g.環境性・常在性疾病の診断と総合的防除技術の開発

g.環境性・常在性疾病の診断と総合的防除技術の開発

課題番号200709590
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題B 人獣共通感染症、新興・再興感染症及び家畜重要感染症等の防除技術の開発
中課題g.環境性・常在性疾病の診断と総合的防除技術の開発
小課題g.環境性・常在性疾病の診断と総合的防除技術の開発
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)近年北日本の酪農場で集団発生が相次いだ牛乳頭腫症への2種類の新型牛パピローマ(乳頭腫)ウイルス感染の関与ならびに原因ウイルスの全ゲノム構造を解明し、牛乳頭腫症の診断法と発生対策を示した。2)牛の下痢の原因となる牛コロナウイルスについて分子疫学的解析を行い、近年は特定の遺伝子型のウイルス株が国内流行株の主流であることを明らかにした。牛で平成16年以降セファゾリン耐性サルモネラの分離例が増加していることを明らかにし、生産現場では抗生物質の慎重使用に努めるべきとする従来方針を支持する重要な知見を示した。3)乳房炎の症状を誘発する因子として、乳槽内に増加する生理活性物質の一つのIL-8が重要であることを示唆する知見を得た。一部の乾乳期乳房炎の病態に影響すると思われる催炎性ラクトフェリン分解産物、エラスターゼおよびゼラチナーゼなどの酵素活性について、乳腺分泌物中の変動を明らかにした。4)市販の携帯型近赤外分光分析装置が野外での迅速貧血検査に応用可能であるとする知見を得た。特定遺伝子(gyrB)を対象とするMultiplex PCR法によるMannheimia属菌の菌種同定法を確立した。豚に発育遅延や飼料効率の低下をもたらす豚赤痢の迅速診断法開発のため、Brachyspira属菌種特異モノクローナル抗体を作製するとともに、生物学的性状試験とPCR-RFLP法または菌種特異PCRとを組み合わせたBrachyspira属菌の迅速同定法を開発した。5)母豚100頭規模の農場をモデルとして調査し、養豚場における主要な衛生問題の一つが複合感染症(特に豚呼吸器病症候群)であることを明らかにした。肺サーファクタント(豚自然免疫因子)mRNAの定量法を確立し、それによりブタサーコウイルス2型感染豚において肺サーファクタント遺伝子の発現が肺炎形成に伴い変化することを明らかにした。6)平成18年に九州で流行したアカバネ病の原因ウイルスが既知のイリキ株系統のアカバネウイルスであることを迅速に突き止め、既存のモニタリング手法の有用性やワクチンの有効性を確認し、流行期に備えた防疫対策に不可欠の知見を示した。また、牛異常産に関与するピートンウイルスを遺伝学的に解析し、分離ウイルス株間に多様性を認めた。ウイルス媒介昆虫の特異遺伝子をターゲットとした同定法により、数種のヌカカ幼虫の自然界における成育場所を特定した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,動衛研,環境・常在疾病研究チーム
協力分担関係北海道家畜保健衛生所
山形県家畜保健衛生所
栃木県家畜保健衛生所
茨城県家畜保健衛生所
石川県家畜保健衛生所
岐阜県家畜保健衛生所
和歌山県家畜保健衛生所
大阪府家畜保健衛生所
島根県家畜保健衛生所
高知県家畜保健衛生所
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・畜産対応研究[BSE・人獣] 技会・その他 文科省・JST競争的資金 文科省・その他
業績(1)弱溶血性を示す豚由来Brachyspira属菌の迅速同定法
(2)Immunohistochemical study of lymphomas of abdominal cavity origin in two cows with bovine leukemia virus
(3)Precursor B-1 B cell lymphoma in a newborn calf.
(4)Epithelioid variant of pleomorphic liposarcoma in a heifer.
(5)Adenosquamous carcinoma with cilium formation, mucin production and keratinization in the nasal cavity of a red fox (Vulpes vulpes schrencki).
(6)Genomic and phylogenetic analysis of two novel bovine papillomaviruses, BPV-9 and BPV-10.
(7)An outbreak of teat papillomatosis in cattle caused by bovine papilloma virus (BPV) type 6 and unclassified BPVs.
(8)Isolation of a Megatrypanum trypanosome from sika deer (Cervus nippon yesoensis) in Japan.
(9)Molecular analysis of the S glycoprotein gene of bovine coronaviruses isolated in Japan from 1999 to 2006
(10)Genetic diversity and reassortments among Akabane virus field isolates.
(11)Giardia感染による仔牛下痢症の重篤化
(12)離乳後多臓器性発育不良症候群(PMWS)の特徴と診断
(13)感染症の多発した1農場における導入子牛へのイソマルトオリゴ糖製剤給与による疾病予防効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093168
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat