e.バイオテクノロジーを利用した新食品素材の生産技術の開発及び生物機能の解明・利用

e.バイオテクノロジーを利用した新食品素材の生産技術の開発及び生物機能の解明・利用

課題番号200709580
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題C 農産物・食品の品質保持技術と加工利用技術の開発
中課題e.バイオテクノロジーを利用した新食品素材の生産技術の開発及び生物機能の解明・利用
小課題e.バイオテクノロジーを利用した新食品素材の生産技術の開発及び生物機能の解明・利用
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)酵母の遺伝子破壊株セットを利用して環境耐性株を検索し、環境適応に必要な遺伝子を特定した。得られた遺伝子情報に基づいて環境耐性にプロトンポンプなどの遺伝子が関与することを明らかにした。また、乳酸などの発酵阻害物質に適応するパン酵母菌株を検索した。麹菌の凍結細胞からの抽出法によってmRNAを調製し、マイクロアレイ解析条件の検討を行った結果、高発現するキシロシダーゼ遺伝子が得られた。枯草菌の抗生物質耐性変異株から得られた高生産性菌株についてプロモーターとRNAポリメラーゼの親和性を解析し、特定部位のメチル化が活性発現に大きく関与することを明らかにした。2)大豆ペプチドやGABAの生産性の高い乳酸菌菌株を検索し、疎水性ペプチドの低減化能を有する新菌株やGABA生産能の高い菌株を取得した。同時にGABA分解能の低いパン酵母菌株を取得し、得られた乳酸菌とパン酵母を共役させることにより、GABA含量を高める可能性を示した。3)オリゴ糖製造のための酵素生産系の構築を目的として、大腸菌および麹菌を用いて酵素の大量生産系を作製した。複数種類の酵素を固定化したカラム式バイオリアクターを用いて、ベンチスケールでミルクオリゴ糖構成二糖の連続的生産に成功し、これにより実用的スケールでミルクオリゴ糖を生産するための基盤を確立した。4)受容体たんぱく質のリサイクル分子の比率を測定し、受容体分子が細胞表層から細胞内に輸送され再利用される機構を解明した。これにより、受容体たんぱく質を小型化し、安定して活性を発現する測定系が確立できた。トマト果実の成熟に関連する転写制御機構を解析し、変異型rin遺伝子とRIN遺伝子産物の競合によって、トマト日持ち性が調節されることを明らかにした。日持ち性の改善機構等を解明するための重要な知見を得た。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,食品総合研究所,食品分析研究領域
農業・食品産業技術総合研究機構,食品総合研究所,食品素材科学研究領域
農業・食品産業技術総合研究機構,食品総合研究所,微生物利用研究領域
農業・食品産業技術総合研究機構,食品総合研究所,食品バイオテクノロジー研究領域
農業・食品産業技術総合研究機構,食品総合研究所,食品工学研究領域
協力分担関係日本イースト工業会
雪国まいたけ(株)
(独)科学技術振興機構
(株)ハラキン
茨城県
食品環境検査協会
江崎グリコ(株)
(株)シー・アイ・バイオ
カゴメ(株)
予算区分技会交付金研究 基礎研究推進事業 高度化事業 委託・バイテク先端技術[安全・安信プロ] 技会・その他 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 その他
業績(1)Functional genomics of commercial baker’s yeasts
(2)Overexpression oftwotranscriptional factors,Kin28 and Pog1,suppresses the stress sensitivity caused by thersp5 mutation in Saccharomyces cerevisiae
(3)Possible roles of vacuolar H+-ATPase and mitochondrial function in tolerance to air-drying stress revealed by genome-wide screening of Saccharomyces cerevisiae deletion strains
(4)Determination and characterization of IS4Bsu1-insertion loci and identification of a new insertion sequence element of the IS256 family in a Natto starter
(5)Analysis of expressed sequence tags from the fungus Aspergillus oryzae cultured under difference conditions
(6)セルロース担体セルロファインに対するセルロース結合部位を付加した融合タンパク質の吸着
(7)Survivability of conidia of a recombinant Aspergillus oryzae strain over-producing cellulase, and its parent strain in a soil environment
(8)Evaluation of toxicity of the mycotoxin citrinin using yeast ORF DNA microarray and Oligo DNA microarray
(9)Characterization of glutamate decarboxylase from a high gamma-aminobutyric acid (GABA)-producer, Lactobacillus paracasei
(10)γ-アミノ酪酸非資化性パン酵母変異株の取得とその有用性
(11)Isolation and characterization of a low-molecular-weight peptide contained in sourdough
(12)Molecular anatomy of the alkaliphilic xylanase from Bacillus halodurans C-125
(13)Identification of the putative proton donor residue of lacto-N-biose phosphorylase (EC 2.4.1.211)
(14)Practical preparation of lacto-N-biose I, the candidate of the bifidus factor in human milk
(15)Purification, crystallization and preliminary X-ray analysis of the galacto-N-biose- / lacto-N-biose-binding protein (GL-BP) of the ABC transporter from Bifidobacterium longum JCM1217
(16)Identification of N-acetylhexosamine 1-kinase in the complete lacto-N-Biose I/galacto-N-Biose metabolic pathway in Bifidobacterium longum
(17)Colorimetric quantification of α-D-galactose 1-phosphate
(18)Identification of galacto-N-biose phosphorylase from Clostridium perfringens ATCC13124
(19)A unique thermostable lichenase from Thermotoga maritama MSB8 with divergent substrate specificity
(20)Production of D-arabitol by a newly isolated Zygosaccharomyces rouxii
(21)Identification of the RsmG methyltransferase target as 16S rRAN nucleotide G527 and characterization of Bacillus subtilis rsmG mutants
(22)The rare earth, scandium, causes antibiotic overproduction in Streptomyces spp
(23)Lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor (LOX-1) function as an oligomer and oligomerization is dependent on receptor density
(24)Small-angle light and X-ray scattering measurements of a protein-oligosaccharides complex mucin in solution
(25)粘液糖蛋白質の溶液物性評価
(26)Actinoperyloce, a novel perylenequinone-type shunt product, from a deletion mutant of the actVA-OFR5 gene for actinorhodin biosynthesis in Streptomyces coelicolor A3(2)
(27)A novel cyclic isomaltooligosaccharide (cycloisomaltodecaose, CI-10) produced by Bacillus circulans T-3040 displays remarkable inclusion ability compared with cyclodextrins
(28)大腸菌組換え型環状イソマルトオリゴ糖合成酵素(CITase)の調製と反応特性
(29)Curculin exhibits sweet-tasting and taste-modifying activities employing its distinct molecular surfaces
(30)Construction of a chimeric aminopeptidase by a combination of gene shuffling and mutagenesis
(31)The gram-scale preparation of oligosaccharide DFA I using the enzyme from Arthrobacter ureafaciens A51-1.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093158
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat