b.持続的利用可能な高生産性土地基盤の整備技術の開発

b.持続的利用可能な高生産性土地基盤の整備技術の開発

課題番号200709607
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題B 農村における施設等の資源の維持管理・更新技術の開発
中課題b.持続的利用可能な高生産性土地基盤の整備技術の開発
小課題b.持続的利用可能な高生産性土地基盤の整備技術の開発
大項目該当なし
中項目エ 美しい国土・豊かな環境と潤いのある国民生活の実現に資する研究
摘要1)給水スタンドからスプリンクラーへと段階的に畑地かんがいの整備を進めている沖縄県宮古島では、ほ場の給水栓やスプリンクラーの整備割合が高くなるにつれて、従来のさとうきび栽培から野菜やマンゴーなどの商品性の高い作物栽培へ移行している実態が明らかになった。2)炭化物によるほ場の硝酸態窒素除去試験を行い、その効果を調べた。また、電磁波測定により土壌溶液の電気伝導度を推定するための校正式を得た。3)廃棄物最終処分場の高密度電気探査と3次元逆解析により降雨浸透による汚濁水の希釈現象を明らかにした。また、電磁波探査において電磁波伝播プロセスによる物性値評価の不確実性を低減するモデリング技術を開発した。4)畑地の土壌侵食量を予測するUSLE(土壌侵食予測式)について現地観測データによる校正を行い、岡山県全域の農地における土壌侵食量を推定した。また、利根川流域を対象とし、水田への水入れ時期の分類精度向上を図るとともに、衛星データと土地利用データを用いた土地利用変化の把握手法を開発した。5)農地から浸透した環境汚染物質が地盤を通過してため池に達するまでの過程を予測する手法を開発するため、拡散実験用水路による地盤の汚染物質拡散実験とその数値解析結果を比較し、高濃度部分が残留する特異な現象が予測可能であることを確認した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,農村工学研究所
予算区分技会交付金研究 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 その他
業績(1)地中レーダを用いた不飽和土中水分移動解析
(2)比抵抗モニタリングによる地下水の潮位変動の可視化
(3)ALOS等を用いたつくば周辺の土地被覆・土地利用変化の把握
(4)農業農村に関わるGISの先進的な取組事例
(5)古典を読む G. C. Topp, J. L. Davis, and A. P. Annan著「電磁波を利用した土壌水分計測:同軸導波管での測定」
(6)発展途上国におけるバイオマスを用いた持続循環型農業農村開発事例研究
(7)フィルダムの堆積土のリサイクル利用による堤体改修について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093185
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat