e.畜産廃棄物・食品廃棄物等の有機性資源の循環的利用のためのシステム整備技術の開発

e.畜産廃棄物・食品廃棄物等の有機性資源の循環的利用のためのシステム整備技術の開発

課題番号200709605
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題A バイオマスの地域循環システムの構築
中課題e.畜産廃棄物・食品廃棄物等の有機性資源の循環的利用のためのシステム整備技術の開発
小課題e.畜産廃棄物・食品廃棄物等の有機性資源の循環的利用のためのシステム整備技術の開発
大項目該当なし
中項目エ 美しい国土・豊かな環境と潤いのある国民生活の実現に資する研究
摘要1)18年度に開発した農林畜産業物質循環モデルを改良するとともに、資源作物の生産特性を栽培試験に基づいてとりまとめた。2)関東都市近郊農業地域を対象として、バイオマス変換プラントへ供給されるバイオマス原料と再生資源の需要の季節変動を踏まえたバイオマス変換プラントの運転計画を策定し、稼働データを収集・分析した。3)メタン発酵による生成物である消化液を畑地に施用し、温室効果ガスと溶脱量を同時モニタリングできるシステムを用いて、消化液等を施用した畑からの温室効果ガス発生・溶脱特性の調査を行い、結果をとりまとめた。また、消化液の濃縮技術の開発に着手した。4)関東都市近郊農業地域を想定して、バイオマス利活用システムにおけるライフサイクルコスト(LCC)、化石エネルギー消費量および環境負荷量の削減方策を検討できるモデルの枠組みを作成した。5)オカラ粉またはでん粉滓で良好に増殖する微生物を探索収集した。それらの微生物により、オカラまたはでん粉滓を培地として固体発酵を行い、得られた発酵物の成形性を評価した結果、オカラ発酵物はシート化できることを確認した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,農村工学研究所,資源循環システム研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構,食品総合研究所,食品工学研究領域
農業・食品産業技術総合研究機構,食品総合研究所,食品素材科学研究領域
農業・食品産業技術総合研究機構,食品総合研究所,食品バイオテクノロジー研究領域
予算区分技会交付金研究 委託・環境研究[バイオマスプロ] 文科省[科研費] その他
業績(1)環境に配慮した農法のエネルギー消費分析と経営実態−千葉県北東部における栽培事例より−
(2)農畜産業系バイオマスの持続的利活用システム
(3)メタン発酵プラントにおける物質収支と消化液及び消化液脱水ろ液の肥料特性
(4)農地土壌から大気への二酸化炭素ガス発生量の時間的・空間的変動性とその評価
(5)汚泥層からの大腸菌群及び有機物の流出防止対策の考察−汚泥層による硝酸性窒素汚濁水の浄化技術の確立にむけて−
(6)減圧蒸留によるメタン発酵消化液ろ液からのアンモニアの分離とろ液の濃縮
(7)小規模で高度処理型のFRP製農業集落排水処理施設の開発−中空糸膜分離装置を用いたJARUS−FM型の開発−
(8)炭酸塩岩帯水層における不飽和浸透に関する研究レビュー
(9)宮古島地下水流域レベルの硝酸態窒素溶脱量の推定
(10)宮古島における持続循環型農業農村開発事例研究
(11)サトウキビの品質向上および硝酸態窒素汚染の抑制に対する試みー宮古島におけるバイオマス炭化物の有効利用―
(12)野菜栽培における消化液の有効利用についてーチンゲンサイ,ホウレンソウ,ハツカダイコン栽培例―
(13)Potential conflicts for the reuse of rice husk in Thailand,” Paddy Water Environment
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093183
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat