f.高性能機器及び生体情報等を活用した食品評価技術の開発

f.高性能機器及び生体情報等を活用した食品評価技術の開発

課題番号200709581
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題C 農産物・食品の品質保持技術と加工利用技術の開発
中課題f.高性能機器及び生体情報等を活用した食品評価技術の開発
小課題f.高性能機器及び生体情報等を活用した食品評価技術の開発
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)滴定NMR法による 15N-1H HSQC スペクトル解析で、R-typeレクチンファミリーに属する血球凝集能を持つレクチンC末端ドメイン(EW29Ch)のαサブドメインの糖結合部位は、単糖と二糖に対して非常に強い糖結合活性を持つこと、キシラン結合ドメインの3つの糖結合部位の結合活性が単糖と二糖で異なっていることを明らかにした。2)MRIによって、りんご果実内に存在するモモシンクイガ幼虫、食害によって生じた果実内部の空洞および内部にためられたふんを検出できた。3)MRIによって、アミロース含量の異なるコメの吸水過程を測定し、水分プロファイルの比較を行った。めんについては、歩留まり280〜290%にゆでた通常加水めん、多加水めん、多加水減圧ミキシングめんの物性を比較したところ、多加水めんは通常加水めんに比べて柔らかいが、破断時の応力ピーク位置が歪みの大きい方へシフトして粘りがあることが示された。一方、めん線中の水分分布は3種類のめんで差は見られなかった。4)遺伝子組換え(GM)アルファルファ定量検知用の内在性DNAとして、HMG遺伝子が優れていた。作製したGMおよびnonGMを模したプラスミド2種を構築・混合し、このDNA試料を用いてSimplex PCRを行うと、GMアルファルファ検知用プライマー3対の定性検知下限は、いずれも4コピーであった。また、先に開発したMultiplexリアルタイムPCR法によるGMとうもろこしのスクリーニング定量法について、室内再現精度はSimplexとほぼ同等と判断された。5)SPM による疎水性アレルゲン(グリアジン)の検出において、基板への試料固定時の溶液条件および計測条件を改善することにより、グリアジンを有意に検出することに成功した。6)FXD6遺伝子が味覚情報伝達に関与するNa,K-ATPaseと細胞内で共発現することを見出した。また、甘味味覚受容体たんぱく質のアミノ酸置換によって、甘味受容部位を推定した。食品摂取による脳活動部位の判定に用いるNIRSデータ空間解析装置に関する基本技術開発はほぼ終了し、個々の要素プログラムモジュールを統合的解析用ソフトウェアに組み込んで実用化のための使用試験を実施した。食品の官能検査のための訓練パネルを利用し、シュウマイとパンについては、官能検査用語の選定を終了した。7)若年被験者11名により、閉口筋の筋電位および切歯点における下顎運動を測定し、咀嚼前・中・後期に分けて63種の咀嚼パラメータを得た。このパラメータに関するクラスター分析から代表的な9パラメータを抽出し、主成分分析を行うことによって、茹でにんじんとこんにゃくの咀嚼挙動が類似することが分かった。このことにより、咀嚼挙動には、破壊特性の類似性よりも、極めて大きく圧縮変形させた時の力学特性の類似性が影響することが明らかとなった。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,食品総合研究所,食品工学研究領域
農業・食品産業技術総合研究機構,食品総合研究所,食品分析研究領域
農業・食品産業技術総合研究機構,食品総合研究所,食品機能研究領域
協力分担関係大阪大学
(独)水産総合研究センター
筑波大学
三島海雲記念財団
京都大学
広島大学
東京大学
大阪市立大学
北海道大学
カゴメ(株)
予算区分技会交付金研究 基礎研究推進事業 委託・作物対応研究[加工プロ] 委託・作物対応研究[えさプロ] 委託・バイテク先端技術[安全・安信プロ] 委託・バイテク先端技術[食品ナノテク] 技会・その他 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 その他
業績(1)Effect of external torque on the ATP-driven rotation of F1-ATPase
(2)Imaging of silkworm meiotic chromosome by atomic force microscopy
(3)Local conformation transition of Hydrogenobacter thermophilus cytochrome c552 relevant to its redox potential
(4)Novel cyclic peptide, epichlicin, from the endophytic fungus, Epichloe typhina
(5)Flagellin glycans from two pathovars of Pseudomonas syringae contain rhamnose in D and L configurations in different ratios and modified 4-amino-4,6-dideoxyglucose
(6)α-リポ酸の製造工程で生成する重合物の安全性と構造解析
(7)Kinetics of light-induced cis-trans isomerization of four piperines and their levels in ground black peppers as determined by HPLC and LC/MS
(8)コシアブラ抗酸化成分の促成栽培条件による変動
(9)A dedicated MRI for food science and agriculture
(10)Three-dimensional visualization of internal structural changes in soybean seeds during germination by excitation-emission matrix imaging
(11)Effects of oligoDNA template length and sequence on binary self-assembly of a nucleotide bolaamphiphile
(12)Indicated detection of two unapproved transgenic rice lines contaminating vermicelli products
(13)安全性未審査遺伝子組換えコメ(LLRice)を対象とした検知技術の開発と評価
(14)Development of event-specific quantitation method for GA21 maize, which is a GM event without CaMV35S promoter
(15)Synthesis of 4-Hydroxyisoleucine by the aldolase-transaminase coupling reaction and basic characterization of the aldolase from Arthrobacter simplex AKU 626
(16)炊飯の履歴が米飯の化学成分に及ぼす影響
(17)Phylogenetic analysis of the yeast Trichosporonoides megachiliensis SN G-42 by sequencing the large subunit (26S) D1/D2 rDNA regions
(18)性別・年齢別・地域別にみた日本語テクスチャー用語の認知状況
(19)Expression of gustducin overlaps with that of type III IP3 receptor in taste buds of the rat soft palate.
(20)Haptic can modulate the Hering and Wundt illusions
(21)Interactive relationship between the mechanical properties of food and the human response during the first bite
(22)First bite for hardness judgment as haptic exploratory procedure
(23)Modulation of biting procedures induced by the sensory evaluation of cheese hardness with different definitions
(24)Visual illusion in mass estimation of cut food
(25)Scaling laws for shapes of food fragments by human mastication
(26)嚥下閾値に及ぼすトロミ剤の影響
(27)固形状食品における力学物性と咀嚼挙動との関係
(28)Rheological properties of fermented rice flour gel
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093159
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat