京農業大学
鹿児島大学
東京理科大学
筑波大学
千葉大学
慶応大学先端生命化学研究所
茨城県医療大学
(独)日本原子力研究開発機構
北海道立花・野菜技術センター
予算区分技会交付金研究 異分野 高度化事業 技会・その他 文科省[科研費]
業績(1)出荷前および輸送中のスクロースと抗菌剤処理によるバラ切り花の品質保持期間延長
(2)スクロース処理が蕾切りカーネーションの切り花品質および糖質濃度に及ぼす影響
(3)Gene expression in opening and senescing petals of morning glory (Ipomea nil) flowers
(4)Relationship between petal abscission and programmed cell death in Prunus yedoensis and Delphinium belladonna
(5)スクロース処理が蕾切りカーネーションの切り花品質および糖質濃度に及ぼす影響
(6)Extension of the vase life of cut rose flowers by treatment with sucrose before and during simulated transport
(7)トルコギキョウ切り花においてスクロース前処理時の相対湿度およびスクロース濃度が葉の障害発生および花持ちに及ぼす影響
(8)ブドウ‘安芸クイーン’果皮の着色促進および深色化におよぼすアブシジン酸の時期別処理の影響
(9)Spatiotemporal metabolic regulation of anthocyanin and related compounds during the development of marginal picotee petals in Petunia hybrida.
(10)ヒメサザンカ野生種系統および芳香性ツバキ品種の香気成分の比較
(11)Effects of temerature on floral scent emission and endogenous volatile profiles in Petunia axillaris
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093155
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat