c.地域防災力強化のための農業用施設等の災害予防と減災技術の開発

c.地域防災力強化のための農業用施設等の災害予防と減災技術の開発

課題番号200709608
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2007
大課題B 農村における施設等の資源の維持管理・更新技術の開発
中課題c.地域防災力強化のための農業用施設等の災害予防と減災技術の開発
小課題c.地域防災力強化のための農業用施設等の災害予防と減災技術の開発
大項目該当なし
中項目エ 美しい国土・豊かな環境と潤いのある国民生活の実現に資する研究
摘要1)フィルダムの動的解析を高度化するため、不飽和土の繰り返し変形特性を求めるとともに、開発したマルチセンサーを用いて堤体内変位計測手法への適用性の検討を行った。また、模型実験と飽和不飽和浸透流解析により、降雨時の堤体内の間隙水圧の変化および崩壊のパターンを明らかにした。2)省力型3次元電気探査法を琉球石灰岩分布地域に適用し、空洞等の不均質な地質状況の把握が可能であることを明らかにするとともに、傾斜地における表面波探査法の適用限界を数値解析等により明らかにした。3)地下水位と相関の高い実効雨量を指標とする破砕帯地すべり地の危険度予測システムを開発した。災害総合シナリオ・シミュレータをモデル地区用に改良・適用し、ため池決壊時の人的被害軽減に必要な情報提供のあり方を検討するとともに、モデル地区において防災情報システムの改良の検討を行った。4)数理形態学手法により、人工衛星に搭載された全天候型地表観測レーダーであるLバンドSARデータから洪水湛水域を識別する手法を開発した。また、中越沖地震発生前後のSARデータを用い、農地被害予測解析を行うとともに、γ線・中性子検出装置を無人ヘリコプター用に改良し、試験観測を実施した。5)温暖化等による災害リスクが水利用に与える影響予測評価、メコン川流域における開発が渇水に与える影響評価を行った。また、有明海で開発した高潮の予測モデルのメッシュサイズを細分化して解析精度を向上させた。6)農業用水利用を組み込んだ分布型流出モデルと氾濫モデルを結合し、農地の持つ洪水防止機能について、国内外の大河川流域において検討し定量的評価法を開発した。7)高耐久性ため池を開発し、耐震性に関する実験と数値解析を実施し、当該工法を用いたため池堤体の安全性を確認することができた。8)一面剪断試験、リング剪断試験によるすべり面粘土の強度特性を明らかにした。電磁波法による豪雨時の浸透過程の解明、地震時の地すべりの安定解析手法の開発を行うとともに、GPSによる移動量観測に気象補正を導入して精度を向上させた。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構,農村工学研究所
予算区分技会交付金研究 高度化事業 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 文科省・その他
業績(1)Evaluation of pollutant removal in a constructed irrigation pond
(2)水理模型実験による諫早湾干拓潮受け堤防の影響の評価
(3)A combined technique of floodplain storage and reservoir irrigation for paddy rice cultivation
(4)Development of Irrigation Water Allocation Model Considering Gate Operator Density
(5)連続被災した福島県北海老海岸の緊急対策と評価
(6)Effects of Current Meter Tilting on Current Observation
(7)有明海の潮汐および潮流の変化とその要因に関する考察
(8)近年の農地災害情報のGIS化と情報共有
(9)層理面のひずみ軟化挙動に起因する流れ盤斜面の地震時崩壊の有限要素シミュレーション
(10)農業用パイプラインの保守履歴管理GIS の構築
(11)平成19年(2007年)能登半島地震による地すべり災害と災害調査法
(12)GISを利用した農地地すべり予測システムの開発
(13)GPSによる地すべり移動量観測における留意点
(14)飯縄西山テフラの発見による関東平野北西部,江南台地のテフロクロノロジー
(15)表層堆積物の変形構造からみた深谷断層系綾瀬川断層北部の後期更新世以降の活動史
(16)高圧ポリエチレン管の挙動観測報告−試験施工による管路設計定数の推定−
(17)Mechanical propeties of unsaturated low quality rockfills
(18)平成19年(2007年)能登半島地震による水路等コンクリート構造物の被害調査
(19)フィルダムにおける固化処理底泥土を用いた堤体補強法とその設計法に関する事例研究
(20)固化処理底土を用いた老朽ため池堤体改修における堤体ゾーニングの研究事例
(21)大規模ため池の大規模地震における性能設計目標と耐震検討事例について
(22)底泥土の固化処理郷土に及ぼす粒度と含水比の影響
(23)老朽化フィルダムに堆積した底泥土の固化処理強度に及ぼす粒度の影響に関する調査研究
(24)老朽化フィルダムの堤体改修(補強・漏水防止・嵩上げ)の事例調査
(25)ストックマネジメントに対する水利システムの機能と性能
(26)農業水利施設内の人身事故の発生実態と対策工法の評価
(27)津波による農地塩害軽減のための除塩計画策定手法
(28)Effects of specimen size and some other factors on the strength and deformation of granular soil in direct shear tests
(29)大型直接せん断試験における引張り補強効果の発現メカニズム-補強材定着条件と粒子径が補強効果に及ぼす影響-
(30)劣化PC管の調査・診断手法の検討
(31)地震動に対する継手構造管路の伸縮余裕と安全性
(32)埋設管の地震被害と耐震対策
(33)Remedial treatment of soil structures using geosynthetic-reinforcing technology
(34)平成19年(2007年)新潟県中越沖地震によるため池の被害
(35)平成19年(2007年)能登半島地震によるため池の被害
(36)平成19年(2007年)能登半島地震による海岸施設の被害
(37)平成19年(2007年)新潟県中越沖地震による農業集落排水施設の被害
(38)定圧一面せん断試験における供試体層厚と周面摩擦の関係 −正規圧密カオリン粘土と緩詰め三隅砂供試体の比較
(39)平成19年(2007年)能登半島地震及び新潟県中越沖地震における農村工学研究所の対応と技術支援力の強化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093186
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat