b.流通・消費段階における情報活用技術及び品質保証技術の開発

b.流通・消費段階における情報活用技術及び品質保証技術の開発

課題番号200709600
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題D 農産物・食品の信頼確保に資する技術の開発
中課題b.流通・消費段階における情報活用技術及び品質保証技術の開発
小課題b.流通・消費段階における情報活用技術及び品質保証技術の開発
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)段ボール印刷メーカー3社と共同でQRコードの高精度印刷技術を開発した。2)SEICAの改善を進め、複数産地での対応を可能にした結果、平成19年12月1日から大型量販店での本システムの運用に至り、米について実用化された。3)醸造酒を試料とする原料判別技術の基本技術を開発した。各種加工米飯、外国産米加工品についても原料米の判別を行った。4)照射鶏肉を用い、精製技術を組み合わせて、前処理を3時間程度に短縮し、2-アルキルシクロブタノンを検出できた。5)複数台のPSL装置の感度校正用の光源や励起光源校正用の素子を決定した。6)かぼちゃの多元素同時測定により、原産国ごとの無機元素組成データを蓄積した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,食品総合研究所,食品工学研究領域
農業・食品産業技術総合研究機構,食品総合研究所,食品安全研究領域
農業・食品産業技術総合研究機構,食品総合研究所,食品素材科学研究領域
協力分担関係(株)ユーワークス
茨城県農業総合センター
全国農業協同組合連合会茨城県本部
東京大学
農業環境技術研究所
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・バイテク先端技術[安全・安信プロ] 文科省・その他
業績(1)無機元素組成による黒大豆「丹波黒」の原産国判別
(2)ICタグを用いた農産物・食品の情報開示システムに関する研究−アンケート調査によるICタグ端末の評価−
(3)安心情報が消費者の農産物購買行動に及ぼす影響
(4)米の品質評価にむけたXYZ系微弱発光法の適用
(5)熱ルミネッセンス法による照射食品の検知
(6)PCR法による清酒の原料米品種の識別技術
(7)Novel preparation method of template DNAs from wine for PCR to differentiate grape ( Vitis vinifera L.) cultivar
(8)Novel method for preparation of the template DNA and selection of primers to differentiate the material rice cultivars of rice wine by PCR
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093178
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat