a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発

a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発

課題番号200709584
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題B 人獣共通感染症、新興・再興感染症及び家畜重要感染症等の防除技術の開発
中課題a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発
小課題a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)鳥インフルエンザウイルスの迅速診断を目的にPCRによるHA、NA亜型判定法を改良し、多数の野外ウイルス株を用いて、有効性を実証した。平成19年に国内で発生した高病原性鳥インフルエンザでは、迅速にウイルス性状と遺伝子を解析し、流行ウイルスは青海湖系統で、鶏やマウスに高病原性であり、哺乳類への感染性を示唆する遺伝子の特徴を有するウイルスであることなどを明らかにした。これらの成果は、感染経路推定および防疫措置等に活用された。人工ウイルス作製技術で作製したキメラウイルスによるワクチン試験では、HAの抗原性の違いに関わらずワクチン効果を認めた。2)蚊のウエストナイルウイルス(WNV)媒介能推定に有用な蚊の吸血源動物種を特定する遺伝子検査法を確立した。また、蚊の定点調査により、畜産現場に生息する蚊の大部分はWNV媒介能が高い種であること、飼育蚊への実験感染により、日本産蚊の5種がWNVに感受性であること、さらに、日本脳炎不活化ワクチンで免疫した馬はWNV感染を部分的に防御することを明らかにした。3)野生動物におけるE型肝炎ウイルスの感染の有無を抗体検査で調べたところ、イノシシ以外の6種の野生動物では感染は認められなかった。E型肝炎ウイルス組換えたんぱく質の豚への経鼻投与により、抗体応答と感染防御を確認した。ニパウイルスの競合ELISA法による抗体測定法の開発に有用なモノクローナル抗体を得た。4)マダニから単離した生物活性分子をコードする3つの遺伝子の生体内機能を明らかにするとともに、マダニ体内で産生される新規抗菌ペプチド(ロンギシン)遺伝子を新たに単離した。本ペプチドはマダニが媒介する人獣共通病原体のバベシア原虫を殺滅させる機能を持つことを明らかにし、動物のバベシア症の治療薬開発に応用可能な基礎知見を得た。5)オゾンガスやオゾン水を畜舎消毒、食鳥処理場や加工場の消毒に使用する条件を検討し、消毒に有効な濃度を決定した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,動衛研,人獣感染症研究チーム
協力分担関係千葉県
滋賀県
島根県
玉川大学
新潟大学
東京大学
鳥取大学
千葉県中央家保
滋賀県家保
島根県家保
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・畜産対応研究[BSE・人獣] 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 厚労省競争的資金 その他
業績(1)2005年に茨城県で分離されたH5N2鳥インフルエンザウイルスの性状
(2)Low pathogenicity H5N2 avian influenza outbreak in Japan during the 2005-2006.
(3)Pathology and virus dispersion in cynomolgus monkeys experimentally infected with severe acute respiratory syndrome coronavirus via different inoculation routes.
(4)Change of subunit composition of mitochondrial complex II (succinate-ubiquinone reductase/quinol-fumarate reductase) in Ascaris suum during the migration in the experimental host.
(5)A trypanosome species isolated from naturally infected Haemaphysalis hystricis ticks in Kagoshima Prefecture, Japan.
(6)Autophagy-related genes from a tick, Haemaphysalis longicornis
(7)Babesial vector tick defensin against Babesia sp. parasites.
(8)Characterization of a carboxypeptidase inhibitor from the tick Haemaphysalis longicornis.
(9)Characterization of asparaginyl endopeptidase, legumain induced by blood feeding in the ixodid tick Haemaphysalis longicornis.
(10)Cloning and characterization of an autophagy-related gene, ATG12, from the three-host tick Haemaphysalis longicornis.
(11)Gene silencing of ribosomal protein P0 is lethal to the tick Haemaphysalis longicornis.
(12)HlLgm2, a member of asparaginyl endopeptidases/legumains in the midgut of the ixodid tick Haemaphysalis longicornis, is involved in blood-meal digestion.
(13)Identification of three protein disulfide isomerase members from Haemaphysalis longicornis tick.
(14)Longicin plays a crucial role in inhibiting the transmission of Babesia parasites in the vector tick Haemaphysalis longicornis.
(15)Molecular characterization of a blood-induced serine carboxypeptidase from the ixodid tick Haemaphysalis longicornis.
(16)Molecular characterization of Rhipicephalus (Boophilus) microplus Bm86 homologue from Haemaphysalis longicornis ticks.
(17)Valosin-containing protein from the hard tick Haemaphysalis longicornis: effects of dsRNA-mediated HlVCP gene silencing.
(18)Characterization of H9N2 influenza A viruses isolated from chicken products imported into Japan from China.
(19)Partial protection against challenge with the highly pathogenic H5N1 influenza virus isolated in Japan in chickens infected with the H9N2 influenza virus.
(20)Preliminary evaluation of diagnostic tests for avian influenza using the Markov Chain Monte Carlo (MCMC) Method in an emergency surveillance.
(21)Prevalence of antibody to hepatitis E virus among wild sika deer, Cervus nippon, in Japan.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093162
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat