(3)カイコ等昆虫のゲノムリソースの開発と利用

(3)カイコ等昆虫のゲノムリソースの開発と利用

課題番号200709626
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2006-2010
年度2007
大課題該当なし
中課題(3)カイコ等昆虫のゲノムリソースの開発と利用
小課題(3)カイコ等昆虫のゲノムリソースの開発と利用
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1.本年度は新たに精巣のcDNAライブラリーを作成・解析し、これまでのと合わせて13個の異なる組織のcDNAライブラリーを解析した。この中から完全長cDNAクローン候補をリストアップし、primer-walking法でクローンの完全解読を進めている。3月末までに7,158個の完全長cDNAクローン配列を決めた。解読した完全長cDNA情報はカイコ完全長cDNAデータベースにまとめ、研究者が利用できる体制を整備した(図1)。2.形質突然変異体の原因遺伝子のポジショナルクローニングのための重要な基盤となるBACミニマムタイリングパス作成のため、カイコゲノムシーケンス情報から28本染色体をカバーするBAC候補クローン3,581個を選抜した。3.ゲノム解析成果を活用し、農業生物資源研究所他研究ユニットや外部の大学等と研究協力を行い、19個の重要形質突然変異体原因遺伝子のポジショナルクローニングを進めている(表1)。3遺伝子については目的遺伝子を含むゲノム領域を100kb以内に絞り込んだ。4.カイコ2型膿核病ウイルス抵抗性遺伝子のうちのnsd-1について候補遺伝子を特定することに成功した(図2)。5.ゲノムシーケンス情報、地図情報、完全長cDNA情報、遺伝子機能解析情報を統合した高度なカイコゲノムデータベースKAIKObase (Silkworm Genome Database)を整備し、研究者が機能解析研究に効率的に利用できる体制を築いた。6.トランスポゾンを転移させたエンハンサートラップ系統において、カイコゲノム情報を用いてミューテーターの挿入近傍配列を決定し、解析する方法を確立した。ゲノム情報を利用したミュータント作出を効率的に進め、その利用を図るため遺伝子強制発現形質データベースを整備し、KAIKObaseとのリンクを整備した。
研究分担昆虫ゲノム研究・情報解析U,(昆虫)
遺伝子組換えカイコ研究センター
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[アグリ・ゲノム] 技会・その他 委託・バイテク先端技術[組換え体安全性確保] 文科省[科研費]
業績(1)Identification of the female-determining region of the W chromosome in Bombyx mori
(2)Isolation and characterization of sex chromosome rearrangements generating male muscle dystrophy and female abnormal oogenesis in the silkworm, Bombyx mori
(3)SAGE analysis of early oogenesis in the silkworm, Bombyx mri
(4)ERK- and JNK-dependent signaling pathways contribute to Bombyx mori nucleopolyhedrovirus infection
(5)Functional analysis of four Gloverin-like genes in the silkworm, Bombyx mori
(6)Developmentally synchronized expression of two Bombyx mori Piwi subfamily genes, SIWI and BmAGO3 in germ-line cells
(7)Production of an active feline interferon in the cocoon of transgenic silkworms using the fibroin H-chain expression system
(8)Verification of elicitor efficacy of lipopolysaccharides and peptidoglycans on antibacterial peptide gene expression in Bombyx mori
(9)Detection of γ-tubulin in spermatogonial cells of Bombyx mori (Lepidoptera) and Chortophaga viridifasciata (Orthoptera)
(10)Imaging of silkworm meiotic chromosome by atomic force microscopy
(11)The diurnal activity, movement and trypanosome infection rates of Glossina fuscipes fuscipes (Diptera: Glossinidae) in Buvuma Island, Lake Victoria, Uganda
(12)Molecular cloning and expression of two novel β-N-Acetylglucosaminidases from silkworm Bombyx mori
(13)Conserved synteny of genes between chromosome 15 of Bombyx mori and a chromosome of Manduca sexta shown by five-color BAC-FISH
(14)Carotenoid silk coloration is controlled by a carotenoid-binding protein, a product of the Yellow blood gene
(15)The Pitx homeobox gene in Bombyx mori: Regulation of DH-PBAN neuropeptide hormone gene expression
(16)End-sequencing and characterization of silkworm (Bombyx mori) bacterial artificial chromosome libraries
(17)Identification and characterization of a novel sericin gene expressed in the anterior middle silk gland of the silkworm Bombyx mori
(18)Exploring systemic RNA interference in insects: a genome-wide survey for RNAi genes in Tribolium
(19)Cloning and characterization of insect arylalkylamine N-acetyltransferase from Bombyx mori
(20)A BAC-based integrated linkage map of the silkworm, Bombyx mori
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093212
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat